67件中 41 - 50件表示
  • 迫正人

    迫正人から見た世界一周世界一周

    迫正人(さこまさと、1949年12月17日−)は、子連れでヨット世界一周横断を遂げた人物である。迫正人 フレッシュアイペディアより)

  • 英西戦争 (1585年)

    英西戦争 (1585年)から見た世界一周世界一周

    1577年に世界一周航海に出発したドレークは、新大陸のスペイン領を略奪して1580年に帰還し、イングランドに莫大な富をもたらしたが、一方でスペインを激怒させている。英西戦争 (1585年) フレッシュアイペディアより)

  • 吠える40度

    吠える40度から見た世界一周世界一周

    船で世界一周する人々も、特にその速度を競う際に、吠える40度の領域を航行した際の速さを利用する。吠える40度 フレッシュアイペディアより)

  • 勝鬨丸

    勝鬨丸から見た世界一周世界一周

    当時、アメリカと極東を結ぶ航路を持つ船会社のうち、アメリカに於いては材木商出身のロバート・ダラー(1844年 - 1932年)とその家族が率いるダラー・ラインがライバルの船会社を次々と手中に収めて席巻しつつあった。パシフィック・メイル社もダラーの支配下となり、1925年に吸収された。パシフィック・メイル社を手中に収める前、ダラーも含めたアメリカ海運業界の一大関心事は世界一周航路の開設であった。アメリカ東海岸からパナマ運河を経由してアメリカ西海岸、アメリカ西海岸から極東、極東からヨーロッパへの物流は増加傾向にあり、有望株と見られていた。ダラーも世界一周航路への参入を計画していたが、参入条件として、航路閉鎖によりだぶついていた502型7隻を安値で購入することを挙げていた。ダラー一族のスタンレー・ダラーが USSB との折衝役となり、1923年に1隻あたり60万ドルの値段でプレジデント・ハリソンを含む502型全てを購入した。ダラー・ラインでは、この年に購入船を用いて世界一周航路の試験航海を行い、本格就航に備えた。勝鬨丸 フレッシュアイペディアより)

  • アナウンサー大喜利

    アナウンサー大喜利から見た世界一周世界一周

    鈴木君枝が「世界一周旅行」を獲得したが、地球儀を一回転しただけだった。(1997年放送)アナウンサー大喜利 フレッシュアイペディアより)

  • マジカル頭脳パワー!!

    マジカル頭脳パワー!!から見た世界一周世界一周

    さらにレギュラーの時にパネラーが1000点以上の得点を挙げた場合には、世界の七不思議「マジカルミステリーツアー」(世界一周旅行)へ招待された。マジカル頭脳パワー!! フレッシュアイペディアより)

  • 小栗忠順

    小栗忠順から見た世界一周世界一周

    万延元年(1860年)、日米修好通商条約批准のため米艦ポーハタン号で渡米し、日本人で初めて地球を一周して帰国した。その後は多くの奉行を務め、江戸幕府の財政再建や、フランス公使レオン・ロッシュに依頼しての洋式軍隊の整備、横須賀製鉄所の建設などを行う。小栗忠順 フレッシュアイペディアより)

  • 4月22日

    4月22日から見た世界一周世界一周

    1969年 - が史上初のヨットによる単独無寄港世界一周を達成。4月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 1月25日

    1月25日から見た世界一周世界一周

    1890年 - ネリー・ブライが72日間での世界一周を達成。1月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 6月27日

    6月27日から見た世界一周世界一周

    1898年 - が史上初の単独世界一周を達成。6月27日 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示