197件中 121 - 130件表示
  • トゥーンド

    トゥーンドから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    声 - ジェンソン・バトン(Jenson Button)トゥーンド フレッシュアイペディアより)

  • 2015年中国グランプリ

    2015年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ? ジェンソン・バトンは13位でフィニッシュしたが、49周目にパストール・マルドナドと接触したため、レース後5秒加算ペナルティを受け14位に降格。ペナルティポイント2点も併せて加算された。2015年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年中国グランプリ

    2012年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    オープニングラップを終えて戻ってきた順位は、ロズベルグ、シューマッハ、バトン、ライコネン、ハミルトン、ペレス、可夢偉、アロンソ、ウェバー、マッサであった。2012年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ベッテルはQ2,Q3はわずか1回のアタックでトップタイムをマークし、昨年のイタリアグランプリ以来、自身2度目のポールポジション獲得。フロントローにはアロンソが入った。開幕2連勝のジェンソン・バトンは5番手となった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    最優秀成長選手: ジェンソン・バトン(、F1)2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ロシアグランプリ

    2014年ロシアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    気温22度、路面温度27度の快晴の下、スタートが切られた。スタート後のターン2でハミルトンをかわそうとしたロズベルグだったが、タイヤをロックさせ、フラッドスポットを作り、1周目にピットインし、最後尾に落ちた。ハミルトン以下、ボッタス、バトン、アロンソ、ベルニュ、マグヌッセンが続く。3周目にマグヌッセンがベルニュをかわすと、翌周にはベルニュはレッドブルの2台にもかわされた。序盤はミスで後退したロズベルグと、予選でトラブルに見舞われたマッサの追い上げが目覚ましく、圧倒的なストレートスピードで次々と前走車をパスしていく。その後、ピットストップを全車終了した時点でハミルトン、ボッタス、ロズベルグ、バトン、マグヌッセン、アロンソと続く。タイヤの温まらないボッタスを攻め、ロズベルグがボッタスをかわし、メルセデスワンツー体制が築かれた。終始安定したレースを見せたハミルトンが今季9勝目。1周目のミスで最後尾まで落ちたロズベルグが挽回の2位。メルセデスはこのレースで初のコンストラクターズタイトルを決めた。3位には終盤ファステストラップ連発のボッタスが入り、4位と5位には、バトン・マグヌッセンのマクラーレン勢が入り、なんとメルセデスPUトップ5独占という結果に終わった。2014年ロシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ウェルドン

    ダン・ウェルドンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウェルドンは4歳のときに父親の資金でカートを始めた。学業年齢の間にレースでの成績を上げていった。イギリス一般中等教育を終了する16歳までベッドフォードスクール(:en:Bedford School)に在籍した。フォーミュラカーレースのキャリア初期にウェルドンはジェンソン・バトンと争ったが、ウェルドンはアメリカに移住した。これはイギリスでキャリアを進めるにはウェルドンの家庭では充分な資金が供給できなかったからである。1999年にアメリカに移ると、ウェルドンはアメリカのフォーミュラ・フォード2000、トヨタ・アトランティックシリーズ、インディ・ライツなどの下級フォーミュラカーレースに参戦した。ダン・ウェルドン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ピッツォニア

    アントニオ・ピッツォニアから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2005年シーズンを迎えるにあたり、ウィリアムズは、ジャガーから移籍してきたマーク・ウェバーのチームメイトに、当初はB・A・Rのジェンソン・バトンを据えることを目論んでいたが、契約承認委員会の決定でそれを断念せざるを得なくなると、ピッツォニアとジョーダンのニック・ハイドフェルドの間のオーディションで決定することとしたが、ハイドフェルドにレギュラーシートを奪われた。アントニオ・ピッツォニア フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・ブルティ

    ルチアーノ・ブルティから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    1998年からイギリスF3に参戦し、1999年にシリーズ第2位を獲得。このとき第3位はF1での優勝経験があり、後のワールドチャンピオン、ジェンソン・バトンであった。この年の暮れに後にジャガーとなるスチュワートをテストし、2000年7月16日にエディ・アーバインの代役としてF1デビューを果たす。2001年にはジョニー・ハーバートの引退に伴い、正ドライバーになった。しかし、4レース出走しただけでペドロ・デ・ラ・ロサと変わることになった。ルチアーノ・ブルティ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ドイツグランプリ

    2009年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ソフトタイヤかインターミディエイトタイヤか選択を迫られる。Q3が始まり、各チームはけん制し合う。1分が経過し、ブラウンGPのジェンソン・バトンの様子を見てから各マシンがコースに出始める。バリチェロがトップタイムのまま時間が過ぎるが、残り30秒を切り、マクラーレンのルイス・ハミルトンがトップに出る。残り時間がなくなる中、ウェバーがトップタイムを更新、その後、ベッテル、バトン、バリチェロがタイムを更新するも、ウェバーには及ばない。ウェバーはデビューから132戦目にして初のポール・ポジションを獲得。トゥルーリの119戦に続く最も遅い記録となった。ブラウンGPのバリチェロ、バトンが2番手、3番手に続いた。スーティルは自己最高の7番グリッドを獲得。2009年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 121 - 130件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード