108件中 51 - 60件表示
  • Ju 52 (航空機)

    Ju 52 (航空機)から見た世界一周世界一周

    2000年にはスイスのJU-AIR所有の機体(HB-HOS)がIWCの世界一周プロモーションで1月にスイスを出発し、中東・マレーシアを経由して3月に日本に来たが、ロシアの通行許可が出ず、来た逆の経路でスイスに戻った。Ju 52 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤鶴吉

    伊藤鶴吉から見た世界一周世界一周

    相模国三浦郡菊名村(現・神奈川県三浦市)の生まれ。横浜で外国人から英語を学び、1877年より横浜で通訳業を始める。1905年、アメリカの実業家エドワード・ヘンリー・ハリマン来日の際(このとき桂・ハリマン協定が結ばれた)に通訳を務め、その働きぶりからハリマンが経営する鉄道・汽船の一等乗車券をプレゼントされた。またマイソール王国王子、バローダ王国国王、植物学者チャールズ・マリーズなどが来日した際も通訳を務めた。イザベラ・バードの日本旅行でも通訳を務め、『日本奥地紀行』に名が出てくる。1882年に世界一周旅行をしたフランス、ランス (マルヌ県)のシャンパン財閥の御曹司ウーグ・クラフトの日本滞在記にも通訳イトーとしてその名が現れる。日本初のガイド組織「開誘社」の設立にも関わっている。1913年1月6日、胃癌により横浜市松影町の自宅で死去。享年54。葬儀は蓮光寺で行われ、根岸の墓地に埋葬された。戒名は「凌雲院繹鶴集居士」。伊藤鶴吉 フレッシュアイペディアより)

  • 英西戦争 (1585年)

    英西戦争 (1585年)から見た世界一周世界一周

    1577年に世界一周航海に出発したドレークは、新大陸のスペイン領を略奪して1580年に帰還し、イングランドに莫大な富をもたらしたが、一方でスペインを激怒させている。英西戦争 (1585年) フレッシュアイペディアより)

  • トバイアス・フルノー

    トバイアス・フルノーから見た世界一周世界一周

    トバイアス・フルノー(Tobias Furneaux、1735年8月21日 ? 1781年9月19日)は、イギリスの航海者、イギリス海軍将校。イングランド南西部プリマス近郊w:Swillyの生まれ。ジェームズ・クックの第2次航海に参加。世界一周航海を最初に両周り(東周り・西周り)で行った。トバイアス・フルノー フレッシュアイペディアより)

  • アースマラソン

    アースマラソンから見た世界一周世界一周

    アースマラソン(英語:)は、吉本興業に所属するお笑いタレントの間寛平が芸能活動を休止して、マラソンとヨットで地球を一周したプロジェクトである。アースマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 舘そらみ

    舘そらみから見た世界一周世界一周

    ちょっとしたヤンチャ時代、政治家秘書、ボランティア活動しながらの世界一周、医療コンサルタント会社勤務、などを経て活動開始。”めったにできない経験”ばかりを繰り返したことから、鋭い人間描写を描くことを得意とする。舘そらみ フレッシュアイペディアより)

  • 12月13日

    12月13日から見た世界一周世界一周

    1577年 - イギリスの軍人フランシス・ドレークが艦隊を率いてプリマスから世界周航に出発。12月13日 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラー・インパルス

    ソーラー・インパルスから見た世界一周世界一周

    ソーラー・インパルス(Solar Impulse)は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校で進行中の有人ソーラープレーンプロジェクト。世界初の気球による無着陸地球一周を成功させたベルトラン・ピカールがプロジェクトを主催している。このプロジェクトでも太陽エネルギーを動力源とする有人固定翼機で世界一周することを最終目標としている。最初の単座航空機はスイスの機体番号コードで HB-SIA とされ、自力で離陸でき、最長36時間連続航行可能とすることを目標として製作された。2010年7月7日から8日にかけて、9時間の夜間飛行を挟んで連続26時間の飛行を成功させた。このプロトタイプ機の経験に基づいてやや大きめの2号機 (HB-SIB) が製作され、20日から25日をかけて世界一周すべく2015年3月10日にオマーンを出発し、翌2016年7月26日に世界一周を達成した。ソーラー・インパルス フレッシュアイペディアより)

  • 地球平面説

    地球平面説から見た世界一周世界一周

    コロンブスの時代のヨーロッパでは教養人も地球平面説を信じており、コロンブスの世界一周航海によってそれが反証された、という近代に生まれた誤解は『地球平面説神話』と呼ばれてきた。1945年に(イギリスの)歴史学協会で作成された『歴史に関するよくある誤り』のリストの20項目中2番目にこの誤解が掲載された。地球平面説 フレッシュアイペディアより)

  • 国際日付変更線

    国際日付変更線から見た世界一周世界一周

    16世紀にマゼラン一行が西回りでの世界一周航海を達成して出発地のスペインへ帰り着いた際、この日付の矛盾が発覚した。乗組員のピガフェッタは世界一周航海にあたって日記をつけていたが、帰路でアフリカの西にあるヴェルデ岬諸島に寄港したとき、日記に記録していた曜日は現地の曜日より1日遅れていた。さらに乗組員たちは、帰着後に自分たちが記録した日付が正しいとも主張したため大騒ぎになり、ローマ教皇のところに使者が出される事態にまで発展した。国際日付変更線 フレッシュアイペディアより)

108件中 51 - 60件表示