151件中 31 - 40件表示
  • デビッド・リチャーズ

    デビッド・リチャーズから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2001年にクレイグ・ポラックがBARチームを離れたことに伴うチーム再編成の過程で、彼らはチームの運営をプロドライブに委ね、リチャーズがチーム代表となった。彼の指揮のもと、BARチームは2004年のF1世界選手権でコンストラクターズ部門の第2位になるなど、改善が見られた。またリチャーズはジェンソン・バトンをチームに招き入れ、バトンは2004年にチームの選手権ポイントの過半数を得てチームの牽引力となった。しかし、2004年終盤にホンダがチームを買収すると、プロドライブとのマネージメント契約は終了しリチャーズはチーム代表を辞任したが、後継者には同じプロドライブのニック・フライが就任した。デビッド・リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R202

    ルノー・R202から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2001年にベネトン・フォーミュラを買収したルノーは、この年からワークスチームとして1985年以来17年ぶりとなるF1復帰を果たした。レギュラードライバーにはジャンカルロ・フィジケラの後釜として同じイタリア人のヤルノ・トゥルーリを起用し、チームメイトは前年からの継続でジェンソン・バトンとなった。また、この年からテストドライバーとしてフェルナンド・アロンソがチームに正式加入することになった。ルノー・R202 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年バーレーングランプリ

    2004年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ラップリーダー:ミハエル・シューマッハ 50 (1-9, 12-24, 28-41, 44-57), ルーベンス・バリチェロ 6 (10, 25-27, 42-43), ジェンソン・バトン 1 (11)2004年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トヨタのティモ・グロックがまずターゲットタイムをマークする。そのタイムをチームメイトのトゥルーリが上回り、トヨタのワンツー体制となる。残り20秒でブラウンGPのジェンソン・バトンが一時トップに出るが、直後にグロッグが再びトップに出る。更にそのタイムをチームメイトのトゥルーリが上回り、ポールポジションを獲得。トヨタは3度目、トゥルーリは2005年アメリカグランプリ以来、4度目のポールポジション獲得。また、トヨタはチーム史上初のフロントロー独占となった。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-26

    マクラーレン・MP4-26から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    MP4-26は予選ではレッドブルに太刀打ちできないものの、決勝では優れたレースペースを披露した。第3戦中国GPではルイス・ハミルトン、第7戦カナダGPではジェンソン・バトンがレッドブルのセバスチャン・ベッテルをコース上で逆転して優勝した。マクラーレン・MP4-26 フレッシュアイペディアより)

  • トルコグランプリ

    トルコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ルノーのフェルナンド・アロンソとのチャンピオンシップポイント差を26点ビハインドで迎えたマクラーレンのキミ・ライコネンはポールポジションからスタートするも、ルノーのジャンカルロ・フィジケラにスタート直後に交わされた。しかし1周目の12コーナー手前でフィジケラをで追い越すとそのまま独走態勢に入り、中盤以降はチームメイトのファン・パブロ・モントーヤと1-2体制を築いた。しかし、レース終盤にモントーヤがジョーダンのティアゴ・モンテイロと接触した影響からコースアウトする間に、アロンソが2位を奪い返し、チャンピオンシップ争いの「失点」を最小限に食い止めることに成功した。また、予選においては、B・A・Rのジェンソン・バトンと佐藤琢磨が8コーナーでのコースアウトにより大きくタイムロス、フェラーリのミハエル・シューマッハやザウバーのジャック・ヴィルヌーヴはスピンを喫するなどの波乱が見られた。トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウィリアムズの中嶋一貴、チームメイトのニコ・ロズベルグ、ホンダのジェンソン・バトン、フォース・インディアの2台がここで脱落となった。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年シンガポールグランプリ

    2009年シンガポールグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    残り1分を切り、Q3進出争いが激しくなる。12番手のBMWザウバーのロバート・クビサが6番手タイムをマークし、バリチェロがノックアウトゾーンに落ちるが直後に6番手タイムをマークし、今度はマーク・ウェバーがノックアウトゾーンに落ちる。今度はそのウェバーが2番手タイムをマークし、次にウィリアムズの中嶋一貴が11番手に落ちる。中嶋は直後にアタックを行うが自己ベストを更新できず、Q2が終了。中嶋、ブラウンGPのジェンソン・バトン、フェラーリのキミ・ライコネン、トロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ、トヨタのヤルノ・トゥルーリがQ2敗退となった。2009年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のF1世界選手権

    2005年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    第4戦サンマリノGPでB・A・Rのジェンソン・バトンの燃料タンクの構造が問題視され、最終的に僚友の佐藤琢磨も2戦欠場の裁定を受けた。また、第9戦アメリカGPではミシュランタイヤの不良で10チームのうち7チームがフォーメーションラップだけを走ってその後リタイヤするという大事件が起こる。このことが遠因となってミシュランは翌年いっぱいでF1から撤退した。2005年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2010年シーズンも残すところあと4戦。ドライバーズランキングはマーク・ウェバー(レッドブル)が202点でトップに立ち、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が191点、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が182点、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が181点、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が177点と続いている。アロンソはイタリアGP、シンガポールGPと2連勝して日本GPを迎えた。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

151件中 31 - 40件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード