前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • バックパッカー

    バックパッカーから見た世界一周世界一周

    バックパッカーの正確な起源は不明であるが、少なくとも部分的には、1960年代から1970年代にかけてのヒッピー・トレイル(ヒッピーの行跡)にそのルーツを辿ることができる。ヒッピー旅行者たちはかつてのシルクロードであった地域を順番に辿っていった。実際に、今日でもバックパッカーたちの一部はそうした旅を、(今日の環境保護運動の人気にも乗じて)より楽な方法によってではあるが再現しようと試みている。さらに歴史を遡れば、17世紀末に公共交通機関を用いて世界を一周したイタリアの冒険者ジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリが世界最初のバックパッカーの1人として挙げられることがある。バックパッカー フレッシュアイペディアより)

  • 石巻市

    石巻市から見た世界一周世界一周

    江戸時代の石巻港は、北上川水運によって南部藩領からも米が下り、河川交通と海運との結節点として、日本海側の酒田港と列んで奥羽二大貿易港として全国的に有名であった。また、東廻り航路の基点として、千石船による江戸(東京)との交易も盛んで、江戸期の長い期間において石巻港から江戸へで送られた米は、江戸市中で流通する米の半数を占めたと言う。藩政時代には名実ともに仙台藩の経済の中心地であった。また旧仙台藩内で唯一貨幣の鋳造を許され、現代でも鋳銭場という地名が石巻駅前に残っている。日本人として最初の世界一周を成し遂げた津太夫一行は石巻港を拠点としていた。1793年に石巻を出発して江戸に向かったが、アリューシャン列島(当時はロシア領)に漂着してロシアで10年程過ごした後、遣日使節のニコライ・レザノフらの船に乗って1804年に世界一周を成し遂げ、同年長崎に帰国し、1806年にようやく帰郷した。石巻市 フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ドレーク

    フランシス・ドレークから見た世界一周世界一周

    サー・フランシス・ドレーク(Sir Francis Drake, 1543年頃 - 1596年1月28日)は、エリザベス朝のイギリスの航海者、海賊(私掠船船長)、海軍提督。イギリス人として初めて世界一周を達成し、アルマダの海戦では艦隊の司令官としてスペインの無敵艦隊を撃破した。フランシス・ドレーク フレッシュアイペディアより)

  • 池本元光

    池本元光から見た世界一周世界一周

    池本元光(いけもと もとみつ、1947年-)は、大阪府出身の自転車での冒険家。日本人として初の自転車世界一周記録を打ち立てた。日本アドベンチャーサイクリストクラブ(Japan Adventure Cyclist Club JACC)の創設者。池本元光 フレッシュアイペディアより)

  • シリーズ世界周航記

    シリーズ世界周航記から見た世界周航世界一周

    18世紀後半のヨーロッパ人による世界周航の記録(航海日誌および航海記に架空旅行記を含む)から主要なものを選び翻訳刊行したシリーズである。第1回配本(2006年4月)はシリーズ刊行の意義と全体の案内をまとめた別巻『新しい世界への旅立ち』と第3巻『南半球周航記』上の同時刊行で、以降隔月で1巻ずつ刊行され、2007年6月の最終回配本の第6巻『世界周航記』下で完結した。全巻の刊行に1年2ヵ月を要した。シリーズ世界周航記 フレッシュアイペディアより)

  • トバイアス・フルノー

    トバイアス・フルノーから見た世界一周世界一周

    トバイアス・フルノー(Tobias Furneaux、1735年8月21日 ? 1781年9月19日)は、イギリスの航海者、イギリス海軍将校。イングランド南西部プリマス近郊w:Swillyの生まれ。ジェームズ・クックの第2次航海に参加。世界一周航海を最初に両周り(東周り・西周り)で行った。トバイアス・フルノー フレッシュアイペディアより)

  • 中西大輔

    中西大輔から見た世界一周世界一周

    1970年3月6日、兵庫県川西市に生まれる。小学校4年生の時初めて二輪の自転車に乗れるようになる。兵庫県立川西北陵高等学校在学時代に毎日片道約10kmを自転車で通学する。このころ植村直己に憧れ著書を何度も読み返す。1988年に追手門学院大学に入学するとニューサイクリング部に入部し日本全国を自転車(ランドナー)で走行する。3年生の夏休みに自転車で単独アメリカ合衆国横断を達成したのを皮切りに卒業までに海外20カ国を走破し世界一周自転車行の夢をいだく。中西大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 野口晃一郎

    野口晃一郎から見た世界一周世界一周

    野口 晃一郎(のぐち こういちろう、1974年 - )は元岐阜放送アナウンサー。岐阜県岐阜市出身。岐阜県立加納高等学校、高崎経済大学経済学部経営学科、立命館大学政策科学部卒。主にニュース番組のキャスターを務めた。岐阜新聞記者を経て現在はフリーライターやNPO法人のコーディネーターとして活動。2006年から1年間をかけて夫人と共に世界一周旅行を敢行した。野口晃一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 猪股真

    猪股真から見た世界一周世界一周

    行動派の人物として知られ、2008年にはホノルルマラソンを完走。2009年には世界一周を達成している。猪股真 フレッシュアイペディアより)

  • シール・エミコ

    シール・エミコから見た世界一周世界一周

    元々オートバイによるオーストラリア一周の旅をしていた1989年、北部のケアンズで自転車世界一周の旅を始めたばかりのスティーブ・シールと出会い、「自転車の旅だと、車では見落としてしまうものがよく見えるよ」という言葉に触発され、すぐに自転車に乗り換えて世界一周2人旅を開始。以後、インドネシア?インドシナ半島を経て、北米大陸最北端から南米大陸最南端、更にアフリカ最南端の喜望峰?ヨーロッパ最北端を走破し、ヨーロッパ一周後にユーラシア大陸を東進、13年後の2000年末にパキスタンに到達した。シール・エミコ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示