前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示
  • 2012年マレーシアグランプリ

    2012年マレーシアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    マクラーレンのルイス・ハミルトンが前戦オーストラリアグランプリに続きポールポジションを獲得した。チームメイトのジェンソン・バトンが続き、2戦連続マクラーレンのフロントロー独占となった。3位にはメルセデスのミハエル・シューマッハが入り、2010年の復帰以来最高位を獲得した。2012年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダF1

    ホンダF1から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2005年シーズンは、開幕当初レギュレーション変更に伴う影響をマシン設計に十分反映できていなかったことから出遅れ、ようやく、第4戦サンマリノGPで3、5位でフィニッシュし復活の兆しを見せたと思われるや、レース後の車検で重量違反が発覚し、その後の裁定でサンマリノGPのリザルト取り消しおよびその後2戦(スペインGP、モナコGP)の出場停止となってしまった。しかし、その後巻き返しを見せて、第8戦カナダGPでポールポジションを獲得、第12戦ドイツGP、第16戦ベルギーGPではジェンソン・バトンが表彰台を獲得したが、コンストラクターズランキングは6位に終わった。ホンダF1 フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    特筆すべきは第18戦日本GP。予選ではタイムアタック直前に雨が降り出すという不運に見舞われ17位スタートとなるが、決勝のオープニングラップで12番手まで順位を上げると、怒濤の追い上げで20周目には7番手までポジションを上げた。その後もじわじわと順位を上げ38周目のジャンカルロ・フィジケラのピットストップと、41周目のジェンソン・バトンのピットストップによりトップに立つが、残り8周でのピットインにより、首位をジャンカルロ・フィジケラに明け渡し2位に後退する。しかし1秒以上速いペースで追い上げその差を取り戻し、ファイナルラップの1コーナーでフィジケラをアウトからオーバーテイクし、優勝を果たすレースを展開した。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • ハンガロリンク

    ハンガロリンクから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    低速サーキットのハンガロリンクでは、思わぬ波乱が起こる事も多い。特にコースが改修された2003年以降は波乱が多く起こり、2002年から2008年まで毎年、ハンガリーGPの勝者は変わっている。デイモン・ヒル、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン、ヘイキ・コバライネンとここで初優勝を挙げた者も多い。予選重視という事でポールシッター有利と思われがちであるが、これまでのハンガリーGPのポールシッターは26戦11勝であり、勝率がかなり低い。ハンガロリンク フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンのバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグ、アルグエルスアリ、ブエミ、ハイドフェルド、リウッツィがQ2敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2004年は、レース直前に降った雨の影響から、このシーズンに圧倒的な強さを見せていたフェラーリのミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロがレース序盤に中団以降に後退することとなった。これにより、B・A・Rホンダのジェンソン・バトンの自身F1初優勝とホンダ第3期参戦後初優勝が期待されたが、フェラーリ勢の驚異の追い上げの前に敗れることとなり、結果としてフェラーリ勢の2年ぶりの1-2フィニッシュ及び3年連続のフェラーリの優勝を許すこととなった。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年日本グランプリ (4輪)

    2011年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    「日本が第二の故郷」というジェンソン・バトンを始め、他のドライバー達からも「日本を励ますために素晴らしいレースを見せる」というコメントが寄せられた。ヘルメット頭頂部に漢字の「絆(きずな)」の文字を入れたベッテルを含め、F1関係者は各々の方法で日本へのメッセージを伝えた。2011年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スティグ

    ザ・スティグから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホワイトスティグはトップギア・テストトラックでスズキ・リアナに乗り1分44秒4を出した。これはナイジェル・マンセルやジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトン、デイモン・ヒルなどのF1ドライバーの記録を上回る記録であり、第15シーズン3回目の放送でルーベンス・バリチェロが破るまで最速記録だった。ザ・スティグ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    最初にトゥルーリがタイムを出すが、その後チームメイトのティモ・グロック、バリチェロ、ベッテルの順にトップタイムを更新していく。残り1分を切ったところでバリチェロがトップに出るが、ミスをしながらも再びベッテルがトップタイムを更新する。ここでグリッド確定かと思われたが、残り2秒でコントロールラインを通過したジェンソン・バトンがトップタイムをたたき出す。バトンは今期3度目のポールポジション獲得。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年イタリアグランプリ

    2010年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    セバスチャン・ベッテル、ジェンソン・バトン、フェルナンド・アロンソがベルギーグランプリでノーポイントとなったためルイス・ハミルトン がドライバーズチャンピオンシップの1位となり、 マーク・ウェバー が3ポイント差で追う展開となっていた。山本左近はカルン・チャンドックに代わり再び出場することとなった。2010年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード