前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示
  • 2000年オーストラリアグランプリ

    2000年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ポールポジションからスタートしたマクラーレンのミカ・ハッキネンと、2番手スタートのチームメイトデビッド・クルサードは共にエアバルブのトラブルでリタイアとなった。3名のドライバー、ウィリアムズのジェンソン・バトン、プロスト・グランプリのニック・ハイドフェルド、ミナルディのガストン・マッツァカーネがF1デビューを果たした。バトンとマッツァカーネはリタイアとなったが、ハイドフェルドは2周遅れの9位で完走となった。2000年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年マレーシアグランプリ

    2012年マレーシアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    マクラーレンのルイス・ハミルトンが前戦オーストラリアグランプリに続きポールポジションを獲得した。チームメイトのジェンソン・バトンが続き、2戦連続マクラーレンのフロントロー独占となった。3位にはメルセデスのミハエル・シューマッハが入り、2010年の復帰以来最高位を獲得した。2012年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年日本グランプリ (4輪)

    2016年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ニコ・ロズベルグが鈴鹿では3年連続のポールポジションを獲得した。フロントローはメルセデスが占め、フェラーリ(ただし2台ともペナルティのためグリッド降格)、レッドブル(フェラーリ2台のペナルティにより2台ともセカンドローを獲得)が続いた。ハースが初めて2台ともQ3に進出した一方、マクラーレンはホンダのホームグランプリだったが振るわず、ジェンソン・バトンがQ1で、フェルナンド・アロンソがQ2で敗退した。2016年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ハンガロリンク

    ハンガロリンクから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    低速サーキットのハンガロリンクでは、思わぬ波乱が起こる事も多い。特にコースが改修された2003年以降は波乱が多く起こり、2002年から2008年まで毎年、ハンガリーGPの勝者は変わっている。デイモン・ヒル、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン、ヘイキ・コバライネンとここで初優勝を挙げた者も多い。予選重視という事でポールシッター有利と思われがちであるが、これまでのハンガリーGPのポールシッターは31戦13勝であり、勝率がかなり低い。ハンガロリンク フレッシュアイペディアより)

  • ホンダF1

    ホンダF1から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2005年シーズンは、開幕当初レギュレーション変更に伴う影響をマシン設計に十分反映できていなかったことから出遅れ、ようやく、第4戦サンマリノGPで3、5位でフィニッシュし復活の兆しを見せたと思われるや、レース後の車検で重量違反が発覚し、その後の裁定でサンマリノGPのリザルト取り消しおよびその後2戦(スペインGP、モナコGP)の出場停止となってしまった。しかし、その後巻き返しを見せて、第8戦カナダGPでポールポジションを獲得、第12戦ドイツGP、第16戦ベルギーGPではジェンソン・バトンが表彰台を獲得したが、コンストラクターズランキングは6位に終わった。ホンダF1 フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    特筆すべきは第18戦日本グランプリ。予選ではタイムアタック直前に雨が降り出すという不運に見舞われ17位スタートとなるが、決勝のオープニングラップで12番手まで順位を上げると、怒濤の追い上げで20周目には7番手までポジションを上げた。その後もじわじわと順位を上げ38周目のジャンカルロ・フィジケラのピットストップと、41周目のジェンソン・バトンのピットストップによりトップに立つが、残り8周でのピットインによって、首位をジャンカルロ・フィジケラに明け渡し2位に後退する。しかし1秒以上速いペースで追い上げその差を取り戻し、ファイナルラップの1コーナーでフィジケラをアウトからオーバーテイクし優勝を果たす、というレースを展開した。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フェラーリのキミ・ライコネンを先頭に各マシンがコースにで出る。ベッテルがトップタイムのまま残り時間がなくなるが、チームメイトのマーク・ウェバーがトップタイムを更新する。その後ブラウンGPのジェンソン・バトンがウェバーのタイムを更に上回る。しかし最後の最後でベッテルが再びトップタイムを更新し、中国グランプリ以来今期2度目、通算3度目のポール・ポジションを獲得する。4年連続ポール・トゥ・ウィン、3年連続ハットトリックがかかっていたフェリペ・マッサは7番手に留まった。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年モナコグランプリ

    2009年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    再開後ブラウンGPのジェンソン・バトンがトップタイムをたたき出す。残り時間が0の中ウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを更新し、Q1が終了。フォース・インディアは初めて2台そろってQ2進出を果たす。トヨタの2台とBMWザウバーの2台が敗退、クラッシュしたハミルトンはその後16番手まで下がり、結局Q1敗退となった。2009年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    しかし、セッション途中から再び激しい雨が降り始め、終盤に出走したドライバー(前戦の上位入賞者)はスロー走行しかできなかった。その結果、13番目にアタックしたトヨタのラルフ・シューマッハが、2年連続となる日本GPのポールポジションを獲得。14番目にアタックしたBARのジェンソン・バトンが2位となった。思わぬ天候の演出により、トヨタとホンダ(エンジン)が日本GPのフロントローを分け合う形になった。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2015年バーレーングランプリ

    2015年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ? ジェンソン・バトンはマシントラブルによりタイムを計上できなかったが、スチュワードの判断により決勝出走が認められた。2015年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード