182件中 81 - 90件表示
  • Les Twins

    Les Twinsから見たジェイ・Zジェイ・Z

    1988年12月6日にパリ北郊外のサルセルで生まれる。幼少期からマイケル・ジャクソンの影響を強く受け、フランスのストリートダンスチームであるクリミナルズ・クルー(Criminalz Crew)に所属し、コーチであるプレイモ(Abibou “Playmo”Kebe)に師事。2008年にフランステレビ局M6の人気番組「Incroyable Talent 2008」にて準優勝、一躍脚光を浴びる。その後、2011年度JUSTE DEBOUT HIP HOP部門で優勝し、マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー(2011年)、ビヨンセのPVとツアーにも出演。193cmの長身を生かしたモデルとしても活動し、ジバンシーのコレクションやベネトン、H&Mのキャンペーンに出演、またJay Z.のファッションブランドRocawearやキャップ・ブランドNEW ERAのバイラル・ムービーにも出演している。現在パリ在住。Les Twins フレッシュアイペディアより)

  • チャド・ヒューゴ

    チャド・ヒューゴから見たジェイ・Zジェイ・Z

    数年間は先輩テディー・ライリーのもとでブラックストリートやSWVの曲を制作。その後、ラッパーのN.O.R.E.やミスティカルをブレイクさせた。独自のサウンドでジェイ・Zなどのメガ・スターたちをプロデュース。BMG音楽出版社と契約。チャド・ヒューゴ フレッシュアイペディアより)

  • ケンブリッジ (メリーランド州)

    ケンブリッジ (メリーランド州)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ジェイ・Z、ラッパー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、音楽界に進む前にケンブリッジに住んだケンブリッジ (メリーランド州) フレッシュアイペディアより)

  • ミップスター

    ミップスターから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ミップスターに対する関心が高まったきっかけは、アメリカ・ロサンゼルスで撮影された1本の動画である。2013年12月、主にYouTubeに動画を投稿しているSheikh & Bake Productionsは、“Mipsterz: Somewhere in America”>というタイトルの約2分の動画を公開した。ジェイ・Zの「」に乗せて、ヒジャブを被った若い女性が、様々なスポーツをしたり、カメラにポージングしたり、同世代の女性がするようなことを好んで行っている様子を捉えている。このビデオの中にみられるようにファッショナブルで、特に、若いムスリム女性をミップスターと表現している。ミップスター フレッシュアイペディアより)

  • ウィロー・スミス

    ウィロー・スミスから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ウィローは、2010年秋にシングル『ホイップ・マイ・ヘアー』と『トゥエンティファースト・センチュリー・ガール』を発表し、音楽活動を開始した。ジェイ・Zのレーベルロック・ネイションと契約し、同レーベルの中で最も若いアーティストとなった。『ホイップ・マイ・ヘアー』はBillboard Hot 100で最高11位を記録。また、ミュージック・ビデオはBETアワードの年間賞の候補となった。2015年12月11日にデビュー・アルバム『アルディピテクス』を発表。ウィロー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・クイリン

    ピーター・クイリンから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2014年9月4日、入札が行われジェイ・Z率いるロック・ネイション・スポーツが落札するが、クイリンはWBO世界ミドル級王座を返上することを発表した。ピーター・クイリン フレッシュアイペディアより)

  • ラプチュアー

    ラプチュアーから見たジェイ・Zジェイ・Z

    グランドマスター・フラッシュは、自身のシングル「The Adventures of Grandmaster Flash on the Wheels of Steel」に、「ラプチュアー」をスクラッチ・ミックスして盛り込んでおり、この曲を2002年の DJ mix アルバム『Essential Mix: Classic Edition』にも収録しているが、ラップの部分は全面的に削除されている。1997年、女性ラッパーのが、ジェイ・Zをフィーチャーしたヒット曲「I'll Be」のリミックスのベースにこの曲を使った。は、ヒット・シングル「Caught Up in the Rapture」でこの曲をサンプリングしており、ラッパーであるKRS・ワンも1997年のシングル「Step into a World (Rapture's Delight)」の中に、この曲を差し挟んでいる()。2000年には、がこの曲をサンプリングして、「Bills 2 Pay」を制作した。同じ年には、デスティニーズ・チャイルドもシングル「Independent Women」でこの曲をサンプリングした。ジャングル・ブラザーズもアルバム『Done by the Forces of Nature』に収録した「In Days 2 Come」で、この曲をサンプリングしている。「ラプチュアー」の要素の一部は、ジョー・ペシの楽曲「Wise Guy」に組み込まれており、そこではペシが、映画『いとこのビニー』の登場人物ヴィンセント・ラガーディア・ガンビーニ (Vincent LaGuardia Gambini) としてラップを披露している。ラプチュアー フレッシュアイペディアより)

  • E.S.ポスチュマス

    E.S.ポスチュマスから見たジェイ・Zジェイ・Z

    E.S.はヒップホップアーティストジェイ・ZとコラボレートしてRun This TownとPosthumus Zoneのリミックスを第44回スーパーボウルのCBS放送用に製作した。E.S.ポスチュマス フレッシュアイペディアより)

  • 第46回グラミー賞

    第46回グラミー賞から見たジェイ・Zジェイ・Z

    Crazy In Love - ビヨンセ、ジェイ・Z & リッチ・ハリスン第46回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • グラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバルから見たジェイ・Zジェイ・Z

    オアシスのノエル・ギャラガーは2008年、不振が続いていたチケットセールスに関して、ヘッドライナーに抜擢されたジェイ・Zに言及し、「“壊れていないものは修理するな”だ。(主催者が同フェスの長年の伝統を)壊してこれまでと違うことをし始めるのなら、観衆はみんな行かなくなるだろう。悪いが、ジェイ・Zだって? あり得ない。」「グラストンベリーはギター・ミュージックという伝統がある。」「俺は、グラストンベリーにヒップホップは求めていない。間違っている。」と、ジェイ・Zのヘッドライナー出演に苦言を呈し、ロックの聖地と考えられている同フェスの路線変更を嘆いた。グラストンベリー・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

182件中 81 - 90件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller

  • NewsWalker

  • On the Run II Tour