151件中 41 - 50件表示
  • 2009年ハンガリーグランプリ

    2009年ハンガリーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    約30分程中断し、15時10分からQ3が始まった。マッサの負傷によりQ3は9台で争われることになった。ジェンソン・バトンはバリチェロと同じ部品が落ちないかどうかチェックを受けているために、8台でのポールポジション争いが始まる。残り時間が3分余りのところでバトンもコースに出てアタックを始める。1分を切ったところでロズベルグがトップタイムをマークするが、ここでタイミングモニターがおちてしまう。残り時間がなくなったところで一度もとに戻るがすぐにおちてしまう。最後のアタックを終えたドライバーたちは自分の順位が全く分からず、お互いのタイムを聞きあって自分の位置を確認し合う珍しい光景が見られる。数分後、モニターが復活し、アロンソがポールポジション、2位がベッテル、ウェバーはダメだと判断し、先に帰ってしまうが、3位だと分かり、連れ戻されることになる。2009年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・ブルティ

    ルチアーノ・ブルティから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    1998年からイギリスF3に参戦し、1999年にシリーズ第2位を獲得。このとき第3位はF1での優勝経験があり、後のワールドチャンピオン、ジェンソン・バトンであった。この年の暮れに後にジャガーとなるスチュワートをテストし、2000年7月16日にエディ・アーバインの代役としてF1デビューを果たす。2001年にはジョニー・ハーバートの引退に伴い、正ドライバーになった。しかし、4レース出走しただけでペドロ・デ・ラ・ロサと変わることになった。ルチアーノ・ブルティ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    開始後まず中嶋一貴がターゲットタイムを記録した後、チームメイトのニコ・ロズベルグがトップタイムをマークする。そして開幕戦と同じく、ブラウンGPのジェンソン・バトンがここでトップタイムを記録する。そのままの状態で時間が経過していくが、残り2分30秒となった所でピケ以外の全車がコース上に出て、最後のアタックを行う。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット

    ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2011年のカナダGPではレース開始前から降りしきる雨により2時間以上の中断を挟んでの、4時間4分というF1史上最長のレースとなった。更に変わりゆくコンディションとコース特性が合わさってアクシデントが多発し、史上最多となる6度のセーフティカー出動が見られた。レースは中盤に接触で最後尾に落ちたジェンソン・バトンが怒涛の追い上げで順位を上げていき、残り5周の時点で2位に浮上。更にはトップを走っていたセバスチャン・ベッテルを最終ラップに抜き去っての優勝という劇的な幕切れとなった。ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット フレッシュアイペディアより)

  • 1962年のF1世界選手権

    1962年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    1962年シーズン、フェラーリは戦闘力の向上した他チームによって完全に凌駕された。グラハム・ヒルとBRMは革新的なモノコックボディを持つジム・クラークのロータスとの長い戦いの末、タイトルを獲得した。ダン・ガーニーはポルシェにとって唯一の勝利をルーアンでもたらした。クーパーはモナコで勝利したが、その後1966年まで勝利することはなかった。ジャック・ブラバムは自らのチームで参戦し、自社製シャシーで最初のポイントを挙げた。偉大なドライバーの1人であるスターリング・モスはシーズン前にクラッシュし、引退を余儀なくされた。リカルド・ロドリゲスはベルギーグランプリで4位に入賞し、ポイント獲得した最年少ドライバーとなった(20歳と123日)。この記録は2000年ブラジルグランプリでジェンソン・バトンが6位入賞するまで破られなかった(バトンは20歳67日)。1962年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2も後半になると、ウィリアムズの2台が初めにインターミディエイトタイヤ(浅溝)に交換し、再びアタックを行う。これに続きフェラーリのキミ・ライコネンなどもタイヤを交換してアタックを行う。この結果、ウィリアムズのワンツーでQ2が終了。小林、トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリ、ルノーのロマン・グロージャン、ポイントリーダーのジェンソン・バトンがQ2敗退となった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリを先頭に各車アタックに入る。初開催のサーキットであるため、多くのマシンが周回を重ねる。7分が経過したところでブラウンGPのジェンソン・バトンが最初に1分41秒台をマークする。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年バーレーングランプリ

    2012年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    序盤に好ペースを見せたのはグロージャンとライコネンのロータス勢で、グロージャンはウェバー、ハミルトンを交わして2位へ、ライコネンもバトン、アロンソをパスして4番手まで浮上した。2012年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・レッグ

    キャサリン・レッグから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トヨタ・アトランティック・シリーズに参戦する前、彼女はイギリスでの下位カテゴリーのオープンホイールに参戦していたが、その中にはフォーミュラ3、フォーミュラ・ルノー、フォーミュラ・フォードなどが含まれる。2000年に彼女はゼテック・レースでポールポジションを獲得した初の女性ドライバーとなった。2001年にはキミ・ライコネンの記録を破ってポールを獲得し、BRDCの「ライジングスター」を獲得した初の女性となった。2005年にはレーサーマガジン誌の「年間最有望ロードレーサー」を獲得した。同賞は2002年以来A.J.アルメンディンガーが毎年受賞していた。同賞を受賞した主なドライバーとしては、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトン、クリスチアーノ・ダ・マッタ、アレックス・バロン、ジャンカルロ・フィジケラ、グレッグ・ムーア、ジル・ド・フェランがいる。キャサリン・レッグ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年モナコグランプリ

    2012年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    スタート時のタイヤは、上位勢ではベッテルとバトンがソフト、多くのドライバーはスーパーソフトを履いてのスタートとなった。2012年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

151件中 41 - 50件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード