197件中 11 - 20件表示
  • 2011年日本グランプリ (4輪)

    2011年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    「日本が第二の故郷」というジェンソン・バトンを始め、他のドライバー達からも「日本を励ますために素晴らしいレースを見せる」というコメントが寄せられた。ヘルメット頭頂部に漢字の「絆(きずな)」の文字を入れたベッテルを含め、F1関係者は各々の方法で日本へのメッセージを伝えた。2011年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • Fダクト

    Fダクトから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    この装置への対応は、前年のマルチ・ディフューザー騒動と同じ経緯をたどった。オフシーズンの合同テストでMP4-25を見たライバルチームは、レギュレーション違反ではないかと抗議し、ジャーナリストたちは「バトンゲート」や「クラッシュゲート」になぞらえて「ニー・ゲート(Knee Gate)」と呼んだ。Fダクト フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スティグ

    ザ・スティグから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホワイトスティグはトップギア・テストトラックでスズキ・リアナに乗り1分44秒4を出している(「Star in a Reasonably Priced Car」のタイム)。これはナイジェル・マンセルやジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトン、デイモン・ヒルなどのF1ドライバーの記録を上回る記録であり、第15シーズン3回目の放送でルーベンス・バリチェロが破るまで最速記録だった。ザ・スティグ フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 006

    B・A・R 006から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    第4戦サンマリノグランプリでジェンソン・バトンがチーム初めてとなるポールポジションを獲得した。チーム初優勝は果たせなかったが、バトンは表彰台10回を獲得してドライバーズランキング3位となった。B・A・R 006 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ベルギーグランプリ

    2016年ベルギーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ニコ・ロズベルグがソフトタイヤでトップタイム。マックス・フェルスタッペンはスーパーソフトタイヤでアタックしたが、ロズベルグに届かず2位。フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが3位、セルジオ・ペレスが4位と続く。終盤にジェンソン・バトンが10位に入り、Q3進出を果たした。2016年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロス・ブラウン

    ロス・ブラウンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    F1でテクニカルディレクターとして所属したベネトンで1回、フェラーリで6回のコンストラクターズタイトルをもたらした。また、ミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン7回獲得にも貢献した。さらに2009年には自らがオーナーのチームとして新たにブラウンGPを興し、参戦初年度の新チームながらドライバーズチャンピオン(ジェンソン・バトン)及びコンストラクターズチャンピオンの二冠を達成する快挙を成し遂げている。ロス・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 2016年カナダグランプリ

    2016年カナダグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    午後の2回目、気温と路面温度が大幅に上がったがハミルトンが引き続きトップタイム。2位はセバスチャン・ベッテル。1回目でオイル漏れがあったジェンソン・バトンはICEをモナコGPで使用したものに戻している。2016年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年メキシコグランプリ

    2015年メキシコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ニコ・ロズベルグが4戦連続のポールポジションを獲得。ジェンソン・バトンはエンジントラブルで予選出走を見合わせた。2015年メキシコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年イタリアグランプリ

    2016年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    マクラーレンが2017年のドライバーラインナップを発表。フェルナンド・アロンソのチームメイトは、リザーブドライバーから昇格するストフェル・バンドーン。レギュラーシートを失うジェンソン・バトンは2年契約で残留、2017年はリザーブドライバーとしてマシン開発に専念し、2018年にはレースに復帰するオプション付きとなっている。2016年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンのバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグ、アルグエルスアリ、ブエミ、ハイドフェルド、リウッツィがQ2敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 11 - 20件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード