ジェットスター航空 ニュース&Wiki etc.

ジェットスター航空(ジェットスターこうくう、Jetstar Airways)は、オーストラリアのメルボルンに本社をおく国内線・国際線格安航空会社。 (出典:Wikipedia)

「ジェットスター航空」Q&A

  • Q&A

    航空会社のマイル会員について質問です。現在キャセイ航空を利用する頻度高く、マルコポー…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月29日 18:17

  • Q&A

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月26日 12:13

  • Q&A

    九州復興割のツアーでるるぶトラベルから予約しました。航空会社はジェットスターにしまし…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月23日 22:29

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジェットスター航空」のつながり調べ

  • 百里飛行場

    百里飛行場から見たジェットスター航空

    国際線では、フィリピンのセブパシフィック航空と香港の香港エクスプレス航空との間で就航へ向けて交渉をした他、オーストラリアのLCCであるジェットスター航空にも路線就航を要請した。ソウル便を運航しているアシアナ航空は釜山への週3便程度の運航も計画している。オーストラリアのV オーストラリアは、ケアンズからの就航を検討している。(百里飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • カンタスリンク

    カンタスリンクから見たジェットスター航空

    もともとカンタス航空の子会社は各々が独自の航空会社名で運航をしておりそれぞれに共通性がなかったが、2002年にコミューター路線を運航するサンステート航空、アライアンス航空、イースタン・オーストラリア航空、サウザン・オーストラリア航空の4社が共通のブランドとしてカンタスリンクを創設した。その後すぐにカンタス航空がインパルス航空を買収したことにより獲得した地方路線をカンタス航空から買収した。当時カンタス航空はこれらの路線にボーイング717を使用していたがこれらの地方路線から撤退後新しく設立した格安航空の子会社ジェットスター航空にボーイング717を移籍させ、2005年から2006年にかけてジェットスター航空がエアバスA320を導入したことでこのボーイング717がカンタスリンクのものとなった。しかし現在これらの機体はカンタスリンクのNational Jet Systemsによってオーストラリアの西部や北部で運航されている。(カンタスリンク フレッシュアイペディアより)

「ジェットスター航空」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ジェットスター航空」のニューストピックワード