108件中 21 - 30件表示
  • アンドレス・デ・ウルダネータ

    アンドレス・デ・ウルダネータから見た世界一周世界一周

    ウルダネータはロアイサの遠征における数少ない生存者の一人となった。ポルトガル人に捕らえられたが、1528年にはどうにかヨーロッパに帰り着くことができた。彼はフアン・セバスティアン・エルカーノに次いで史上2番目の世界周航達成者となった。スペイン王カルロス1世はウルダネータを歓迎せず、またウルダネータ自身も冒険に疲れ切っていたため、彼はヌエバ・エスパーニャに渡り、聖アウグスチノ修道会に加入した。アンドレス・デ・ウルダネータ フレッシュアイペディアより)

  • ワスカラン (船舶)

    ワスカラン (船舶)から見た世界一周世界一周

    1955年5月13日、「アウレーリア」はトリエステからオーストラリアのシドニーに向けて初めて出航する。1955年11月からは、新たにジェノヴァを母港とする年4回のオーストラリア、あるいはニュージーランド行きの周航が始まった。ナポリ、メッシーナ、マルタ、ピレウス、ポート・サイドおよびアデンを経由してフリーマントル、メルボルンやシドニーへ向かったのである。1958年から1959年の冬にかけてさらなる近代化改装が実施され、ディーゼル機関はMAN社製の新型の物と交換され、総トン数は10,480トンとなった。改装後、「アウレーリア」はブレーマーハーフェンや、その他のヨーロッパ北方の各港を結ぶ航路へ移される。初めてブレーマーハーフェンからスエズを経由し、シドニーに向かったのは1959年6月12日のことであった。1960年から1970年にかけては、ロッテルダムやブレーマーハーフェンからオーストラリアやニュージーランドへ向かったり、サウサンプトンからシドニーに向かったりする用船契約を含め、様々な航路に就いている。1964年12月9日には、ロッテルダムからパナマ運河を経由してタヒチ、ニュージーランドとオーストラリアの各地に寄港し、スエズ運河を通って帰還する世界周航の旅に初めて出発した。このような航海は、船歴を通じて3回行われている。1967年にはオークランドからプレンティー湾の火山島、ホワイト・アイランドへ向かう4日間の「目的地のない航海」を実施した。ワスカラン (船舶) フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周飛行

    世界一周飛行から見た世界一周世界一周

    世界一周飛行(せかいいっしゅうひこう)とは、航空機によって世界を一周する飛行のことである。世界一周飛行 フレッシュアイペディアより)

  • 地球球体説

    地球球体説から見た世界一周世界一周

    大地球体説(地球球体説)とは、我々の足元にある地(大地)は球体である、とする説である。その起源は紀元前6世紀頃の古代ギリシア哲学に遡るが、紀元前3世紀にヘレニズム天文学によって自然学的に所与の事として確立されるまでは哲学的考察の対象であり続けた。このヘレニズムのパラダイムが古代末期から中世にかけて旧世界全体に徐々に取り入れられていった。大地が丸いことの実際的な証明はフェルディナンド・マゼランとフアン・セバスティアン・エルカーノの世界一周旅行(1519年−1521年)によってなされた。地球球体説 フレッシュアイペディアより)

  • 地球球体説

    地球球体説から見た世界周航世界一周

    ポルトガル人によるアフリカ・アジアの探検や、コロンブスのアメリカ州到達(1492年)、そして最終的にフェルディナンド・マゼランの世界周航(1519年?21年)により地球球体説の実際的な証明が得られた。地球球体説 フレッシュアイペディアより)

  • ハインリヒ・レンツ

    ハインリヒ・レンツから見た世界一周世界一周

    現在はエストニアの都市であるタルトゥで生まれた。タルトゥ大学で物理学と化学を学んだ後、1823年から1826年に行われたオットー・フォン・コツェブーの第3回の世界一周調査に参加し、各地の海水の水質や物理的性質の研究を行った。帰国後ロシアのサンクトペテルブルク大学で働き、1840年から1863年まで数学と物理学の学部長となった。ハインリヒ・レンツ フレッシュアイペディアより)

  • Yuh Kawasaki

    Yuh Kawasakiから見た世界一周世界一周

    海外旅行が趣味で、世界一周を2回していている。Yuh Kawasaki フレッシュアイペディアより)

  • アネット・メサジェ

    アネット・メサジェから見た世界一周世界一周

    その後、14歳の頃からダンスの練習につらさを感じて絵画に関心が移り、1962年にはパリ国立装飾美術学校に入学する。1965年、在学中に獲得した写真コンクールの賞として世界一周旅行券を入手し、日本を含む様々な国を一人で旅して回った。また、1967年にはジャン・デュビュッフェのアウトサイダー・アートのコレクションの作品に感銘を受ける。アネット・メサジェ フレッシュアイペディアより)

  • バスク系フィリピン人

    バスク系フィリピン人から見た世界周航世界一周

    1521年にはフェルディナンド・マゼランのスペイン艦隊がフィリピン諸島を「発見」したが、マゼラン艦隊の航海にはバスク地方出身者が多額の資金を支出している。ギプスコア地方出身のフアン・セバスティアン・エルカーノをはじめとして、マゼラン艦隊に乗り込んだ船員の大半は、歴史的に航海術に長けるバスク人だった。艦長のマゼラン自身はヨーロッパに戻ることなく死去しており、史上初の世界周航を達成したのはエルカーノだった。バスク系フィリピン人 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周路線

    世界一周路線から見た世界一周世界一周

    世界一周路線(せかいいっしゅうろせん、)とは、単一の航空会社により、出発地となる空港から出発して地球を一周し(世界一周)、再び出発地に戻る定期路線のこと。2015年現在、このような路線は存在しない。世界一周路線 フレッシュアイペディアより)

108件中 21 - 30件表示