197件中 21 - 30件表示
  • 2010年イタリアグランプリ

    2010年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    セバスチャン・ベッテル、ジェンソン・バトン、フェルナンド・アロンソがベルギーグランプリでノーポイントとなったためルイス・ハミルトン がドライバーズチャンピオンシップの1位となり、 マーク・ウェバー が3ポイント差で追う展開となっていた。山本左近はカルン・チャンドックに代わり再び出場することとなった。2010年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年アメリカグランプリ

    2016年アメリカグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンは1回目をソフトタイヤ、2回目はスーパーソフトタイヤでアタックしたが、いずれもトラフィックに引っかかりQ1で脱落。Q2ではチームのホームグランプリとなるハースのエステバン・グティエレスが脱落したが、ターン15でのロックアップに放送禁止用語を叫び悔しさを露わにした。フェルナンド・アロンソも12位でQ2脱落となっている。2016年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    最初にトゥルーリがタイムを出すが、その後チームメイトのティモ・グロック、バリチェロ、ベッテルの順にトップタイムを更新していく。残り1分を切ったところでバリチェロがトップに出るが、ミスをしながらも再びベッテルがトップタイムを更新する。ここでグリッド確定かと思われたが、残り2秒でコントロールラインを通過したジェンソン・バトンがトップタイムをたたき出す。バトンは今期3度目のポールポジション獲得。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年ドイツグランプリ

    2004年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2004年ドイツグランプリ (Großer Mobil 1 Preis von Deutschland) は、2004年F1世界選手権の第12戦として、2004年7月25日にホッケンハイムリンクで開催された。ジェンソン・バトンが10グリッド降格のペナルティを受けながら2位に入賞した。このレースはクリスチアーノ・ダ・マッタにとって最後のF1レースとなった。次戦のハンガリーからリカルド・ゾンタが代わってトヨタのステアリングを握った。2004年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年モナコグランプリ

    2017年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フェルナンド・アロンソはインディ500参戦のため欠場。前年をもってF1を引退したジェンソン・バトンが代走を務める。2017年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のF1世界選手権

    2017年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    4月12日、フェルナンド・アロンソがインディ500への参戦を表明。代役として前年引退し本年はマクラーレンのリザーブドライバーを務めるジェンソン・バトンが出走した。2017年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    翌2008年もテーマ曲は継続して使用されたが、件のアニメが廃止され、ネルソン・ピケ・ネルソン・ピケJr.、ケケ・ロズベルグ・ニコ・ロズベルグ、中嶋悟・中嶋一貴の親子ドライバーを中心に、キミ・ライコネン、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソのトップドライバー、ジェンソン・バトン、ティモ・グロックの日本ワークスドライバー、日本人ドライバーの佐藤琢磨が紹介された。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年は開幕当初は車に適応するのに苦労し、チームメイトのジェンソン・バトンに大きく引き離される形となったが、車体と自身のドライビングスタイルがマッチしていくに従い調子を上げ、中盤に入ってバトンがスランプとなったことにも助けられ第10戦アメリカGPではポイントで並ぶことに成功した。後半戦はバトンが終盤7戦を優勝1回を含め全戦入賞するという破竹の勢いを見せたこともあって、再び大きく離されることとなったが、バリチェロ自身も同じ期間に4戦連続入賞を含め5戦で入賞するというまずまずの結果で終えた。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    第16戦日本GPでは、決勝で非凡な走りを見せ徐々にではあるが復活の兆しを見せた。さらに第17戦韓国GPではウェット状態でセーフティカー先導でスタートし、4周目で赤旗中断となる荒れたレースであったがその間にチームが機転を利かせてマシンセットアップを雨用に変更し、レース再開直後、晴れ用セットの状態であったマクラーレンを操るジェンソン・バトンをオーバーテイクし4位でフィニッシュした。しかし最終戦アブダビGPではレーススタート直後にスピンを喫し、後続のリウッツィが避けきれずに接触、1周も走ることができずにリタイアという不本意な結果で最終戦を終えた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 道端ジェシカ

    道端ジェシカから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    福井県出身。2014年までは田辺エージェンシー所属(Poco'ce 1にて「最近独立したこともあって」と発言している)。2006年まではフライディに所属。その後、REVIVEに所属。元夫は元F1ドライバーのジェンソン・バトン。姉は道端カレン。妹は道端アンジェリカ。道端ジェシカ フレッシュアイペディアより)

197件中 21 - 30件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード