67件中 31 - 40件表示
  • マゼラン雲

    マゼラン雲から見た世界一周世界一周

    ヨーロッパ人に知られるようになったのは、1519年から1522年のフェルディナンド・マゼランによる世界一周航海に参加したヴェネツィアのアントニオ・ピガフェッタが記録してからである。マゼラン雲 フレッシュアイペディアより)

  • ワタッコ

    ワタッコから見た世界一周世界一周

    青くて丸い体に、タンポポのような綿毛が頭部と両手の部分に付いている。また、小さく分かりづらいが、尻尾も持つ。季節風に乗って世界を一回りし、子孫を残すという。ワタッコ フレッシュアイペディアより)

  • 5月4日

    5月4日から見た世界一周世界一周

    1974年 - 堀江謙一が小型ヨット「マーメイド3世号」での単独無寄港世界一周を終え大阪に帰港。世界で3人目。5月4日 フレッシュアイペディアより)

  • プロスペル・ガルノー

    プロスペル・ガルノーから見た世界一周世界一周

    プロスペル・ガルノー(Prosper Garnot、1794年1月13日 - 1838年10月8日)は、フランスの博物学者、船医である。世界一周航海を行ったコキーユ号に船医として乗り込み、博物学標本の収集を行ない、多くの鳥類の記載を行った。プロスペル・ガルノー フレッシュアイペディアより)

  • ビーグル水道

    ビーグル水道から見た地球一周世界一周

    チャールズ・ダーウィンが1831年から1836年にかけて行ったビーグル号による地球一周航海の際の経路であり、同水道の名前は同船に由来する。ビーグル水道 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ウィルクス

    チャールズ・ウィルクスから見た地球一周世界一周

    ウィルクス遠征隊は地球一周した帆船の部隊としては最後のものになった。約87,000マイル (139,000 km) を航海し、艦船2隻と28人の隊員を失った。コロンビア川の砂州で艦船の1つを失ったこと、部下の士官を日常から酷使したこと、および水夫に対して過剰な罰を加えたことが問われ、ウィルクスは軍法会議に掛けられた。ウィルクスに対して不利な証言を行った証人の中には船医のチャールズ・ジローがいた。ウィルクスは部下を違法に罰したことは有罪となり、その他の罪状については無罪となった。そのごウィルクスは短期間海岸測量の任務に付けられたが、1844年から1861年の間は主に、遠征の報告書作成に携わった。チャールズ・ウィルクス フレッシュアイペディアより)

  • 東京島

    東京島から見た世界一周世界一周

    これほど男に焦がれられた女がいただろうか。クルーザーで夫・隆と世界一周旅行に旅立った清子。だが出発からわずか3日目に嵐に遭い、数日間漂流した後に2人が漂着したのは、どことも知れぬ無人島だった。それから間もなく、与那国島での過酷な労働に耐えかね、島からの脱出を図った23人のフリーターたちが途中で台風に遭い、島に漂着。更には日本への密航途中で金銭トラブルに発展した11人の中国人たちが島に置きざりにされる。無人島に流れ着いた男たちと1人の女。いつしか「トウキョウ」と呼ばれるようになった島で、唯一の女である清子は性を武器に逞しく生き抜いていく。東京島 フレッシュアイペディアより)

  • アースマラソン

    アースマラソンから見た世界一周世界一周

    アースマラソン(英語:)は、吉本興業に所属するお笑いタレントの間寛平が芸能活動を休止して、マラソンとヨットで地球を一周したプロジェクトである。アースマラソン フレッシュアイペディアより)

  • ソーラー・インパルス

    ソーラー・インパルスから見た世界一周世界一周

    ソーラー・インパルス(Solar Impulse)は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校で進行中の有人ソーラープレーンプロジェクト。世界初の気球による無着陸地球一周を成功させたベルトラン・ピカールがプロジェクトを主催している。このプロジェクトでも太陽エネルギーを動力源とする有人固定翼機で世界一周することを最終目標としている。最初の単座航空機はスイスの機体番号コードで HB-SIA とされ、自力で離陸でき、最長36時間連続航行可能とすることを目標として製作された。2010年7月7日から8日にかけて、9時間の夜間飛行を挟んで連続26時間の飛行を成功させた。このプロトタイプ機の経験に基づいてやや大きめの2号機 (HP-SIB) が製作されており、20日から25日をかけて世界一周する計画である。ソーラー・インパルス フレッシュアイペディアより)

  • 12月13日

    12月13日から見た世界一周世界一周

    1577年 - イギリスの軍人フランシス・ドレークが艦隊を率いてプリマスから世界周航に出発。12月13日 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示