197件中 91 - 100件表示
  • 2016年ハンガリーグランプリ

    2016年ハンガリーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ハーフウエットからドライに路面コンディションが変わっていく中で行われた。このため開始直後は各車インターミディエイトを履いたが、次第にドライタイヤに交換されていった。残り2分でアロンソがトップに立ったが、終盤にフェルスタッペン、ロズベルグ、リカルドに逆転され4位。ジェンソン・バトンも7位に入り、マクラーレン・ホンダ復活後初めて2台ともQ3進出を果たした。ハミルトンは10位で辛うじてQ3に進出した。キミ・ライコネンは14位に終わりQ2で敗退した。2016年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q1、Q2でベストタイムを記録したフェリペ・マッサがQ3でもトップに立つが、終了寸前にキミ・ライコネンがベストタイムをマークし、2戦連続のポールシッターとなった。3、4番手にはホンダ勢のルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトンがつけたが、バトンはフリー走行中のエンジンブローでエンジン交換のペナルティを受け、10グリッド後退して14位スタートとなる。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年ブラジルグランプリ

    2003年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    魔の3コーナーでは31周目にヨス・フェルスタッペン、33周目にはジェンソン・バトンがクラッシュし、3度目のセーフティカーが導入された。すでに雨は上がっていたが、この区間が危険なため、各車レインタイヤでの走行を続けた。2003年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・フォード

    フォーミュラ・フォードから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    このカテゴリーを経てフォーミュラ1などのトップフォーミュラで活躍しているドライバーも多く、F1チャンピオン経験者としては、アイルトン・セナやナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどがこのカテゴリーからフォーミュラのキャリアを開始している。フォーミュラ・フォード フレッシュアイペディアより)

  • ブラウンGP

    ブラウンGPから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    エンジンはメルセデスから供給を受け、レースドライバーは2008年のホンダと同じくジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロの2名に決定した。リサーブドライバーは当初はアレクサンダー・ヴルツが続投する予定だったが、開幕直前になってアンソニー・デビッドソンに変更された。この点についてニック・フライは「ヴルツを雇えるほど我々は裕福ではない」とコメントしている 。ヴルツはチームにアドバイザーとして残留することとなった。ブラウンGP フレッシュアイペディアより)

  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    3位のジェンソン・バトン(マクラーレン)と10位のニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)はともにギアボックス交換のペナルティを受け、バトンは8番グリッド、ヒュルケンベルグは15番グリッドに降格した。バトンの降格により、4位の小林可夢偉(ザウバー)が日本GPにおいて日本人選手最高となる3番グリッドからスタートすることになった。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-31

    マクラーレン・MP4-31から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    第2戦バーレーンGPでストフェル・バンドーン(このレースのみ、開幕戦オーストラリアGPで負傷したフェルナンド・アロンソの代走として出場)が10位入賞を果たすと、第4戦ロシアGPでアロンソが6位、ジェンソン・バトンが10位でダブル入賞。第5戦スペインGPではアロンソがマクラーレン・ホンダ復活後初のQ3進出を果たした。続く第6戦モナコGPでもアロンソがQ3進出、決勝ではアロンソが5位、バトンは9位で2度目のダブル入賞。第9戦オーストリアGPでは、天候がめまぐるしく変わる中で、バトンが予選5位を獲得し前車2台のペナルティにより3番手スタートとなった(決勝は6位入賞)。第11戦ハンガリーGPではアロンソとバトンが揃ってQ3進出を果たした。第13戦ベルギーGPではアロンソがフリー走行や予選で度重なるマシントラブルに見舞われ、決勝は最後尾スタートとなったが7位入賞。第14戦イタリアGPではアロンソがファステストラップを記録した。第16戦マレーシアGPではアロンソが最後尾スタートから7位、バトンは9位で3度目のダブル入賞。ホンダのホームグランプリとなる日本GPは前年同様振るわなかったが、次のアメリカGPではアロンソが5位、バトンが9位で4度目のダブル入賞を果たした。最終戦アブダビGPでバトンが引退を表明した。マクラーレン・MP4-31 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウィリアムズはBMWエンジンを搭載。ジェンソン・バトンをチームメイトに迎える。開幕戦で3位表彰台と上々の滑り出しをみせるが、結局未勝利に終わる。リタイアは7回を数え、ランキングでは24ポイントにとどまるも、前年より一つ上の5位となった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年カナダグランプリ

    2015年カナダグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ? ジェンソン・バトンはERSのトラブルのため予選に出走できなかったが、スチュワードの許可を受け決勝は最後尾からのスタートとなる。また、このトラブルでシーズン中の上限を超える5機目のパワーユニットに交換したことにより15グリッド降格ペナルティが科されたが、グリッド最後尾のため消化できずドライブスルーペナルティに振り替え2015年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年カナダグランプリ

    2012年カナダグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2もバトンは0.008秒差で小林可夢偉をかわしてのQ3進出となった。2012年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 91 - 100件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード