108件中 81 - 90件表示
  • 乗り物

    乗り物から見た世界一周世界一周

    なお所有に関しては、小型のカヌー等はともかくとして、中規模以上は一般論としては、かなりのコストがかかる、とされている。だが、一年?数年ほどかけて世界一周をするには、大型豪華客船の乗客として移動し続けるよりも、小型のセーリングクルーザーを安価に手に入れ自力で操船するほうが、かえって安あがりで済む場合もある。乗り物 フレッシュアイペディアより)

  • 二笑亭

    二笑亭から見た世界一周世界一周

    関東大震災後の1925-1926年、渡辺は世界一周旅行に出かけた。帰国後、(関東大震災後の)区画整理が終るとバラック建ての自邸を本建築に改築する工事を始めた。着工は1927年12月頃で、自分で材木などを購入した渡辺は設計図もないまま口頭で大工に指示を出して建築させたが、その指示がたびたび変わったために工事は何度も中断。1931年8月に新築(竣工)届が出されたが、その後も工事が続けられた。この間、渡辺の奇行に耐え切れなくなった家族は別居し、渡辺1人と女中のみが残っていた。その後、「電話返却事件」(後述)をきっかけに1936年4月24日に渡辺が加命堂脳病院に入院させられ、2年後の1938年4月頃に取り壊された。二笑亭 フレッシュアイペディアより)

  • 吠える40度

    吠える40度から見た世界一周世界一周

    船で世界一周する人々も、特にその速度を競う際に、吠える40度の領域を航行した際の速さを利用する。吠える40度 フレッシュアイペディアより)

  • 1月25日

    1月25日から見た世界一周世界一周

    1890年 - ネリー・ブライが72日間での世界一周を達成。1月25日 フレッシュアイペディアより)

  • カール5世 (神聖ローマ皇帝)

    カール5世 (神聖ローマ皇帝)から見た世界一周世界一周

    1522年:マゼランの艦隊が帰還、世界一周を達成。船長フアン・セバスティアン・エルカーノに称号を授ける(マゼランはフィリピンで戦死)。カール5世 (神聖ローマ皇帝) フレッシュアイペディアより)

  • 観音寺 (東松島市)

    観音寺 (東松島市)から見た世界一周世界一周

    観音寺(かんのんじ)は、宮城県東松島市宮戸門前にある曹洞宗の寺院。三陸三十三観音の第4番霊場である。日本人として初めて世界一周をした太十郎の墓は現在、道路拡張の為に生家直近の室浜から観音寺に移されている。儀兵衛の正式な墓はみつかっていない。観音寺 (東松島市) フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼルエンジン

    ディーゼルエンジンから見た世界一周世界一周

    この時期、大日本帝國海軍においては艦政本部が各種船舶用ディーゼルエンジンの開発を主導し、潜水艦においては当初は水上速力を重視する目的で2ストロークディーゼル機関が多用された。戦前の伊号潜水艦は複動化された2ストロークディーゼル機関で水上20ノットを超える高速力を誇っていたが、第二次世界大戦が始まると急速に4ストローク単動式へと移行し、水上速力も10ノット中盤と急速に低下した。2ストローク複動ディーゼル機関は高出力ではあるが、騒音が大きく、排気圧力が低い為に排気管が水中に没している潜水中はシリンダーが浸水する危険性が高く、主機のディーゼルエンジンの駆動が行えなかった。これはすなわちシュノーケルを用いた主機関での水中連続航行に不向きで、水中での移動は事実上電動機のみに頼らざるを得ない事を意味していた。その為、大幅な性能低下は覚悟の上で4ストロークへの移行が行われたのである。4ストロークへの移行により出力は低下したが、騒音は抑えられ燃費も大幅に向上、第二次世界大戦末期の伊四百型潜水艦では水上航続距離が37,500海里(約7万キロ、世界一周の約1.5倍)にも達するものとなった。ディーゼルエンジン フレッシュアイペディアより)

  • もみじ真魚

    もみじ真魚から見た世界一周世界一周

    2013年3月21日から、世界一周旅行に出発した。もみじ真魚 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ウィルクス

    チャールズ・ウィルクスから見た地球一周世界一周

    ウィルクス遠征隊は地球一周した帆船の部隊としては最後のものになった。約87,000マイル (139,000 km) を航海し、艦船2隻と28人の隊員を失った。コロンビア川の砂州で艦船の1つを失ったこと、部下の士官を日常から酷使したこと、および水夫に対して過剰な罰を加えたことが問われ、ウィルクスは軍法会議に掛けられた。ウィルクスに対して不利な証言を行った証人の中には船医のチャールズ・ジローがいた。ウィルクスは部下を違法に罰したことは有罪となり、その他の罪状については無罪となった。そのごウィルクスは短期間海岸測量の任務に付けられたが、1844年から1861年の間は主に、遠征の報告書作成に携わった。チャールズ・ウィルクス フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス1世

    エリザベス1世から見た世界一周世界一周

    1585年に彼女はカトリック勢力を打倒するためにオランダユグノーとノンサッチ条約を締結している。ユグノーと艦隊を動かしエリザベスは攻勢的な政策を追求した。これは対スペイン戦争で成果を挙げ、戦闘の80%が海上で行われた。彼女は1577年から1580年にかけて世界を一周し、スペインの港湾や艦隊を襲撃して名声を勝ち得たフランシス・ドレークをナイトに叙爵している。女王は彼らをほとんど統制できなかったが、海賊行為と富の追求がエリザベス朝の船乗りたちを駆り立てていた。エリザベス1世 フレッシュアイペディアより)

108件中 81 - 90件表示