197件中 51 - 60件表示
  • 2004年サンマリノグランプリ

    2004年サンマリノグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンがすばらしい走りを見せ、暫定トップに立つ。その後にアタックしたミハエル・シューマッハはセクター1,2でバトンより速いラップを刻むも、シケイン(バリアンテ・アルタ)で挙動を乱し、0.258秒届かず2番手となった。この後にアタックしたウィリアムズ勢はタイムが良くなく、バトンとB・A・Rにとって初めての、ホンダにとっては1992年カナダGP以来のポールポジションを獲得した。2004年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年バーレーングランプリ

    2004年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ラップリーダー:ミハエル・シューマッハ 50 (1-9, 12-24, 28-41, 44-57), ルーベンス・バリチェロ 6 (10, 25-27, 42-43), ジェンソン・バトン 1 (11)2004年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年中国グランプリ

    2004年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 47 (1-12, 16-29, 36-56), ジェンソン・バトン 8 (13-14, 30-35), ラルフ・シューマッハ 1 (15)2004年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年オーストラリアグランプリ

    2004年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    アロンソは3位でルノーを表彰台に導いたが、ジェンソン・バトンは6位に終わった。マクラーレンは前年ほどの戦闘力が無く、キミ・ライコネンはエンジントラブルでリタイアし、クルサードが8位入賞、ようやく1ポイントを獲得した。マクラーレンは予選では中盤に沈み、ライコネンが10位、クルサードが12位であった。2004年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年イタリアグランプリ

    2004年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 21 (1-4, 37-53), フェルナンド・アロンソ 6 (5-10), ジェンソン・バトン 24 (11-34), ミハエル・シューマッハ 2 (35-36)2004年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年イタリアグランプリ

    2003年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    このレースには以前もしくはその後ウィリアムズをドライブしたドライバーが9名出場した。:ファン・パブロ・モントーヤ、ルーベンス・バリチェロ、マルク・ジェネ、ジャック・ヴィルヌーヴ、マーク・ウェバー、ニック・ハイドフェルド、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、デビッド・クルサード、ジェンソン・バトン2003年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年スペイングランプリ

    2003年スペイングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    上位はグリッド通りシューマッハ、バリチェロ、アロンソの順で走行していたが、1回目のピットストップでアロンソが2位に浮上した。クルサードは18周目に再度1コーナーでジェンソン・バトンと接触してリタイアとなった。今シーズン、マクラーレンチームにとって2台がリタイアした初のレースとなった。2003年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・レッグ

    キャサリン・レッグから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トヨタ・アトランティック・シリーズに参戦する前、彼女はイギリスでの下位カテゴリーのオープンホイールに参戦していたが、その中にはフォーミュラ3、フォーミュラ・ルノー、フォーミュラ・フォードなどが含まれる。2000年に彼女はゼテック・レースでポールポジションを獲得した初の女性ドライバーとなった。2001年にはキミ・ライコネンの記録を破ってポールを獲得し、BRDCの「ライジングスター」を獲得した初の女性となった。2005年にはレーサーマガジン誌の「年間最有望ロードレーサー」を獲得した。同賞は2002年以来A.J.アルメンディンガーが毎年受賞していた。同賞を受賞した主なドライバーとしては、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトン、クリスチアーノ・ダ・マッタ、アレックス・バロン、ジャンカルロ・フィジケラ、グレッグ・ムーア、ジル・ド・フェランがいる。キャサリン・レッグ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年スペイングランプリ

    2000年スペイングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    間もなく先頭グループは3つに分裂した。シューマッハとハッキネンが第1グループとしてトップ争いを繰り広げた。ラルフは3位でクルサードとバリチェロを従え第2グループを形成した。第3グループはヴィルヌーヴ、フレンツェン、トゥルーリにジェンソン・バトンが加わった。21ラップ目にヴィルヌーヴは機械トラブルのためリタイアし、その後ろのドライバー達は解放された。その3ラップ後にシューマッハが3秒のリードを保ってピットインする。ピット作業が手間取り7秒かかった後、シューマッハは慌ててスタートしようとしたため燃料クルーが怪我を負った。次のラップでバリチェロとクルサードがピットインする。フェラーリは手際よいピット作業で燃料を補給した。クルサードは2速ギアを選択、バリチェロのストップはいつもより時間がかかった。それでもバリチェロはクルサードの前でピットアウトしたが、それはラルフがピットストップ後も彼らの前にいたことを意味した。26ラップ目にハッキネンがピットインする。シューマッハはピットでの問題のためリードは0.6秒まで減少していた。2000年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ブラジルグランプリ

    2000年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    28ラップ目でのトゥルーリのピットストップ後に、ヨス・フェルスタッペンが7ラップに渡って3位を走行したが、ピットストップのためフィジケラに3位を明け渡した。ラルフ・シューマッハとジェンソン・バトンの2台のウィリアムズと、フィジケラ、ハインツ=ハラルド・フレンツェンは1ストップ戦略をとりお互いに僅差で走行していた。前方ではクルサードとシューマッハが同様のペースで走行していたが、シューマッハは余裕があった。ラルフとバトンは44ラップ目、45ラップ目にそれぞれピットインし、バトルは最終局面であった。しかしながらラルフはフェルスタッペンの数メートル先でコースに復帰したが、バトンはその後ろで復帰した。その後のラップでラルフは差を広げることができたが、バトンはフェルスタッペンの後ろで苦戦し、57ラップ目にようやくパスした。トゥルーリは56ラップ目に2回目のピットインを行い、5位で復帰した。ラルフはバトンを従え6位で走行した。フェルスタッペンとペドロ・デ・ラ・ロサが8位と9位であった。その間にペースは低下し、レース終了までオーダーは固定した。2000年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 51 - 60件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード