68件中 51 - 60件表示
  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たウィ・アー・ザ・ワールド

    ハイチ地震の際、チャリティとして「ウィ・アー・ザ・ワールド」をカヴァーするにあたり、参加を打診されたが、「アーティストならば既存の曲を使わずにゼロから作品を作るべき」というスタンスを表明、不参加となった(チャリティそのものに否定的な訳ではない)。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たベンチャー・キャピタル

    2017年、スタートアップに投資を行う為に自身のレーベル「ロック・ネイション」の社長であるジェイ・ブラウンと共に新たにベンチャー・キャピタルを設立することが報じられた。ジェイ・ZはこれまでにUberなどのスタートアップに2012年頃から投資を始めていたという。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たグラストンベリー・フェスティバル

    2008年6月28日、グラストンベリー・フェスティバルにヘッドライナーとして出演。オアシスのノエル・ギャラガーがロックの聖地でヒップホップ・アーティストがヘッドラインを務めることを批判したのを受け、ジェイ・Zはエレキギターを抱えてステージに登場。オアシスのヒット曲「Wonderwall」をカヴァーしたり、AC/DCの「Back In Black」のリフを使った「99 Problems」や、プロディジーの「Smac My Bitch Up」をサンプリングするなど、ロックファンにも応えるパフォーマンスを披露した。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たワシントンD.C.

    ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区にあるマーシー団地 (Marcy Houses) にて生まれ育つ。幼少の頃から生活苦から生活保護を受け11歳のときには父と別離となる。そんな恵まれない生活環境のなか同じ団地に住むラッパー、ハーズジャズメイカ&マイクゴンガーの影響を受けラップに目覚め始める。その後、単身ワシントンD\.C\.へと渡り、彼が尊敬、敬愛するビッグ・ダディ・ケインとツアーをする機会を勝ち得る(彼はJaz-O aka Big Jazのサイドラッパーをやっていたので彼のThe Originators1やHawain Sophie2等で若かりし姿を見る事が出来る)が、さして成功には至らず生まれ故郷ブルックリン区に戻り、再び裏稼業へと身を投じることとなる。夢や希望が見出されず人生に自暴自棄になっていた26歳の時、至近距離から通り魔に拳銃で銃撃されたことが人生の転機となる。再度ラップに挑戦することとなり、遊び仲間のクラーク・ケントの紹介でデイモン・ダッシュと運命的に出会う(彼はSki aka Ski Beatzの在籍していたOriginal FlavorのBeyond FlavorにSauce Moneyとクレジットされていないが客演している。その時クラーク・ケントはOriginal Flavorのプロデュース、デイモン・ダッシュはマネージメントをしていた)。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たロスキルド・フェスティバル

    このグラストンベリー出演を先鞭にして、翌年以降からは、ロスキルド、ワイヤレス、コーチェラやワイト島、ボナルーなどの巨大フェスを始め、日本のサマーソニックを含む世界各地のロック・フェスにてヘッドライナー出演を歴任するなど、ロック界隈にも大きな存在感をもって認知される。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たノルウェー

    その後、ノルウェーの音楽プロデュースチーム、スターゲイトと共にレコードレーベル、スター・ロックを設立。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見た英語

    ジェイ・Z(ジェイ・ズィー、:Jay Z、英旧表記:Jay-Z、男性、1969年12月4日 - )は、アメリカ合衆国のラッパー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。本名:ショーン・コーリー・カーター (Shawn Corey Carter)。元ロッカフェラ・レコード、ロッカウェア、デフ・ジャム・レコードのCEO。ブルックリン・ネッツの共同オーナー。現在は、ロック・ネイション、ロック・ネイション・スポーツ、スターロック、定額制音楽配信サービス「Tidal」のCEO。ナイトクラブチェーン40/40のオーナー。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。グラミー賞受賞者。MTVが選ぶ「世界的にもっとも偉大な輝きが衰えないラッパー」「世界的にもっとも頂点に君臨するラッパー」にも選ばれた。推定資産は500億円。妻は歌手のビヨンセ。2012年に長女のブルー・アイビーが生まれた。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たオートチューン

    2009年、「オートチューンの死」という意味の楽曲「D.O.A. (Death of Autotune)」をシングルとして発表した。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たハリウッド

    2003年11月、『ザ・ブラック・アルバム』の発表と共にMCとしての引退を表明したが、リンキン・パークとのコラボレーションなどフィーチャリングでの友情共演は続いた。そして2006年、米音楽誌の独占、インタビューでヒップホップへの熱い情熱、再起に賭ける意気込みなどを語り復帰を認めた後『キングダム・カム』で復活を果たすこととなる。新たなハリウッドでの功績の幕開けである。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たキリスト教

    ホヴァはキリスト教の神エホバ(Jehovah) がJay HovahになりJay Hovaになった。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード