151件中 51 - 60件表示
  • ブルーノ・ジュンケイラ

    ブルーノ・ジュンケイラから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジュンケイラはそのレース経歴をブラジル国内のカートレースから始める。フォーミュラ3スダメリカーナを制し、国際F3000にステップアップした。彼はウィリアムズF1チームで数年間テストドライバーを務め、2000年にはレギュラーシート獲得の寸前までいったが、ジェンソン・バトンに破れシートを得ることはできなかった。この苦い経験にもかかわらず、その年の国際F3000選手権でタイトルを獲得した。ブルーノ・ジュンケイラ フレッシュアイペディアより)

  • 大桑マイミ

    大桑マイミから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    放送開始20年目を記念し、「CanCam」とのタイアップ企画により同番組MC山田優の命を受け、彼女のメッセージをジェンソン・バトンに届けた。大桑マイミ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    残り1分を切ったところでベッテルが1'32.160でトップタイムをマークし、このタイムを上回るマシンが現れず、ポールポジションを獲得。2番手に地元グランプリとなったトヨタのトゥルーリ、ハミルトンが3番手に入った。ワールドチャンピオンを争うブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトンはそれぞれ5番手、7番手となった。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アブダビグランプリ

    2010年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    3チーム、5名のドライバーによって争われてきたドライバーズチャンピオンシップは最終戦で雌雄を決することになった。前戦終了時点のポイントランキングは、韓国GPでトップに立ったフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が246点、マーク・ウェバー(レッドブル)が8点差の238点、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が15点差の231点、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が24点差の222点。ジェンソン・バトン(マクラーレン)はすでにタイトル争いから脱落している。2010年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラウンGP

    ブラウンGPから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    エンジンはメルセデスから供給を受け、レースドライバーは2008年のホンダと同じくジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロの2名に決定した。リサーブドライバーは当初はアレクサンダー・ヴルツが続投する予定だったが、開幕直前になってアンソニー・デビッドソンに変更された。この点についてニック・フライは「ヴルツを雇えるほど我々は裕福ではない」とコメントしている 。ヴルツはチームにアドバイザーとして残留することとなった。ブラウンGP フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・クリエン

    クリスチャン・クリエンから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダでテストドライバーとして活動。イギリスGPではジェンソン・バトンが背中痛を訴えたため、プラクティスセッションを1度だけ走行した。この年限りでホンダを離脱することを表明しているため、結果的にホンダでの公式セッションはこの1度だけということになった。また、シーズン中からレースシート獲得を見据え、ベルギーテストではホンダに所属しながらスパイカーF1でテストをした。同週にはホンダでもテストを行っていたため、1週間(正確には3日のテスト日程)で2つのチームを経験したことになる(マクラーレンテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサも2008年11月のバルセロナテストで、マクラーレン・フォースインディア両方から参加)。スパイカーでのレギュラーシート獲得を見据えたテストであったが、結局チームはスポンサーを欲していたこともあって山本左近にそのシートを奪われた。又、シーズンオフのバルセロナテストでもフォース・インディアでのテストに参加し、2008年のドライバー候補として名前が挙がったものの遂にはそのシートも獲得できなかった。クリスチャン・クリエン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q1、Q2でベストタイムを記録したフェリペ・マッサがQ3でもトップに立つが、終了寸前にキミ・ライコネンがベストタイムをマークし、2戦連続のポールシッターとなった。3、4番手にはホンダ勢のルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトンがつけたが、バトンはフリー走行中のエンジンブローでエンジン交換のペナルティを受け、10グリッド後退して14位スタートとなる。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー

    BMWザウバーから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2000年、ラルフ・シューマッハと、この年デビューとなるジェンソン・バトンを擁して迎える。開幕前の時点ではテスト時のタイムがあまりにも遅かったため「BMWはエンジン開発に失敗した」とのもっぱらの評判であったが、復帰戦となったオーストラリアGPで下馬評を覆す好走を見せ、見事に復帰戦を表彰台で飾り、シーズン自体も年間通して復帰初年度としては上々の出来で終える。BMWザウバー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    序盤に、3回のフリー走行すべてでトップタイムをたたき出したウィリアムズ勢がワン・ツー体制を築く。しかし、ブラウンGPがコースインすると、まずルーベンス・バリチェロが1'25.815を記録。ジェンソン・バトンも好タイムを記録する。地元レースとなったレッドブルのマーク・ウェバーがその後トップに立つも、ソフト側タイヤに交換したバリチェロ、バトンのブラウンGP勢に再びタイムを更新され、そのままQ1は終了。2008年のチャンピオンであるマクラーレンのルイス・ハミルトンは15番手というぎりぎりのポジションでQ2進出。トロ・ロッソ、フォース・インディアのそれぞれ2台とルノーのネルソン・ピケが脱落した。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ルノーのフェルナンド・アロンソを残し、各マシンがアタックを開始。レッドブルの2台とブラウンGPのルーベンス・バリチェロの3台でトップタイムを更新し合う展開となる。残り5分を切ったところで各マシンが一旦ピットに戻り、再びアタックに出る。残り1分でバリチェロがマーク・ウェバーのタイムを上回るが、その直後にベッテルが再びトップに立つ。今期2度目のQ3となった中嶋はミスによりタイムを上げられず、残り10秒を切ったところでコントロールラインを通過し、最後のアタックにかける。ウェバーもポールポジションを狙って最後のアタックに入るが、キミ・ライコネンをうまくかわせずタイムを上げられない。中嶋は最後のアタックでタイムをのばし、ジェンソン・バトンを上回って自己最高の5グリッドを獲得。ベッテルがトルコGP以来今期3度目のポールポジションを獲得。2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

151件中 51 - 60件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード