109件中 51 - 60件表示
  • 世界一周

    世界一周から見たニューヨーク

    1922年に始まったラコニア(キュナード・ライン)の世界一周旅行により、数千人が優雅な船旅で世界一周を達成した。この船旅は通常、ニューヨークかサウサンプトンを出発し、西に向かう航路だった。太平洋に入る際のルートとしては、カリブ海からパナマ運河を通るものと、ホーン岬を回るものがあった。またヨーロッパへの帰路も、スエズ運河を通って地中海に入る場合と、喜望峰を回ってアフリカ西岸を北上する場合があった。これらの船旅のゴールは、出港地に戻ることである。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た対蹠地

    世界一周 () の基本定義は、ある地点と、その対蹠地(地球の反対側となる地点)の両方を通る、大きな円を描く経路だろう。実際には、手段に基づく制限などのため、前述の基本定義とはやや異なる定義が用いられる。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た航空機

    現在世界一周で用いられる最も一般的な交通手段は航空機によるものである。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たルータン ボイジャー

    ディック・ルータンとジーナ・イェーガー。1986年12月。最初の無着陸無補給世界一周。ルータン ボイジャーを参照。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たB-50 (航空機)

    アメリカ空軍B-50A型戦略爆撃機「ラッキーレディ・ツー」。1949年。最初の無着陸世界一周。空中給油によった。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た紅海

    トーマス・クックは1872年に世界初の世界一周団体旅行を敢行した。9月26日に8人の団体客でリバプールから船でニューヨークへ行き、鉄道でサンフランシスコへ、船で横浜へ、東京周辺を観光したのち、船で大阪、長崎、上海、シンガポール、マドラス、カルカッタまで行き、鉄道旅行ののちボンベイから船で、紅海、スエズ運河、地中海を通って、鉄道でリバプールへ戻った。222日間の旅行だった。この間にジュール・ヴェルヌの『八十日間世界一周』が出版されたこともあり、世界一周旅行熱が加速し、ネリー・ブライ、エリザベス・ビスランド、ジョージ・フランシス・トレイン、ジョージ・グリフィスら、時間を競う世界一周旅行者も現れるようになった。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た公共交通機関

    ジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリ。1693年-1698年。公共交通機関で世界一周した。バックパッカーの始祖とも。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たシベリア

    世界一周を行なった最初の日本人は、仙台の舟子である津太夫(延享元年(1744年) - 文化11年(1814年)7月29日)、儀兵衛(平)、太十郎、および左平の4人であるとされることがある。寛政5年(1793年)11月21日、仙台の舟子津太夫ら16人は江戸に運送する糧を若宮丸に載せ石巻港を出発したが暴風に遭って漂流し、翌年6月上旬、アリューシャン列島に漂着。10ヶ月余の滞在の後、翌年4月上旬出発、6月にオホーツクに上陸した。8月から翌年夏までの間に、一行は3度に分かれてシベリア奥地に入り、イルクーツクで合流、同地の官吏の保護を受けつつ寛政8年(1796年)から享和2年(1802年)まで滞在した。皇帝から上京の命を受け、3月に出発、シベリアを横断して4月にペテルブルクに入ったが、その時3人は既に病死し、3人は途中の街で落伍した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見た喜望峰

    1922年に始まったラコニア(キュナード・ライン)の世界一周旅行により、数千人が優雅な船旅で世界一周を達成した。この船旅は通常、ニューヨークかサウサンプトンを出発し、西に向かう航路だった。太平洋に入る際のルートとしては、カリブ海からパナマ運河を通るものと、ホーン岬を回るものがあった。またヨーロッパへの帰路も、スエズ運河を通って地中海に入る場合と、喜望峰を回ってアフリカ西岸を北上する場合があった。これらの船旅のゴールは、出港地に戻ることである。世界一周 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周

    世界一周から見たペテルブルク

    世界一周を行なった最初の日本人は、仙台の舟子である津太夫(延享元年(1744年) - 文化11年(1814年)7月29日)、儀兵衛(平)、太十郎、および左平の4人であるとされることがある。寛政5年(1793年)11月21日、仙台の舟子津太夫ら16人は江戸に運送する糧を若宮丸に載せ石巻港を出発したが暴風に遭って漂流し、翌年6月上旬、アリューシャン列島に漂着。10ヶ月余の滞在の後、翌年4月上旬出発、6月にオホーツクに上陸した。8月から翌年夏までの間に、一行は3度に分かれてシベリア奥地に入り、イルクーツクで合流、同地の官吏の保護を受けつつ寛政8年(1796年)から享和2年(1802年)まで滞在した。皇帝から上京の命を受け、3月に出発、シベリアを横断して4月にペテルブルクに入ったが、その時3人は既に病死し、3人は途中の街で落伍した。世界一周 フレッシュアイペディアより)

109件中 51 - 60件表示