197件中 141 - 150件表示
  • 2005年ドイツグランプリ

    2005年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ライコネンは35ラップ目に油圧故障に襲われ、マシンを止めることとなった。これでライコネンは、ホッケンハイムでのレースを5年連続リタイヤで終えた。代わってフェルナンド・アロンソが首位に躍り出た。ミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロはブリヂストンタイヤの耐久性に苦しめられ、特にソフトコンパウンドを選択したシューマッハが顕著であった。ジェンソン・バトンがシューマッハをかわして2位に上昇したが、その後ピットイン、モントーヤが2位となる。モントーヤは2度目のピットインまでバトンを抑えた。最後の数周でタイヤのたれに苦しむシューマッハをジャンカルロ・フィジケラがかわし、4位に入った。2005年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年ドイツグランプリ

    2001年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンにとって今シーズン初、かつ唯一のポイント獲得となった。2001年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RA107

    ホンダ・RA107から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ・RA107はホンダが2007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトン。後述の車体カラーリングが話題を呼んだ。ホンダ・RA107 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RA108

    ホンダ・RA108から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ RA108はホンダが2008年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトン。2008年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。ホンダ・RA108 フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・クリエン

    クリスチャン・クリエンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダでテストドライバーとして活動。イギリスGPではジェンソン・バトンが背中痛を訴えたため、プラクティスセッションを1度だけ走行した。この年限りでホンダを離脱することを表明しているため、結果的にホンダでの公式セッションはこの1度だけということになった。また、シーズン中からレースシート獲得を見据え、ベルギーテストではホンダに所属しながらスパイカーF1でテストをした。同週にはホンダでもテストを行っていたため、1週間(正確には3日のテスト日程)で2つのチームを経験したことになる(マクラーレンテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサも2008年11月のバルセロナテストで、マクラーレン・フォースインディア両方から参加)。スパイカーでのレギュラーシート獲得を見据えたテストであったが、結局チームはスポンサーを欲していたこともあって山本左近にそのシートを奪われた。又、シーズンオフのバルセロナテストでもフォース・インディアでのテストに参加し、2008年のドライバー候補として名前が挙がったものの遂にはそのシートも獲得できなかった。クリスチャン・クリエン フレッシュアイペディアより)

  • アライヘルメット

    アライヘルメットから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトン - アライ以前はベルを使用。アライヘルメット フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のSUPER GT

    2017年のSUPER GTから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ陣営で参戦していたDrago Modulo Honda Racingが2016年限りで活動を休止すると発表した。これを受けて、ホンダでは2017年も5台参戦体制を維持することを表明、同チームの代わりになるチームを2016年内に発表できるよう検討を進めていると明らかにしており、12月14日にTEAM無限が参戦すると発表した。無限は2014年のGT300以来、GT500では2003年以来の自チームでの参戦となる。ゼッケンナンバーは16となり、ドライバーは武藤英紀と中嶋大祐がつとめ、タイヤはヨコハマを使用する。さらに第6戦ではサードドライバーとしてジェンソン・バトンをスポット起用する。また、中嶋大祐の移籍に伴いNAKAJIMA RACINGもドライバーが変更となり、松浦孝亮がARTAから移籍し、ベルトラン・バゲットとコンビを組むことになった。ARTAは移籍した松浦に代わり小林崇志が2012年以来のGT500復帰昇格、野尻智紀とコンビを組む事となった。2017年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • 山田優

    山田優から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年8月のF1ハンガリーGPにおいて、地上波で放送される前に自身の公式ブログに結果(ジェンソン・バトンの優勝)を記載してしまった。その日のブログには多数のコメントの投稿があり、バトンの優勝を一緒に喜ぶものもあったが、「ネタバレ」という批判もあったことから、翌日ブログ上で謝罪した。山田優 フレッシュアイペディアより)

  • ダニール・クビアト

    ダニール・クビアトから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    接触された側のベッテルはクビアトのことを嫌いになるほどではないと語っており、これがまかり通るのならかつてのレーサーはすべて降格処分になってしまうため、 ジェンソン・バトンはこの処分にtwitterで疑問を呈した。ただし荒い運転による自損癖は2015年日本グランプリの予選の段階で元から判明していたことでもあった。2016年モナコグランプリではケビン・マグヌッセンと接触するなど、速いが粗い独特の癖のあるドライビングを披露している。ダニール・クビアト フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    1月19日 - ジェンソン・バトン(イギリス、レーシングドライバー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

197件中 141 - 150件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード