67件中 11 - 20件表示
  • シール・エミコ

    シール・エミコから見た地球一周世界一周

    シール・エミコ(しーる えみこ、1965年 - )は、20年がかりで自転車による地球一周の冒険旅に挑んでいる、冒険家。シール・エミコ フレッシュアイペディアより)

  • アスチュート (原子力潜水艦)

    アスチュート (原子力潜水艦)から見た世界一周世界一周

    排水量7,400トンの「アスチュート」が装備する原子炉は、艦に予定されている25年の就役期間中に燃料交換を必要としない。真水および酸素の製造装置も装備しているため潜水した状態で世界一周も可能であるが、98人の乗員の食糧補給が必要になるため数か月の任務が限度となる。アスチュート (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 発見のモニュメント

    発見のモニュメントから見た世界一周世界一周

    フェルナン・デ・マガリャンエス(フェルディナンド・マゼラン) - 初めて世界一周を成し遂げた発見のモニュメント フレッシュアイペディアより)

  • 二笑亭

    二笑亭から見た世界一周世界一周

    関東大震災後の1925-1926年、渡辺は世界一周旅行に出かけた。帰国後、(関東大震災後の)区画整理が終るとバラック建ての自邸を本建築に改築する工事を始めた。着工は1927年12月頃で、自分で材木などを購入した渡辺は設計図もないまま口頭で大工に指示を出して建築させたが、その指示がたびたび変わったために工事は何度も中断。1931年8月に新築(竣工)届が出されたが、その後も工事が続けられた。この間、渡辺の奇行に耐え切れなくなった家族は別居し、渡辺1人と女中のみが残っていた。その後、「電話返却事件」(後述)をきっかけに1936年4月24日に渡辺が加命堂脳病院に入院させられ、2年後の1938年4月頃に取り壊された。二笑亭 フレッシュアイペディアより)

  • 山本朋寛

    山本朋寛から見た世界一周世界一周

    2008年4月 - 旅チャンネルの番組「行くぞ!30日間世界一周」で水谷さるころと野田真外とともに世界一周に旅立った。山本朋寛 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄バプテスト連盟

    沖縄バプテスト連盟から見た世界一周世界一周

    1890年に、バーナード・ジャン・ベッテルハイムの沖縄伝道に多くの関心を持ち世界一周旅行の途中に神戸へ立ち寄り、同郷でバプテストの宣教師をしているタムソンと出会い、その際に琉球伝道に関心を持つスコットランドのアランとその家族の熱心な祈りと心からの献金により1891年に伝道師として原三千之助と岡本勇とがアメリカン・バプテスト宣教師会から派遣されて沖縄講義所が建設される。その後、1899年に那覇バプテスト教会が教会組織となり、1911年には糸満と那覇以外にも首里・嘉手納・西原・垣花と各地に講義所が開かれて会堂が建てられてゆき教会として進展してゆく。しかし、太平洋戦争の戦況が厳しくなるにつれて活動は縮小されてゆき、沖縄戦の戦火により全ての会堂は焼けてしまい失われる事となる。沖縄バプテスト連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンヌ・バレ

    ジャンヌ・バレから見た世界一周世界一周

    ジャンヌ・バレ(Jeanne Baret、または Baré もしくは Barret、1740年7月27日 ? 1807年8月5日)は、1768年のルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルの世界一周探検航海に、男性と偽って乗船したフランスの女性である。世界一周航海をした最初の女性とされる。ジャンヌ・バレ フレッシュアイペディアより)

  • アネット・メサジェ

    アネット・メサジェから見た世界一周世界一周

    その後、14歳の頃からダンスの練習につらさを感じて絵画に関心が移り、1962年にはパリ国立装飾美術学校に入学する。1965年、在学中に獲得した写真コンクールの賞として世界一周旅行券を入手し、日本を含む様々な国を一人で旅して回った。また、1967年にはジャン・デュビュッフェのアウトサイダー・アートのコレクションの作品に感銘を受ける。アネット・メサジェ フレッシュアイペディアより)

  • アースレース

    アースレースから見た世界一周世界一周

    アースレース(英語:Earthrace)は、バイオディーゼル燃料を使用する三胴船型の高速船。モーターボートによる世界一周最速航海記録を更新する計画ために建造された。後にシーシェパードの抗議活動に参加することになりアディ・ギル(Ady Gil)と改名され、日本の捕鯨に対する抗議活動に使用されるが、2010年に日本の捕鯨船に衝突後、大破した。アースレース フレッシュアイペディアより)

  • 中尾純利

    中尾純利から見た世界一周世界一周

    中尾純利(なかお すみとし、1903年 - 1960年4月26日)は日本のパイロットである。1939年(昭和14年)8月、世界一周親善飛行を行った純国産機、「ニッポン号」の機長を務めた。中尾純利 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示