112件中 71 - 80件表示
  • クレイジー・イン・ラブ

    クレイジー・イン・ラブから見たジェイ・Zジェイ・Z

    クレイジー・イン・ラブ (Crazy in Love) は、アメリカ合衆国のR&B歌手ビヨンセとヒップホップ・ラッパージェイ・Zとの共演作である。クレイジー・イン・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • MTV Video Music Awards 2009

    MTV Video Music Awards 2009から見たジェイ・Zジェイ・Z

    また、Jay-Zとアリシア・キーズのパフォーマンス中にリル・ママが突然ステージに登場するハプニングも起こった。MTV Video Music Awards 2009 フレッシュアイペディアより)

  • Your favorite things

    Your favorite thingsから見たジェイ・Zジェイ・Z

    作詞:ビヨンセ・ノウルズ, ショーン・カーター, リッチ・ハリソン, ユージン・レコード、作曲:リッチ・ハリソン, ユージン・レコード、編曲:玉井健二, 古川貴浩Your favorite things フレッシュアイペディアより)

  • Bitter & Sweet (Aimerのアルバム)

    Bitter & Sweet (Aimerのアルバム)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    作詞:ビヨンセ・ノウルズ, ショーン・カーター, リッチ・ハリソン, ユージン・レコード、作曲:リッチ・ハリソン, ユージン・レコード、編曲:玉井健二, 古川貴浩Bitter & Sweet (Aimerのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • DJプレミア

    DJプレミアから見たジェイ・Zジェイ・Z

    サンプリングした元ネタをさらに細かく切り刻み再構築する「チョップ(Chop)」という技法を開発し、ギャング・スター、ジェルー・ザ・ダマジャ(Jeru the Damaja)、グループホーム(Group Home)、M.O.P.、ジェイ・Z、Big-L、ノトーリアス・B.I.G.、ナズ、Buckshot Le Fonqueなど数多くのアーティストたちの楽曲を手がけ、ヒップホップ界に一時代を築いた。DJプレミア フレッシュアイペディアより)

  • JASMINE (歌手)

    JASMINE (歌手)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    影響を受けたアーティストは宇多田ヒカル。前述の通り、比較されることもあるが、本人は昔から宇多田の曲を聴いていて影響を受けたと述べ、敬意を表している。また、彼女の1枚目のスタジオアルバム『First Love』を「日本人(アーティストの中)で1番聴いたアルバム」として挙げている。その他、影響を受けたアルバムとして、クリスティーナ・アギレラの『ストリップト』、ジョーの『シグネチャー』、マイケル・ジャクソンの『キング・オブ・ポップ』、マライヤ・キャリーの『』、メアリー・J. ブライジの『シェア・マイ・ワールド』、アリシア・キーズの『ソングス・イン・Aマイナー』、ジェニファー・ハドソンの『ジェニファー・ハドソン』、ノトーリアス・B.I.G.の『グレイテスト・ヒッツ』、ニーヨの『I LOVE NE-YO NE-YO SONGS2』、2パックの『トゥパック:レザレクション』、ビヨンセの『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』、ジェイ・Zの『ザ・ブループリント3』を挙げている。JASMINE (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • ベイビーフェイス (ミュージシャン)

    ベイビーフェイス (ミュージシャン)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ザ・ディールで活動を共にしたアントニオ"L.A."リード(現Island/Def Jam Music Group会長)と共同で音楽プロデューサーとして1980年代中盤から活動を開始、ウィスパーズ、ペブルズなどのヒット曲で頭角を現し、その後、ボビー・ブラウン、ホイットニー・ヒューストン、Boyz II Men、TLC、トニ・ブラクストン、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、エリック・クラプトン、マドンナ、ジェイ・Z、Foxy Brownなどの楽曲のプロデュースでヒット曲を連発した。特に、Boyz II Menに提供した"End Of The Road"はビルボードシングルチャートで連続13週、"I'll Make Love To You"は同連続14週もの間No.1を記録するメガヒットとなり、プロデューサー・ベイビーフェイスの名を不動のものとした。グラミー賞において、作曲家・プロデューサーとして、ベストR&Bソング、ベストプロデューサー、レコード・オブ・ジ・イヤーなどを幾度も受賞している。ベイビーフェイス (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド・ダラス・ペイジ

    ダイヤモンド・ダラス・ペイジから見たジェイ・Zジェイ・Z

    代名詞ともいうべきハンドサイン。2005年12月にヒップホップMCのジェイ・Zが登録商標の不正使用していると訴えたことでさらに有名となった。なおDDPは1990年代から使用しており、1996年に商標登録していた。裁判は2007年7月にジェイ・ZがDDPに使用料を払うという内容の和解で決着したため、このサインのオリジナルはDDPであると認知されている。ダイヤモンド・ダラス・ペイジ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー

    マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアーから見たジェイ・Zジェイ・Z

    多くのセレブリティなどの観客たちはポップ界の王(King of Pop)の壮大なトリビュート公演に魅了された。マイケル・ジャクソンの音楽を賞賛するハリウッド映画スター、TVパーソナリティ、モデル、音楽家などが観劇した。ブラッド・ピットはパートナーのアンジェリーナ・ジョリーや子供たちと共にラスベガスでの公演で48歳の誕生日を祝った。ジェイ・Zとビヨンセはラスベガス公演を観た最初のセレブリティである。リアーナはカリフォルニア州ロサンゼルスでの公演を観劇したセレブリティの一人である。エヴァ・ロンゴリア・パーカーもマイケルの熱狂的ファンであり、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで観劇し、「シルク・ドゥ・ソレイユの『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』は素晴らしい!マイケルに会いたい!」とツィートしている。コートニー・コックスと彼女の娘もロサンゼルスで観劇して魅了された。ジョシュ・グローバンはマイケルとは違うジャンルの歌手であるが、マイケルのファンであり、この公演に魅了された。タイラ・バンクス、ナオミ・キャンベルなどのモデルたちはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンの三夜連続公演を観劇した。『glee/グリー』の出演者たちもカリフォルニア州で観劇し『glee/グリー』でマイケル・ジャクソンのエピソードが放送されると最高視聴人数970万人を突破した。このシーズンでこのエピソードが最高視聴率を獲得した訳ではないが、楽曲売上は世代によって最高となった。マイケル・ジャクソンをテーマにしたこの10曲はiTunes第一週目に405,773トラックを売り上げた。iTunesでのトップ30に全曲ランクインした。マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー フレッシュアイペディアより)

  • ラキム

    ラキムから見たジェイZジェイ・Z

    2000年代初め、ラキムはドクター・ドレーのレコードレーベルであるアフターマス・エンターテインメントと契約した。アルバム「オー・マイ・ゴッド」(仮称)の制作に取り組んでいたが、幾度もの音楽的方向性や参加メンバーの変更を経て、発売が遅れていた。ラキムは、このアルバム制作を行いながら、アフターマスが関わった数多くの企画に参加している。例えば、トゥルース・ハーツのヒットシングル「アディクティブ」、ドクター・ドレがプロデュースを行ったジェイZの「ザ・ウォッチャー・パート2」、エミネム主演映画「8 Mile」のサウンドトラックなどである。ラキム フレッシュアイペディアより)

112件中 71 - 80件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード

  • 原油市場の需給均衡の早期化に向けた、主要産油国の強い意志の表れだ

  • JXホールディングス

  • 原油価格の上昇に伴う米国などの生産動向に引き続き中止していく必要はある