108件中 71 - 80件表示
  • シール・エミコ

    シール・エミコから見た世界一周世界一周

    元々オートバイによるオーストラリア一周の旅をしていた1989年、北部のケアンズで自転車世界一周の旅を始めたばかりのスティーブ・シールと出会い、「自転車の旅だと、車では見落としてしまうものがよく見えるよ」という言葉に触発され、すぐに自転車に乗り換えて世界一周2人旅を開始。以後、インドネシア?インドシナ半島を経て、北米大陸最北端から南米大陸最南端、更にアフリカ最南端の喜望峰?ヨーロッパ最北端を走破し、ヨーロッパ一周後にユーラシア大陸を東進、13年後の2000年末にパキスタンに到達した。シール・エミコ フレッシュアイペディアより)

  • シール・エミコ

    シール・エミコから見た地球一周世界一周

    シール・エミコ(しーる えみこ、1965年 - )は、20年がかりで自転車による地球一周の冒険旅に挑んでいる、冒険家。シール・エミコ フレッシュアイペディアより)

  • ラコニア (客船・2代)

    ラコニア (客船・2代)から見た世界一周世界一周

    1922年5月25日にサウサンプトンからニューヨークへ向けて処女航海に出発。1923年1月、最初の世界一周航海に出発した。その130日にわたる航海では22の港に寄港した。ラコニア (客船・2代) フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空006便不時着水事故

    パンアメリカン航空006便不時着水事故から見た世界一周世界一周

    当時パンアメリカン航空006便は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアを出発しヨーロッパ、アジア、太平洋の各地を経由したのちカリフォルニア州サンフランシスコに帰着する世界一周便として、定期的に運航されていた。事故機はサンフランシスコへの最後の区間を飛行するべく、1956年10月16日午後8時26分(現地時間)、ハワイのホノルル国際空港を離陸した。当日は機体記号N90943、シップネーム "Clipper Sovereign Of The Skies" で運航されており、運航乗務員4名と客室乗務員3名のほか、乗客24名が搭乗、予定ではおよそ9時間後にサンフランシスコに到着するはずであった。パンアメリカン航空006便不時着水事故 フレッシュアイペディアより)

  • 日本学

    日本学から見た世界一周世界一周

    19世紀末には、日本の開国、世界一周旅行の始まり、欧米の植民地主義的関心、ジャポニズムの流行などにより異国趣味的な日本研究が増えたが、日清・日露戦争から第二次世界大戦にかけて日本の脅威が増すとともに軍事戦略としての日本研究が進み、アメリカでは1940年代に敵の情報分析とプロパガンダを行なう戦争情報局に日本班が設けられ多方面の学者による日本文化研究が集中的に行われた。日本学 フレッシュアイペディアより)

  • 9月20日

    9月20日から見た世界一周世界一周

    1519年 - マゼランが5隻の軍艦・265人でスペインを出航、世界一周航海に出発。9月20日 フレッシュアイペディアより)

  • 4月22日

    4月22日から見た世界一周世界一周

    1969年 - が史上初のヨットによる単独無寄港世界一周を達成。4月22日 フレッシュアイペディアより)

  • ホクレア

    ホクレアから見た世界一周世界一周

    前年に発表された世界一周航海プロジェクトの為の訓練航海として3月よりパルミラ環礁までの往復航海を開始。ホクレア フレッシュアイペディアより)

  • 地球

    地球から見た世界一周世界一周

    大航海時代を迎えたヨーロッパ人は東西に向かい、1488年にバルトロメウ・ディアスが喜望峰を廻ってインド洋が内海でないことを知らしめ、1492年にクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見し、そして1522年にフェルディナンド・マゼランの一行が世界一周を成し遂げた。こうして16世紀には地表のほぼ全域についての知識が揃った。地球 フレッシュアイペディアより)

  • ビーグル水道

    ビーグル水道から見た地球一周世界一周

    チャールズ・ダーウィンが1831年から1836年にかけて行ったビーグル号による地球一周航海の際の経路であり、同水道の名前は同船に由来する。ビーグル水道 フレッシュアイペディアより)

108件中 71 - 80件表示