108件中 31 - 40件表示
  • メキシコ陸軍

    メキシコ陸軍から見た世界一周世界一周

    連邦国家であり、ヌエバ・エスパーニャの後継国家であるメキシコ合衆国の国土と都市部を国防する陸軍組織である。隊内では主にスペイン語が共通語とされ、一部では先住民の入隊も認められている。メキシコ合衆国全土の成年男子への1年間の選抜的徴兵制を実行する国民軍である。同国のメキシコ・シティー(首都)及び1億人2千万人を超えるメキシコ合衆国国籍を持つ国民の生命財産及び国家の国益を保護する為に、防空任務を受け持つメキシコ空軍やメキシコ海軍と共に、徴兵制と士官学校出身の職業軍人で編成されるメキシコ合衆国の正規軍である。人員数はメキシコ陸軍全体で常備軍約「223,000名」(大都市やその他地域での治安維持部隊を含む定数)、有事の際に備える予備役約「582,000名」を有しており、スペイン語圏では最大級の常備軍定員を持つ。陸軍内では各地の高級将校担当司令部と、国境など警備部隊、独立部隊に編成されている。警備部隊の担任区域は、12個軍管区の下で45個軍区に割り振られている。アルタ・カリフォルニア地域(現在のロサンゼルス及びサンフランシスコ含む地域)はヌエバ・エスパーニャ時代に領有しており、この時期1613年に、日本での江戸時代初期に仙台藩主伊達正宗が派遣したフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使とした慶長遣欧使節団は、途中で経由したヌエバ・エスパーニャ国にて、日本人初の北米大陸上陸経験者となったが、この時点で上陸したアカプルコの港からアルタ・カリフォルニア地域までは、現在のメキシコ陸軍前身組織にあたるヌエバ・エスパーニャ国境管理軍が国防を担当しており、当人たちの認識ではスペイン領内と記されてるが、実際にはこの地域であり、現在のメキシコ海軍及びメキシコ陸軍によって防備されているアカプルコが、北米大陸(中米含む)初上陸となった。その後使節団はキューバや大西洋を渡り首都マドリードに到着、最終目的地であったローマに到着した時点で1615年に入っており、母国日本では大阪夏の陣が起きている時期に常長はローマ法王との謁見とローマ市民権証書を受け取り、インド洋経由で同じくスペイン領フィリピンマニラまでの世界一周を達成した。この時点でメキシコ海軍の前身であるメキシコ海軍の先進的な技術や航海法を観察し、現在のメキシコ陸軍となるメキシコ・シティでのヌエバ・エスパーニャ兵士のパレードも見学したとされるが、当時の一般的な認識として「スペイン国内」として日記などにも記している為に、当時のメキシコ陸軍の詳しい装備内容などはわかっていないが、その後米墨戦争を経て、独立後のメキシコ帝国(第一帝政)はアルタ・カリフォルニア地域を失い、大都市ロサンゼルスはスペイン語風の都市名を持ちながら、英語圏(アメリカ合衆国領カリフォルニア州)に新たに組み込まれた。日本国内で幕末の時代に相当する時期の出来事であり、ペリー(黒船浦賀来航)提督がアメリカ合衆国海軍を率いて日本に到着した時点では、彼らが出立した北米大陸西海岸沿岸は、アメリカ合衆国の領土になったばかりであった。ゴールド・ラッシュをアメリカ合衆国に割譲した直後にこの地域で迎え、メキシコ国民は大いに同地域の奪還をメキシコ陸軍に対して期待していたが、圧倒的な英語圏のカナダを含む軍事力は覆せず、19世紀末期には内戦が勃発し、ナポレオンの後押しを受けたメキシコ第二帝政時期を経て、現在に至る。本来のメキシコ領カリフォルニア地域において、ほぼ南半分のみとなるバハ・カリフォルニア半島と隣接する港湾都市のみが、以後の20世紀初頭からメキシコ陸軍の国防担当地域となった。メキシコ陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • アスチュート (原子力潜水艦)

    アスチュート (原子力潜水艦)から見た世界一周世界一周

    排水量7,400トンの「アスチュート」が装備するPWR2型原子炉は、艦に予定されている25年の就役期間中に燃料交換を必要としない。真水および酸素の製造装置も装備しているため潜水した状態で世界一周も可能であるが、98人の乗員の食糧補給が必要になるため実際の任務期間は数か月が限度となる。アスチュート (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ミノルカ島の海戦

    ミノルカ島の海戦から見た世界周航世界一周

    この海戦に参加したイギリスのフリゲートドルフィンは後に世界周航を2回行う。これは史上初めての快挙である。初回はジョン・バイロン、2回目はサミュエル・ウォリスが指揮していた。ミノルカ島の海戦 フレッシュアイペディアより)

  • 津太夫

    津太夫から見た世界一周世界一周

    49歳の時に嵐にあって漂流し、儀兵衛、左平、太十郎ら3名と共に、図らずも日本人初の世界一周を果たした。津太夫 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンデ・グローブ

    ヴァンデ・グローブから見た世界一周世界一周

    ヴァンデ・グローブ(Vendée Globe)は、1989年にフィリップ・ジャントにより創設された、単独無寄港無補給世界一周ヨットレース。ヴァンデ・グローブ フレッシュアイペディアより)

  • 野口晃一郎

    野口晃一郎から見た世界一周世界一周

    野口 晃一郎(のぐち こういちろう、1974年 - )は元岐阜放送アナウンサー。岐阜県岐阜市出身。岐阜県立加納高等学校、高崎経済大学経済学部経営学科、立命館大学政策科学部卒。主にニュース番組のキャスターを務めた。岐阜新聞記者を経て現在はフリーライターやNPO法人のコーディネーターとして活動。2006年から1年間をかけて夫人と共に世界一周旅行を敢行した。野口晃一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団21期生

    宝塚歌劇団21期生から見た世界一周世界一周

    宝塚歌劇団21期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1931年に宝塚歌劇団に入団し、1932年『春のおどり(七曜譜)』もしくは『フービー・ガール』(両方の生徒もあり)、または1933年『世界一周』で初舞台を踏んだ61人を指す。当時は寶塚少女歌劇團であった。宝塚歌劇団21期生 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンヌ・バレ

    ジャンヌ・バレから見た世界一周世界一周

    ジャンヌ・バレ(Jeanne Baret、または Baré もしくは Barret、1740年7月27日 ? 1807年8月5日)は、1768年のルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルの世界一周探検航海に、男性と偽って乗船したフランスの女性である。世界一周航海をした最初の女性とされる。ジャンヌ・バレ フレッシュアイペディアより)

  • 儀兵衛

    儀兵衛から見た世界一周世界一周

    1806年に亡くなった。享年45。日本人として初めて世界一周をした4名のうちの1人となった。儀兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • アポロの杯

    アポロの杯から見た世界一周世界一周

    『アポロの杯』(アポロのさかずき)は、三島由紀夫の旅行記・随筆。1951年(昭和26年)12月25日から翌1952年(昭和27年)5月8日までの約4か月半にわたる世界一周旅行の見聞録である。「航海日記」「北米紀行」「南米紀行―ブラジル」「欧州紀行」「旅の思ひ出」の5部から成る。横浜港から客船で出帆したこの旅は三島の初の海外旅行で、作家としての自分を高めるべき「自己改造」の契機となった渡航でもあり、三島の一つの転換点として位置づけられている。アポロの杯 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示