197件中 111 - 120件表示
  • 2013年オーストラリアグランプリ

    2013年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    以降のフィニッシュ順位は、2位アロンソ・3位ベッテルとチャンピオン経験者が表彰台を独占した。一時は首位に躍り出て見せ場を作ったスーティルは、最後のスティントで使ったスーパーソフトタイヤがうまく働かず順位を落としたものの、チームメイトのディ・レスタを従え7位でフィニッシュし、1年ぶりの復帰戦で健在ぶりをアピールした。フォースインディアの躍進とは反対にマクラーレンはペースが悪く厳しい戦いを強いられ、バトンが何とか9位でポイントを獲得したものの、ペレスはポイント圏内に届かない11位に終わった。2013年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年オーストラリアグランプリ

    2014年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    天候は前日と違い晴天だったものの、マルシャの2台がスタートが決められず周回数1週減算の上やり直しと言う波乱のスタート。再スタートも、第1コーナーで小林可夢偉(ケータハム)がブレーキトラブルで止まり切れずフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)に接触し共にリタイア、優勝最有力候補と目されたルイス・ハミルトン(メルセデス)と、セバスチャン・ベッテルがエンジントラブルで早々に離脱と言う大波乱。その後も、レギュレーションの大きな変更が起因するトラブルで泣かされたドライバーが少なくなかったものの、災難を受けなかったニコ・ロズベルグはスタートで先頭に踊り出てからは独走。後続を20秒以上突き放す圧勝でシーズン初戦を制した。なお、2位(ケビン・マグヌッセン)・3位(ジェンソン・バトン)は前年大不振に終わったマクラーレンの2台が獲得。マッサの早々の離脱や自身のタイヤトラブルと言う苦境はあったものの、バルテッリ・ボッタスがウィリアムズに5位をプレゼントすると言う大健闘。逆に、前年のチャンピオンチームのレッドブルは、前年王者のセバスチャン・ベッテルがパワーユニットトラブルで早々のリタイア、チームメイトのダニエル・リチャルドは2位でフィニッシュしたもののレギュレーション違反(最大燃料流量違反)で失格と言う散々な結果に終わった。2014年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年イタリアグランプリ

    2015年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ? ジェンソン・バトンは9基目のパワーユニットエレメント交換のため、5グリッド降格ペナルティが科された(他車のペナルティ及び規定により15番グリッドに昇格)2015年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタリー・ペトロフ

    ヴィタリー・ペトロフから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2010年12月22日、ルノーはペトロフの残留を発表した。開幕戦オーストラリアGPの予選では、チームメイトのニック・ハイドフェルドがトラフィックにつかまりQ1で敗退する中でQ3に進出し、自己ベストとなる6位グリッドを獲得した。更に決勝ではスタートでジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソをパスし4番手に浮上すると、更に2ストップ作戦が成功しマーク・ウェバーもかわして3番手に浮上。そのまま最後までポジションを落とすことなく粘りある走りを見せ、見事3位でフィニッシュ。自身初の表彰台を獲得した。その後は堅実な走りを見せたものの、車が他チームの戦闘力アップに対抗できなかったこともあり、ポイント圏内外をさまよう成績となる。最終的にはポイントランキング10位でシーズンを終えた。ポイントランキングではハイドフェルドを上回ったが、レース数に差があるため平均獲得ポイントはハイドフェルドより低い。ヴィタリー・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリーグランプリ

    ハンガリーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年 - ジェンソン・バトン(ホンダ)がF1初優勝。ホンダのコンストラクターとしての勝利は1967年イタリアGP以来。ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年アブダビグランプリ

    2016年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2017年は開発ドライバー兼アンバサダーに退くジェンソン・バトンは、FIAの記者会見でF1引退を表明した。バトンはこのレース限定でドライバーズチャンピオンを獲得した(ブラウンGP)当時のイエローヘルメットを着用する。2016年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ベルギーグランプリ

    ベルギーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2年ぶりにカレンダーに復活を果たした2004年のレースでは、フェラーリのミハエル・シューマッハが5年連続7回目のチャンピオンを決定した。これはファン・マヌエル・ファンジオの4年連続を上回る、史上最長期間連続のチャンピオン獲得の記録となった。また、ミシュランタイヤのトラブルにより、B・A・Rのジェンソン・バトンなど数名のドライバーがリタイアとなるが、高速走行中のもので、一歩間違えば大惨事につながりかねないものであった。ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2010年は、週末を通して好調だった、フェラーリのフェルナンド・アロンソがポールポジションを獲得。決勝ではフロントローにつけたマクラーレンのジェンソン・バトンにスタートで先行を許すもピットストップで逆転、その後はファステストラップを刻みながら他を寄せ付けない走りで優勝を果たした。フェラーリ移籍初年度でお膝元であるモンツァを勝利したドライバーは1996年のミハエル・シューマッハ以来14年ぶり、ハットトリックを決めたドライバーとしては1950年からフェラーリがF1に参戦してから史上初となる歴史的快挙である。フェラーリの母国凱旋でのハットトリックはこの年のドライバーズチャンピオンシップに望みを繋ぐだけでなくチームの士気をさらに高める大きな勝利となった。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ヤルノ・トゥルーリ

    ヤルノ・トゥルーリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2000年は、前年に引退したデイモン・ヒルが、自身の後任に強く推薦したこともあり、ジョーダンのシートを獲得。第7戦モナコGPの予選では見事2位を獲得。迎えた決勝では、トップのミハエル・シューマッハに離されながらも2位をキープしていたが、マシントラブルによりリタイアした(シューマッハもマシントラブルでリタイアしたため,初優勝のチャンスでもあった)。なおこの年、新人であり後のチームメイトとなるジェンソン・バトンとは幾度も接触事故をおこしている(ほぼすべてバトン側に非があった)。ヤルノ・トゥルーリ フレッシュアイペディアより)

  • インテルラゴス・サーキット

    インテルラゴス・サーキットから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    サンパウロ市街の高層アパートが立ち並ぶ住宅地にあるためアクセスは良いものの、最終コーナーの奥にはスラム街(「ファヴェーラ」と呼ばれる)があるなど周辺の治安は良くない。特にグランプリウィークになると、レース関係者を狙った盗難や強盗事件などが頻発しており、レース関係者であることを隠すためにチームスタッフに対して、サーキット外でのチームユニホーム着用禁止を発令しているチームもあるほど。2010年にはジェンソン・バトンを乗せた車が武装した強盗団に狙われ、危うく難を逃れるという出来事があった。インテルラゴス・サーキット フレッシュアイペディアより)

197件中 111 - 120件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード