151件中 91 - 100件表示
  • ホンダ・RA108

    ホンダ・RA108から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ RA108はホンダが2008年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトン。2008年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。ホンダ・RA108 フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・モス

    スターリング・モスから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    「彼はライオンの口に頭を突っ込んだようなものだよ」 - 2010年にルイス・ハミルトン中心のマクラーレンへの移籍を決めたジェンソン・バトンについて。スターリング・モス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ポールポジションはフェリペ・マッサが獲得し、以下ミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ、ヤルノ・トゥルーリ、フェルナンド・アロンソ、ジャンカルロ・フィジケラ、ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、ニック・ハイドフェルド、ニコ・ロズベルグの順でグリッドが確定した。上位4列目まではフェラーリ(ブリヂストン)、トヨタ(ブリヂストン)、ルノー(ミシュラン)、ホンダ(ミシュラン)という並びになり、鈴鹿における力関係をあらわす結果となった。トヨタは母国グランプリでフェラーリに次いでセカンドローを独占し、好位置につけた。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ルノーは本格的なF1復帰にあたり、2001年にはワークスエンジンをベネトンに供給し、スーパーテックエンジンの供給中止を決定した。同時に、オーナーのベネトン一家が離脱し、ベネトン体制は終焉を迎えたが、このシーズンのみはベネトン・フォーミュラとして戦う事になった。また、ルノーの長年のパートナーであるオイルサプライヤーエルフも復帰した。エンジンは新設計のRS21を投入するが、111度のVバンクなど革新的な要素の多いこのエンジンは信頼性に欠け、マシンの競争力に苦しんだ。ドライバーはフィジケラに加えウィリアムズからレンタルの形でジェンソン・バトンを獲得したが、ベルギーGPでの3位(フィジケラ)を最上位に10ポイントを獲得したに留まり、コンストラクターズランキングではチーム史上最低の7位に終わった。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • 山田 優

    山田優から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年8月のF1ハンガリーGPにおいて、地上波で放送される前に自身の公式ブログに結果(ジェンソン・バトンの優勝)を記載してしまった。その日のブログには多数のコメントの投稿があり、バトンの優勝を一緒に喜ぶものもあったが、「ネタバレ」という批判もあったことから、翌日ブログ上で謝罪した。山田優 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    雨のQ1は、ルーベンス・バリチェロ・ネルソン・ピケJr.・中嶋一貴・ジェンソン・バトン・エイドリアン・スーティルの5名が脱落。この時点では、まだ波乱の様相を見せていなかった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラウン・BGP001

    ブラウン・BGP001から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダからのチーム譲渡が遅れたため、マシンの登場は開幕戦3週間前にまでずれこみ、3月6日にシルバーストンでジェンソン・バトンがシェイクダウンを行った。このシェイクダウンでマシンの名称が「BGP001」である事が明らかにされた。3月にシェイクダウンを行ったのは全10チーム中、フォースインディア VJM02(3月1日)と、トロ・ロッソ STR4(3月9日)で、全チーム中2番目に遅いシェイクダウンとなった。しかし、3月9日から12日に行われたバルセロナ合同テストや、3月15日から17日に行われたヘレス合同テストではいきなりトップタイムを記録した。「スポンサー獲得のために燃料を軽くしてタイムを出している」という穿った見方もあったが、燃料を積んだレースシミュレーションでも圧倒的なペースを披露し、他チーム関係者を震撼させた。ブラウン・BGP001 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーターゲート事件

    ウォーターゲート事件から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フォーミュラ1 - 大きな事件が起こるたびに、メディアによって「○○ゲート」(○○には当事者の名前など)という造語が作られる。バトンゲート、ステップニーゲート、ラスカスゲート、クラッシュゲート等。ウォーターゲート事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    このセーフティカー導入のタイミングを突いて、ピットインする車が続出。しかし、スペアカー選択のモントーヤとB・A・R勢はピットインしなかった。本線がラルフのマシン撤去の影響で低速で通過しなければならなかったため、ピットインしたミハエルがトップを維持したまま隊列に復帰した。ジェンソン・バトンは24周目に、琢磨は25周目にピットインした。しかし、27周目にバトンが再びピットイン。ギヤボックストラブルが発生しリタイヤしてしまう。この時点で琢磨は10番手を走行していた。ここからオーバーテイクの連発。デビッド・クルサード、ジャンカルロ・フィジケラ、オリビエ・パニスをかわし、2回目のピットストップを終えて5位。さらにモントーヤの失格で4位に浮上。このとき、トップ争いも白熱していた。ミハエルより後にピットインをし、フレッシュタイヤを履くバリチェロがトップのミハエルの隙をうかがう。しかし、追い抜くまでには至らず、ミハエル、バリチェロのフェラーリ1-2でレースは進行する。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年アブダビグランプリ

    2012年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    迎えたスタートではフロントロースタートのウェバーの蹴り出しが悪く4番手スタートのライコネンが一気に2番手に踊り出た。アロンソはバトンを抜き更に9コーナーを過ぎてからの2つ目のロングストレートでウェバーを抜き4番手に浮上。後方ではヒュルケンベルグがスタートで他車に挟まれサンドイッチ状態になりセナと接触してリタイア。2周目にはトップのハミルトンが8コーナーでオーバーシュート、その後のストレートで2位のライコネンに迫られるもなんとかポジションを守った。一方ピットレーンスタートのベッテルも同じく8コーナーでセナと接触、フロントウィング右側にダメージを受け一時はピットクルーもピットストップの準備をしたがそのまま走り続ける。2012年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

151件中 91 - 100件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード