197件中 131 - 140件表示
  • 2009年イタリアグランプリ

    2009年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フェラーリのジャンカルロ・フィジケラが先頭でコースに入る。イタリア人ドライバーがフェラーリのステアリングを握り、イタリアグランプリに参戦するのはイヴァン・カペリ以来17年振りとあり、スタンドは沸きあがる。まずフィジケラがターゲットタイムをマークし、それをチームメイトのキミ・ライコネンが塗り替える。その後、ライコネンとブラウンGPのルーベンス・バリチェロの2人でトップタイムを更新し合う。更にそのタイムをブラウンGPのジェンソン・バトンとマクラーレンのルイス・ハミルトンが上回る。2009年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ルノーのフェルナンド・アロンソを残し、各マシンがアタックを開始。レッドブルの2台とブラウンGPのルーベンス・バリチェロの3台でトップタイムを更新し合う展開となる。残り5分を切ったところで各マシンが一旦ピットに戻り、再びアタックに出る。残り1分でバリチェロがマーク・ウェバーのタイムを上回るが、その直後にベッテルが再びトップに立つ。今期2度目のQ3となった中嶋はミスによりタイムを上げられず、残り10秒を切ったところでコントロールラインを通過し、最後のアタックにかける。ウェバーもポールポジションを狙って最後のアタックに入るが、キミ・ライコネンをうまくかわせずタイムを上げられない。中嶋は最後のアタックでタイムをのばし、ジェンソン・バトンを上回って自己最高の5グリッドを獲得。ベッテルがトルコGP以来今期3度目のポールポジションを獲得。2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 日本グランプリ (4輪)

    日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    佐藤は同年のアメリカGPに続く母国での表彰台が期待されたが、チームメイトのジェンソン・バトンに先行され惜しくも4位に終わった。日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    このセーフティカー導入のタイミングを突いて、ピットインする車が続出。しかし、スペアカー選択のモントーヤとB・A・R勢はピットインしなかった。本線がラルフのマシン撤去の影響で低速で通過しなければならなかったため、ピットインしたミハエルがトップを維持したまま隊列に復帰した。ジェンソン・バトンは24周目に、琢磨は25周目にピットインした。しかし、27周目にバトンが再びピットイン。ギヤボックストラブルが発生しリタイヤしてしまう。この時点で琢磨は10番手を走行していた。ここからオーバーテイクの連発。デビッド・クルサード、ジャンカルロ・フィジケラ、オリビエ・パニスをかわし、2回目のピットストップを終えて5位。さらにモントーヤの失格で4位に浮上。このとき、トップ争いも白熱していた。ミハエルより後にピットインをし、フレッシュタイヤを履くバリチェロがトップのミハエルの隙をうかがう。しかし、追い抜くまでには至らず、ミハエル、バリチェロのフェラーリ1-2でレースは進行する。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    レースは第1コーナーでの2つの大きなクラッシュから始まった。このアクシデントで7台がリタイアする。ターン1でマーク・ウェバーがクリスチャン・クリエンと接触、クリエンはスピンしフランク・モンタニーと接触、コースアウトした。ターン2でファン・パブロ・モントーヤがチームメイトのキミ・ライコネンと接触する。モントーヤは次にジェンソン・バトンと衝突、右フロントタイヤがBMWザウバーのニック・ハイドフェルドに接触した。モントーヤはまたトロロッソのスコット・スピードにもぶつかった。これらのアクシデントでも負傷した者はいなかった。アクシデント後も順位は変わらなかったが、唯一のバトルがデヴィッド・クルサード、ニコ・ロズベルグ、ヴィタントニオ・リウッツィの間で行われた。ロズベルグが争いに敗れ、完走したドライバーの中で唯一無得点となった。また、リウッツィはトロロッソに初のポイントをもたらした。モントーヤはレース後にチームを離れ、2007年シーズンはアーンハート・ガナッシ・レーシングからNASCARに参戦することを発表した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ポールポジションはフェリペ・マッサが獲得し、以下ミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ、ヤルノ・トゥルーリ、フェルナンド・アロンソ、ジャンカルロ・フィジケラ、ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、ニック・ハイドフェルド、ニコ・ロズベルグの順でグリッドが確定した。上位4列目まではフェラーリ(ブリヂストン)、トヨタ(ブリヂストン)、ルノー(ミシュラン)、ホンダ(ミシュラン)という並びになり、鈴鹿における力関係をあらわす結果となった。トヨタは母国グランプリでフェラーリに次いでセカンドローを独占し、好位置につけた。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー

    BMWザウバーから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2000年、ラルフ・シューマッハと、この年デビューとなるジェンソン・バトンを擁して迎える。開幕前の時点ではテスト時のタイムがあまりにも遅かったため「BMWはエンジン開発に失敗した」とのもっぱらの評判であったが、復帰戦となったオーストラリアGPで下馬評を覆す好走を見せ、見事に復帰戦を表彰台で飾り、シーズン自体も年間通して復帰初年度としては上々の出来で終える。BMWザウバー フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のF1世界選手権

    2002年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ワークス体制復活のルノーはエンジンパワーが不足していたが、ジェンソン・バトンとヤルノ・トゥルーリの活躍により、コンストラクターズチャンピオンシップ4位を獲得した。ただし表彰台にはあがれず、マレーシアGPではバトンが終盤にチャンスを逃し、結局2回の4位が最高位であった。トゥルーリも2回、4位を獲得したがリタイヤが多かった。2002年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ルノーは本格的なF1復帰にあたり、2001年にはワークスエンジンをベネトンに供給し、スーパーテックエンジンの供給中止を決定した。同時に、オーナーのベネトン一家が離脱し、ベネトン体制は終焉を迎えたが、このシーズンのみはベネトン・フォーミュラとして戦う事になった。また、ルノーの長年のパートナーであるオイルサプライヤーエルフも復帰した。エンジンは新設計のRS21を投入するが、111度のVバンクなど革新的な要素の多いこのエンジンは信頼性に欠け、マシンの競争力に苦しんだ。ドライバーはフィジケラに加えウィリアムズからレンタルの形でジェンソン・バトンを獲得したが、ベルギーGPでの3位(フィジケラ)を最上位に10ポイントを獲得したに留まり、コンストラクターズランキングではチーム史上最低の7位に終わった。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ドイツグランプリ

    2000年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    決勝はドライコンディションで始まったが、サーキット上空に黒雲が近づいており、レース中の降雨が予想された。16番グリッドのジェンソン・バトンはフォーメーションラップに出遅れ、最後尾スタートとなった。2000年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 131 - 140件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード