151件中 21 - 30件表示
  • F1グランプリ

    F1グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    翌2008年もテーマ曲は継続して使用されたが、件のアニメが廃止され、ネルソン・ピケ・ネルソン・ピケJr.、ケケ・ロズベルグ・ニコ・ロズベルグ、中嶋悟・中嶋一貴の親子ドライバーを中心に、キミ・ライコネン、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソのトップドライバー、ジェンソン・バトン、ティモ・グロックの日本ワークスドライバー、日本人ドライバーの佐藤琢磨が紹介された。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • セバスチャン・ベッテル

    セバスチャン・ベッテルから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2007年、第6戦カナダGPで大クラッシュしたロバート・クビサが、FIA医師団の判断により第7戦アメリカGPを欠場したため、代役として急遽F1に参戦することとなった。この19歳349日で参加したレースで8位に入賞し、ジェンソン・バトンの20歳67日を更新し、F1史上最年少入賞記録を樹立した。セバスチャン・ベッテル フレッシュアイペディアより)

  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フェラーリのキミ・ライコネンを先頭に各マシンがコースにで出る。ベッテルがトップタイムのまま残り時間がなくなるが、チームメイトのマーク・ウェバーがトップタイムを更新する。その後ブラウンGPのジェンソン・バトンがウェバーのタイムを更に上回る。しかし最後の最後でベッテルが再びトップタイムを更新し、中国グランプリ以来今期2度目、通算3度目のポール・ポジションを獲得する。4年連続ポール・トゥ・ウィン、3年連続ハットトリックがかかっていたフェリペ・マッサは7番手に留まった。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年モナコグランプリ

    2009年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    再開後ブラウンGPのジェンソン・バトンがトップタイムをたたき出す。残り時間が0の中ウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを更新し、Q1が終了。フォース・インディアは初めて2台そろってQ2進出を果たす。トヨタの2台とBMWザウバーの2台が敗退、クラッシュしたハミルトンはその後16番手まで下がり、結局Q1敗退となった。2009年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    しかし、セッション途中から再び激しい雨が降り始め、終盤に出走したドライバー(前戦の上位入賞者)はスロー走行しかできなかった。その結果、13番目にアタックしたトヨタのラルフ・シューマッハが、2年連続となる日本GPのポールポジションを獲得。14番目にアタックしたBARのジェンソン・バトンが2位となった。思わぬ天候の演出により、トヨタとホンダ(エンジン)が日本GPのフロントローを分け合う形になった。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • Jenson Button

    Jenson Buttonから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Jenson Button フレッシュアイペディアより)

  • J・バトン

    J・バトンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    J・バトン フレッシュアイペディアより)

  • J.バトン

    J.バトンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    J.バトン フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B201

    ベネトン・B201から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ドライバーはチーム在籍4年目となるジャンカルロ・フィジケラと、デビュー2年目・21歳のジェンソン・バトンの組み合わせ。ベネトン・B201 フレッシュアイペディアより)

151件中 21 - 30件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード