77件中 11 - 20件表示
  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たブラックホーク・ダウン

    1996年、ブラッカイマーはドラッグ濫用がひどくなった盟友シンプソンと絶縁した。直後シンプソンが急死したことによりブラッカイマーのキャリアは打撃を受けたが、マイケル・ベイほかミュージック・ビデオ出身の映画監督たちによるアクション映画の製作を続け、『アルマゲドン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』・『ブラックホーク・ダウン』などの大ヒット作を送り出している。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たアルマゲドン (映画)

    1996年、ブラッカイマーはドラッグ濫用がひどくなった盟友シンプソンと絶縁した。直後シンプソンが急死したことによりブラッカイマーのキャリアは打撃を受けたが、マイケル・ベイほかミュージック・ビデオ出身の映画監督たちによるアクション映画の製作を続け、『アルマゲドン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』・『ブラックホーク・ダウン』などの大ヒット作を送り出している。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たビバリーヒルズ・コップ

    1980年代から1990年代にかけて、彼はプロデューサー・ドン・シンプソンの製作助手になり、パラマウント映画のために働き一連の大ヒット映画を手がけた。ブラッカイマーの最初の大ヒットは1983年の『フラッシュダンス』であり、立て続けに『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)・『トップガン』(1986年)・『ビバリーヒルズ・コップ2』(1987年)・『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)などのヒットを飛ばした。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たCSI:科学捜査班

    1997年からはテレビへも進出して数多くの警察ドラマを製作し、テレビ界においても大きな成功を収めた。特に『CSI:科学捜査班』は2作のスピンオフがシリーズ化され、3作すべてが高い人気を誇る。テレビドラマにおける彼の作品は、娯楽性を追求をする映画とは異なり、社会に対する問題提起、人間模様や心理の緻密な描写に比重を置いているのが特徴的である。テレビドラマのほかにも『アメージング・レース』(The Amazing Race)のようなリアリティ番組を製作している。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たビバリーヒルズ・コップ2

    1980年代から1990年代にかけて、彼はプロデューサー・ドン・シンプソンの製作助手になり、パラマウント映画のために働き一連の大ヒット映画を手がけた。ブラッカイマーの最初の大ヒットは1983年の『フラッシュダンス』であり、立て続けに『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)・『トップガン』(1986年)・『ビバリーヒルズ・コップ2』(1987年)・『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)などのヒットを飛ばした。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たパイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

    1996年、ブラッカイマーはドラッグ濫用がひどくなった盟友シンプソンと絶縁した。直後シンプソンが急死したことによりブラッカイマーのキャリアは打撃を受けたが、マイケル・ベイほかミュージック・ビデオ出身の映画監督たちによるアクション映画の製作を続け、『アルマゲドン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』・『ブラックホーク・ダウン』などの大ヒット作を送り出している。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たフラッシュダンス

    1980年代から1990年代にかけて、彼はプロデューサー・ドン・シンプソンの製作助手になり、パラマウント映画のために働き一連の大ヒット映画を手がけた。ブラッカイマーの最初の大ヒットは1983年の『フラッシュダンス』であり、立て続けに『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)・『トップガン』(1986年)・『ビバリーヒルズ・コップ2』(1987年)・『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)などのヒットを飛ばした。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たデイズ・オブ・サンダー

    1980年代から1990年代にかけて、彼はプロデューサー・ドン・シンプソンの製作助手になり、パラマウント映画のために働き一連の大ヒット映画を手がけた。ブラッカイマーの最初の大ヒットは1983年の『フラッシュダンス』であり、立て続けに『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)・『トップガン』(1986年)・『ビバリーヒルズ・コップ2』(1987年)・『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)などのヒットを飛ばした。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見たS.O.F.

    S\.O\.F\. Soldier of Fortune (1997-1998)ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブラッカイマー

    ジェリー・ブラッカイマーから見た映画評論

    彼の製作した映画のほとんどは凝った特殊効果の導入による派手なアクション、大ヒットしているポップ・ミュージックを起用したサウンドトラック、テレビ映りのよい俳優たちの起用を特徴としている。このため彼の映画は派手なオープニングと見た目のわりに無内容だとして全米の映画評論家からは酷評されているが、これは彼自身の『映画は極上の娯楽である』というポリシーによるものである。その屈託無く万民受けする映画のスタイルは、結果としてアメリカだけでなく世界中で多くの観客を集めることとなり、収益的には大きな成功を収めているに至っている。ジェリー・ブラッカイマー フレッシュアイペディアより)

77件中 11 - 20件表示

「ジェリー・ブラッカイマー」のニューストピックワード