108件中 11 - 20件表示
  • アースレース

    アースレースから見た世界一周世界一周

    アースレース(英語:Earthrace)は、バイオディーゼル燃料を使用する三胴船型の高速船。モーターボートによる世界一周最速航海記録を更新する計画ために建造された。後にシーシェパードの抗議活動に参加することになりアディ・ギル(Ady Gil)と改名され、日本の捕鯨に対する抗議活動に使用されるが、2010年に日本の捕鯨船に衝突後、大破した。アースレース フレッシュアイペディアより)

  • フィリベール・コメルソン

    フィリベール・コメルソンから見た世界一周世界一周

    フィリベール・コメルソン(Philibert Commerçon または Commerson、1727年11月18日 ? 1773年3月13日)は、フランスの植物学者、博物学者である。ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルの世界一周探検船に乗船し、植物を採集したことで知られる。フィリベール・コメルソン フレッシュアイペディアより)

  • シリーズ世界周航記

    シリーズ世界周航記から見た世界周航世界一周

    18世紀後半のヨーロッパ人による世界周航の記録(航海日誌および航海記に架空旅行記を含む)から主要なものを選び翻訳刊行したシリーズである。第1回配本(2006年4月)はシリーズ刊行の意義と全体の案内をまとめた別巻『新しい世界への旅立ち』と第3巻『南半球周航記』上の同時刊行で、以降隔月で1巻ずつ刊行され、2007年6月の最終回配本の第6巻『世界周航記』下で完結した。全巻の刊行に1年2ヵ月を要した。シリーズ世界周航記 フレッシュアイペディアより)

  • 発見のモニュメント

    発見のモニュメントから見た世界一周世界一周

    フェルナン・デ・マガリャンエス(フェルディナンド・マゼラン) - 初めて世界一周を成し遂げた発見のモニュメント フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・オーシャン・サンプリング・エクスペディション

    グローバル・オーシャン・サンプリング・エクスペディションから見た世界一周世界一周

    グローバル・オーシャン・サンプリング・エクスペディション(、GOS)とは海洋微生物群集の遺伝的多様性を解析を行い、自然の根本的なプロセスにおけるそれらの役目を解明することを目的とするゲノムプロジェクトである。2003年8月にサルガッソ海で試験的な採取が行われ、2004年3月4日、クレイグ・ヴェンターより正式な探査が発表された。ヴェンターが所有するヨットが使用され、カナダのからスタートし、地球を一周して2006年1月にアメリカ合衆国に帰還した。この2年間の航海探査でノバスコシア州ハリファックスから太平洋東部熱帯地帯までの水を採取した。2007年の間も北米西海岸で採取が継続された。グローバル・オーシャン・サンプリング・エクスペディション フレッシュアイペディアより)

  • 中尾純利

    中尾純利から見た世界一周世界一周

    中尾純利(なかお すみとし、1903年 - 1960年4月26日)は日本のパイロットである。1939年(昭和14年)8月、世界一周親善飛行を行った純国産機、「ニッポン号」の機長を務めた。中尾純利 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンセンス (戦闘スループ)

    ヴィンセンス (戦闘スループ)から見た世界一周世界一周

    1826年9月3日、ニューヨークを出港しケープ岬経由で太平洋に向かった。1929年にはハワイ諸島を訪れ、1830年にはマカオに寄港した。その後フィリピン、インド洋、喜望峰を経由して帰国した。当時の艦長であったチャールズ・スチュワート(Charles Samuel Stewart)は、この世界一周航海に関する本を出版している。ヴィンセンスがニューヨークに戻ったのは1830年の6月8日であり、およそ4年をかけての世界一周であった。2日後にヴィンセンスは任務を解かれた。ヴィンセンス (戦闘スループ) フレッシュアイペディアより)

  • ファルマス (イングランド)

    ファルマス (イングランド)から見た世界一周世界一周

    津太夫(1744年 - 1814年)、善六(1769年 - 1816年頃) 1803年、乗船していたロシア船が、世界一周の途上でファルマス港に一週間寄港。津太夫ら4名は、確実な記録に残っている中では最初にイギリスを訪問した日本人である。なお上陸はしていない。ファルマス (イングランド) フレッシュアイペディアより)

  • 中西大輔

    中西大輔から見た世界一周世界一周

    1970年3月6日、兵庫県川西市に生まれる。小学校4年生の時初めて二輪の自転車に乗れるようになる。兵庫県立川西北陵高等学校在学時代に毎日片道約10kmを自転車で通学する。このころ植村直己に憧れ著書を何度も読み返す。1988年に追手門学院大学に入学するとニューサイクリング部に入部し日本全国を自転車(ランドナー)で走行する。3年生の夏休みに自転車で単独アメリカ合衆国横断を達成したのを皮切りに卒業までに海外20カ国を走破し世界一周自転車行の夢をいだく。中西大輔 フレッシュアイペディアより)

  • アーチボルド・メンジーズ

    アーチボルド・メンジーズから見た世界一周世界一周

    1790年にジョージ・バンクーバー船長のディスカバリー号による世界一周航海に博物学者として任命され、1791年から1795年の間、行われたの世界一周探検航海に参加した。1794年に、3度目の冬をハワイで過ごす間に、ジョセフ・ベーカーらとマウナ・ロア山の山頂のモクアウェオウェオに記録に残る最初の登頂をおこなった。メンジーズは携帯用の圧力計を用いて、山の標高を測定した。アーチボルド・メンジーズ フレッシュアイペディアより)

108件中 11 - 20件表示