84件中 51 - 60件表示
  • 世界一周

    世界一周から見たベジェ曲線

    動力を持つ航空機の世界一周記録条件は、すべての子午線を通過して出発地に戻る、距離 36,787.559 km(22,858.729 マイル。これは北回帰線の長さ)以上のコースである。また、コースの制御点は北極圏、南極圏の外側に置かれなくてはならない、とされる。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たイルクーツク

    寛政5年11月21日、仙台の舟子津太夫ら16人は江戸に運送する糧を若宮丸に載せ石巻港を出発したが暴風に遭って漂流し、翌年6月上旬、アリューシャン列島に漂着。10ヶ月余の滞在の後、翌年4月上旬出発、6月にオホーツクに上陸した。8月から翌年夏までの間に、一行は3度に分かれてシベリア奥地に入り、イルクーツクで合流、同地の官吏の保護を受けつつ寛政8年から享和2年まで滞在した。皇帝から上京の命を受け、3月に出発、シベリアを横断して4月にペテルブルクに入ったが、その時3人は既に病死し、3人は途中の街で落伍した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たトライトン (原子力潜水艦)

    アメリカ海軍原潜トライトン。1960年。潜水艦による最初の世界一周。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た石巻市

    寛政5年11月21日、仙台の舟子津太夫ら16人は江戸に運送する糧を若宮丸に載せ石巻港を出発したが暴風に遭って漂流し、翌年6月上旬、アリューシャン列島に漂着。10ヶ月余の滞在の後、翌年4月上旬出発、6月にオホーツクに上陸した。8月から翌年夏までの間に、一行は3度に分かれてシベリア奥地に入り、イルクーツクで合流、同地の官吏の保護を受けつつ寛政8年から享和2年まで滞在した。皇帝から上京の命を受け、3月に出発、シベリアを横断して4月にペテルブルクに入ったが、その時3人は既に病死し、3人は途中の街で落伍した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たバックパッカー

    ジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリ。1693年-1698年。公共交通機関で世界一周した。バックパッカーの始祖とも。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た走る

    Robert Garside。1997年-2003年。走行による世界一周が証明された最初の人物。2062日で48,000km(30,000マイル)、29カ国、6大陸を走った。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たオホーツク

    寛政5年11月21日、仙台の舟子津太夫ら16人は江戸に運送する糧を若宮丸に載せ石巻港を出発したが暴風に遭って漂流し、翌年6月上旬、アリューシャン列島に漂着。10ヶ月余の滞在の後、翌年4月上旬出発、6月にオホーツクに上陸した。8月から翌年夏までの間に、一行は3度に分かれてシベリア奥地に入り、イルクーツクで合流、同地の官吏の保護を受けつつ寛政8年から享和2年まで滞在した。皇帝から上京の命を受け、3月に出発、シベリアを横断して4月にペテルブルクに入ったが、その時3人は既に病死し、3人は途中の街で落伍した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た世界一周路線

    商業航空開発により、何万もの人が空路での世界一周を達成することとなった。単一の航空会社による乗り継ぎ路線(世界一周路線)や、単一の航空会社または航空連合による乗り継ぎ航空券(世界一周航空券)の形で一般の旅行客にも提供され、今日では容易に実行可能である。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たラコニア (客船・2代)

    1922年に始まったラコニア(キュナード・ライン)の世界一周旅行により、数千人が優雅な船旅で世界一周を達成した。この船旅は通常、ニューヨークかサウサンプトンを出発し、西に向かう航路だった。太平洋に入る際のルートとしては、カリブ海からパナマ運河を通るものと、ホーン岬を回るものがあった。またヨーロッパへの帰路も、スエズ運河を通って地中海に入る場合と、喜望峰を回ってアフリカ西岸を北上する場合があった。これらの船旅のゴールは、出港地に戻ることである。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たカリブ海

    1922年に始まったラコニア(キュナード・ライン)の世界一周旅行により、数千人が優雅な船旅で世界一周を達成した。この船旅は通常、ニューヨークかサウサンプトンを出発し、西に向かう航路だった。太平洋に入る際のルートとしては、カリブ海からパナマ運河を通るものと、ホーン岬を回るものがあった。またヨーロッパへの帰路も、スエズ運河を通って地中海に入る場合と、喜望峰を回ってアフリカ西岸を北上する場合があった。これらの船旅のゴールは、出港地に戻ることである。世界一周 フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示