ジェンソン・バトン ニュース&Wiki etc.

ジェンソン・アレクサンダー・ライオンズ・バトン MBE(, 1980年1月19日 - )は、イギリス出身のレーシングドライバー。2009年のF1ワールドチャンピオンである。 (出典:Wikipedia)

「ジェンソン・バトン」Q&A

  • Q&A

    ジェンソン・バトンがSGTのドライバーになれば益々SGTは盛り上がると思いますか。

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月6日 01:52

  • Q&A

    来季のGT500クラスに、ジェンソン・バトンは参戦する可能性は有りでしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年12月11日 23:45

  • Q&A

    2012年のF1グランプリの鈴鹿で日本の小林可夢偉選手が3位フィニッシュしましたよね…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年12月7日 16:28

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジェンソン・バトン」のつながり調べ

  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たジェンソン・バトン

    2004年は、ジェンソン・バトンが抜けると云われていたB・A・Rとマーク・ウェバーのチームメイトを探していたウィリアムズからオファーがあり、“いよいよF1復帰か?!”とストーブリーグの話題となった。一方でメルセデス・ベンツがハッキネンをDTMに誘っていた。結局『AMG-メルセデスCクラス』からDTMへ参戦することを決め、これにより2005年以降、F1復帰する可能性は消滅した。ハッキネンは「DTMのテストに参加し、F1とは違う面白さを味わった」と参戦理由を語っている。年が開け、DTMが開幕。第2戦ユーロスピードウェイでファステストラップ(FL)を叩き出し、第3戦スパ・フランコルシャンでは初ポールポジション(PP)を獲得。決勝でもFLで初優勝を果たした。(ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たジェンソン・バトン

    2010年シーズンも残すところあと4戦。ドライバーズランキングはマーク・ウェバー(レッドブル)が202点でトップに立ち、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が191点、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が182点、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が181点、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が177点と続いている。アロンソはイタリアGP、シンガポールGPと2連勝して日本GPを迎えた。(2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード