151件中 11 - 20件表示
  • 2004年ドイツグランプリ

    2004年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2004年ドイツグランプリ (Großer Mobil 1 Preis von Deutschland) は、2004年F1世界選手権の第12戦として、2004年7月25日にホッケンハイムリンクで開催された。ジェンソン・バトンが10グリッド降格のペナルティを受けながら2位に入賞した。このレースはクリスチアーノ・ダ・マッタにとって最後のF1レースとなった。次戦のハンガリーからリカルド・ゾンタが代わってトヨタのステアリングを握った。2004年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 006

    B・A・R 006から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    第4戦サンマリノグランプリでジェンソン・バトンがチーム初めてとなるポールポジションを獲得した。チーム初優勝は果たせなかったが、バトンは表彰台10回を獲得してドライバーズランキング3位となった。B・A・R 006 フレッシュアイペディアより)

  • Fダクト

    Fダクトから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    この装置への対応は、前年のマルチ・ディフューザー騒動と同じ経緯をたどった。オフシーズンの合同テストでMP4-25を見たライバルチームは、レギュレーション違反ではないかと抗議し、ジャーナリストたちは「バトンゲート」や「クラッシュゲート」になぞらえて「ニー・ゲート(Knee Gate)」と呼んだ。Fダクト フレッシュアイペディアより)

  • ロス・ブラウン

    ロス・ブラウンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    F1でテクニカルディレクターとして所属したベネトンで1回、フェラーリで6回のコンストラクターズタイトルをもたらした。また、ミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン7回獲得にも貢献した。さらに2009年には自らがオーナーのチームとして新たにブラウンGPを興し、参戦初年度の新チームながらドライバーズチャンピオン(ジェンソン・バトン)及びコンストラクターズチャンピオンの二冠を達成する快挙を成し遂げた。ロス・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    シーズン終了後、ジェンソン・バトンのマクラーレン移籍が発表され、マクラーレンのシートを喪失したが、12月14日に新興チーム・ロータス・レーシングへの移籍(3年契約)が発表された。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン

    マクラーレンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    11月16日にダイムラーAGがプレスリリースを発表し、ブラウンGPの76.1%の株式を取得、2010年よりメルセデス・グランプリとして参戦する事を発表した。それに伴いメルセデスとマクラーレンのパートナーシップは解消されるが、新たに2015年までのエンジンが供給される事が発表された。また、11月18日にはコバライネンに代わり、同年チャンピオンであるジェンソン・バトンの加入を発表した。マクラーレン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズF1

    ウィリアムズF1から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ、ルノーに続くパートナーとして、F1に復帰したBMWと提携。ル・マン24時間レースでの共同プロジェクトを経て、2000年より2009年までの長期契約を締結した。登録名はBMWウィリアムズF1 (BMW Williams F1) となり、マシンカラーリングもBMWワークスの白と紺を基調としたものに変わった。2000年はラルフ・シューマッハと、テストで抜擢した新人ジェンソン・バトンのコンビで戦い、ラルフが開幕戦を含む3回の3位表彰台を獲得し、コンストラクターズ3位となった。ウィリアムズF1 フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年は開幕当初は車に適応するのに苦労し、チームメイトのジェンソン・バトンに大きく引き離される形となったが、車体と自身のドライビングスタイルがマッチしていくに従い調子を上げ、中盤に入ってバトンがスランプとなったことにも助けられ第10戦アメリカGPではポイントで並ぶことに成功した。後半戦はバトンが終盤7戦を優勝1回を含め全戦入賞するという破竹の勢いを見せたこともあって、再び大きく離されることとなったが、バリチェロ自身も同じ期間に4戦連続入賞を含め5戦で入賞するというまずまずの結果で終えた。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    そのブラジルグランプリでは、予選11位を記録。決勝ではポイント首位のジェンソン・バトンを18周に渡り抑えて、一時3位までポジションを上げたが、惜しくも入賞に一歩とどかず9位完走だった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ウェバー

    マーク・ウェバーから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    開幕戦地元のオーストラリアでも足を引きずる場面が見受けられ、不安視されたが、エイドリアン・ニューウェイが開発したRB5を操り、第2戦マレーシアGPでは6位入賞(レース距離が75%を満たしていなかったので、F1史上5度目となるハーフポイントとなり1.5ポイントを獲得)。続く第3戦中国GPでは、07年日本GPを思わせるような雨の中、この年からチームメイトとなったベッテルに敗れはしたものの、開幕2連勝中のブラウンGPのジェンソン・バトンとのバトルを繰り広げ、自己最高位である2位をもぎ取るなど、開幕前の不安とは裏腹にまずまずのスタートダッシュを切った。マーク・ウェバー フレッシュアイペディアより)

151件中 11 - 20件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード