197件中 41 - 50件表示
  • ルノー・R202

    ルノー・R202から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2001年にベネトン・フォーミュラを買収したルノーは、この年からワークスチームとして1985年以来17年ぶりとなるF1復帰を果たした。レギュラードライバーにはジャンカルロ・フィジケラの後釜として同じイタリア人のヤルノ・トゥルーリを起用し、チームメイトは前年からの継続でジェンソン・バトンとなった。また、この年からテストドライバーとしてフェルナンド・アロンソがチームに正式加入することになった。ルノー・R202 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW22

    ウィリアムズ・FW22から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ドライバーは、チーム在籍2年目のラルフ・シューマッハとルーキーのジェンソン・バトン。ラルフはシーズンで3回の表彰台(いずれも3位)を獲得し、バトンも新人らしからぬ安定感で6度の入賞(最高位は4位)を果たし、コンストラクターズランキング3位を獲得した。ウィリアムズ・FW22 フレッシュアイペディアより)

  • 山田 優

    山田優から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年8月のF1ハンガリーGPにおいて、地上波で放送される前に自身の公式ブログに結果(ジェンソン・バトンの優勝)を記載してしまった。その日のブログには多数のコメントの投稿があり、バトンの優勝を一緒に喜ぶものもあったが、「ネタバレ」という批判もあったことから、翌日ブログ上で謝罪した。山田優 フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 005

    B・A・R 005から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    レースドライバーはジャック・ヴィルヌーヴと新加入のジェンソン・バトン。佐藤琢磨がリザーブ兼テストドライバーを務めた。B・A・R 005 フレッシュアイペディアより)

  • トルコグランプリ

    トルコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ルノーのフェルナンド・アロンソとのチャンピオンシップポイント差を26点ビハインドで迎えたマクラーレンのキミ・ライコネンはポールポジションからスタートするも、ルノーのジャンカルロ・フィジケラにスタート直後に交わされた。しかし1周目の12コーナー手前でフィジケラをで追い越すとそのまま独走態勢に入り、中盤以降はチームメイトのファン・パブロ・モントーヤと1-2体制を築いた。しかし、レース終盤にモントーヤがジョーダンのティアゴ・モンテイロと接触した影響からコースアウトする間に、アロンソが2位を奪い返し、チャンピオンシップ争いの「失点」を最小限に食い止めることに成功した。また、予選においては、B・A・Rのジェンソン・バトンと佐藤琢磨が8コーナーでのコースアウトにより大きくタイムロス、フェラーリのミハエル・シューマッハやザウバーのジャック・ヴィルヌーヴはスピンを喫するなどの波乱が見られた。トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ハンガリーグランプリ

    2009年ハンガリーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    約30分程中断し、15時10分からQ3が始まった。マッサの負傷によりQ3は9台で争われることになった。ジェンソン・バトンはバリチェロと同じ部品が落ちないかどうかチェックを受けているために、8台でのポールポジション争いが始まる。残り時間が3分余りのところでバトンもコースに出てアタックを始める。1分を切ったところでロズベルグがトップタイムをマークするが、ここでタイミングモニターがおちてしまう。残り時間がなくなったところで一度もとに戻るがすぐにおちてしまう。最後のアタックを終えたドライバーたちは自分の順位が全く分からず、お互いのタイムを聞きあって自分の位置を確認し合う珍しい光景が見られる。数分後、モニターが復活し、アロンソがポールポジション、2位がベッテル、ウェバーはダメだと判断し、先に帰ってしまうが、3位だと分かり、連れ戻されることになる。2009年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イギリスグランプリ

    2005年イギリスグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    マクラーレンのキミ・ライコネンはエンジン不調で交換を行ったため10グリッド降格、ルノーのフェルナンド・アロンソがポールポジションを獲得した。ライコネンは元々アロンソの0.027秒遅れで2番手であったが、土曜のフリープラクティスの間中エンジン不調に苦しめられていた。ライコネンの降格でBARのジェンソン・バトンがフロントローとなり、ホームグランプリで好位置からのスタートとなる。続いて2代目のマクラーレン、ファン・パブロ・モントーヤ、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、フェラーリのルーベンス・バリチェロ、ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、BARの佐藤琢磨、トヨタのラルフ・シューマッハ、フェラーリのミハエル・シューマッハ、ザウバーのジャック・ヴィルヌーヴが続いた。ジョーダンのティアゴ・モンテイロは金曜プラクティスでのエンジン不調で予選アタックが行えなかったため、後方グリッドからのスタートとなった。2005年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年中国グランプリ

    2005年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウォームアップ走行で各車両がピットレーンからグリッドに整列していたとき、クリスチャン・アルバースとミハエル・シューマッハの車両が衝突した。両者はやむを得ずスペアカーでピットスタートとなった。これにスタートを失敗したナレイン・カーティケヤンも同じくピットスタートに加わった。アロンソがレースを支配し、ポールトゥウィンを飾った。ルノーのナンバー2、ジャンカルロ・フィジケラの表彰台のチャンスは、2度目のセーフティ・カーがコースに出ている時間帯にピットスルーのペナルティを科されたことで潰えた。レッドブルのクリスチャン・クリエンはフェリペ・マッサ、マーク・ウェバー、ジェンソン・バトンとのバトルに勝ち5位を獲得した。2005年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年フランスグランプリ

    2005年フランスグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    8ラップを残した時点でアロンソは4位のジェンソン・バトンを周回遅れにし、同一周回を走行するのはトップ3のみとなった。そのままレースを制し、シーズンで自身5勝目、ルノーにとっては6勝目の勝利をもたらした。ライコネンは2位でフィニッシュ、選手権ポイントの差は2広がった。一方ミハエル・シューマッハは3位入賞し、チャンピオン争いに留まった。バトンが4位に入りBARの今シーズン初ポイントを獲得、これに続いてトゥルーリ、フィジケラ、ラルフ・シューマッハ、ヴィルヌーヴがポイントを獲得した。この結果、アロンソは24ポイントのリードを維持し、ライコネンが2位、ミハエル・シューマッハがライコネンに迫った。ルノーが依然コンストラクターの首位を維持し、マクラーレンが2位、2ポイント差でフェラーリが3位となった。2005年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ヨーロッパグランプリ

    2007年ヨーロッパグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    スタート直後に降り出した雨で路面コンディションが悪化する中、まず1周目を終える際にピットインしようとしたキミ・ライコネンがオーバーランしピットイン出来ないハプニングが発生、雨がさらに激しさを増す中、3周目第1コーナーでジェンソン・バトンを皮切りにルイス・ハミルトン、エイドリアン・スーティル、ニコ・ロズベルグ、スコット・スピード、アンソニー・デビッドソン、さらにセーフティーカーが出動した直後にヴィタントニオ・リウッツィと、実に7台が次々とスピンしてコースアウト、デビッドソンとハミルトンを除く5台はそのまま棄権するという異常事態となり、赤旗中断となった。2007年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 41 - 50件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード