前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • 世界一周

    世界一周から見たスティーヴ・フォセット

    空路での世界一周に際しては、世界の大気循環パターン、とりわけジェット気流を考慮することになる。ジェット気流は赤道を越えることがなく、それぞれ北半球・南半球の中で循環している。そのため、空路での世界一周は、赤道を越えることや、対蹠地を通ることといった条件は設定されない。たとえばスティーヴ・フォセットの熱気球での世界一周は、南半球の中で完結した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た間寛平

    間寛平。2008年12月17日 - 2011年1月21日。ヨットとマラソンによる世界一周(厳密には、ヨットによる北太平洋・北大西洋横断とマラソンによる北アメリカ大陸・ユーラシア大陸横断であり、「赤道を通過する」というギネスのガイドラインを満たしていない)。詳細はアースマラソンを参照。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たフェルディナンド・マゼラン

    フアン・セバスティアン・エルカーノ、アントニオ・ピガフェッタら18人が人類初の世界一周を達成。1519年-1522年。マゼラン艦隊の遠征に参加。マゼランは途中セブ島で1521年4月27日に死にマゼラン艦隊の指揮官はさまざま入れ替わるが、エルカーノが最後の指揮をとったビクトリア号が1522年9月8日スペインのサンルーカル・デ・バラメダに帰還。エルカーノとビクトリア号の乗組員計18人が人類最初の世界周航達成者となった。ただし、初の世界一周者をマゼランの奴隷エンリケとする説もある。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たパナマ運河

    右の地図で赤く描かれた線が、貿易風とスエズ、パナマ両運河を用いる、標準的な帆船世界一周航路である(黄線は赤線の対蹠地)。航路がほぼ大きな円で、だいたいある地点とその対蹠地を通っていることが見て取れる。多くの船乗りがこの航路に沿った。貿易風を利用することで帆走が容易になり、またなるべく風の穏やかな海域を通るようになっている。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たスエズ運河

    右の地図で赤く描かれた線が、貿易風とスエズ、パナマ両運河を用いる、標準的な帆船世界一周航路である(黄線は赤線の対蹠地)。航路がほぼ大きな円で、だいたいある地点とその対蹠地を通っていることが見て取れる。多くの船乗りがこの航路に沿った。貿易風を利用することで帆走が容易になり、またなるべく風の穏やかな海域を通るようになっている。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たユリシーズ・グラント

    富裕層にとっては、19世紀には世界一周旅行が可能となり、その経路はユリシーズ・グラントが行ったものと同じ、また世界大戦時に大勢の兵士が輸送された経路でもある。後に技術的進歩と収入の増加により、この旅行は一般層にも可能なものとなった。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たウィリー・ポスト

    ウィリー・ポスト。1933年7月。空路・単独での世界一周として初。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たニコライ・レザノフ

    一行は客人として歓待され、皇帝に謁見を許された。5人を残して、津太夫、儀兵衛、太十郎および佐平の4人と使節ニコライ・レザノフの通訳に任命された善六はナデジュダ号に乗船し、6月バルト海から大西洋に出た。カナリア諸島を経てブラジルに立ち寄り、翌文化元年に太平洋に入り、マルキーズ諸島、ハワイ諸島を経てカムチャツカに到着。善六はここで下船したが、ナデジュダ号は同年秋に南航して9月に長崎に到着した。使節の目的である通商条約の締結には至らなかったが、4人は長崎鎮台に引き取られ、さらに伊達家に引き渡され、文化12年12月末、江戸芝の伊達屋敷にはいった。ここで取り調べを再び受けた後、翌年に帰郷した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たネリー・ブライ

    ネリー・ブライ。1889年11月14日-1890年1月25日。女性初の単独世界一周旅行。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た鄭和

    このほか、中国の探検家鄭和が最後2回の航海で世界一周を成し遂げたとする説がある。鄭和は現代の洋式船よりも巨大な船で構成された艦隊を指揮して大規模な航海を行ったが、長い間西洋世界に知られることがなく、また彼がアフリカ以西に到達した証拠は残されていない。学者の多くは、鄭和は世界一周を成し遂げていないとみている。世界一周 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示