151件中 61 - 70件表示
  • 2009年イタリアグランプリ

    2009年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フェラーリのジャンカルロ・フィジケラが先頭でコースに入る。イタリア人ドライバーがフェラーリのステアリングを握り、イタリアグランプリに参戦するのはイヴァン・カペリ以来17年振りとあり、スタンドは沸きあがる。まずフィジケラがターゲットタイムをマークし、それをチームメイトのキミ・ライコネンが塗り替える。その後、ライコネンとブラウンGPのルーベンス・バリチェロの2人でトップタイムを更新し合う。更にそのタイムをブラウンGPのジェンソン・バトンとマクラーレンのルイス・ハミルトンが上回る。2009年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イタリアグランプリ

    2005年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    レースはモントーヤが制し、2位にフェルナンド・アロンソ、3位にジャンカルロ・フィジケラが入った。ライコネンは11番手からスタートしヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハ、アントニオ・ピッツォニア、ジェンソン・バトンを抑えて4位に入った。ライコネンはワンストップ作戦で優勝を狙えたが、タイヤの空気圧低下でやむなく2度目のピットストップを行った。2005年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年オーストラリアグランプリ

    2004年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    アロンソは3位でルノーを表彰台に導いたが、ジェンソン・バトンは6位に終わった。マクラーレンは前年ほどの戦闘力が無く、キミ・ライコネンはエンジントラブルでリタイアし、クルサードが8位入賞、ようやく1ポイントを獲得した。マクラーレンは予選では中盤に沈み、ライコネンが10位、クルサードが12位であった。2004年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年イタリアグランプリ

    2004年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 21 (1-4, 37-53), フェルナンド・アロンソ 6 (5-10), ジェンソン・バトン 24 (11-34), ミハエル・シューマッハ 2 (35-36)2004年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年オーストラリアグランプリ

    2012年オーストラリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    マクラーレンのルイス・ハミルトンが予選Q3の最初のアタックでベストタイムを記録し、ポールポジションを獲得。チームメイトのジェンソン・バトンも2番グリッドを確保した。レッドブル勢はトラブルによりKERSが使用できず、5位・6位に止まった。マクラーレンのフロントロー独占は2009年ヨーロッパGP以来であり、レッドブルのマシンがフロントローを逃すのは2010年イタリアGP以来の出来事となった。2012年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年スペイングランプリ

    2012年スペイングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q3常連組のバトン、ウェバーはQ2敗退となった。2012年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年カナダグランプリ

    2012年カナダグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2もバトンは0.008秒差で小林可夢偉をかわしてのQ3進出となった。2012年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ベッテルはQ2,Q3はわずか1回のアタックでトップタイムをマークし、昨年のイタリアグランプリ以来、自身2度目のポールポジション獲得。フロントローにはアロンソが入った。開幕2連勝のジェンソン・バトンは5番手となった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ドイツグランプリ

    2009年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ソフトタイヤかインターミディエイトタイヤか選択を迫られる。Q3が始まり、各チームはけん制し合う。1分が経過し、ブラウンGPのジェンソン・バトンの様子を見てから各マシンがコースに出始める。バリチェロがトップタイムのまま時間が過ぎるが、残り30秒を切り、マクラーレンのルイス・ハミルトンがトップに出る。残り時間がなくなる中、ウェバーがトップタイムを更新、その後、ベッテル、バトン、バリチェロがタイムを更新するも、ウェバーには及ばない。ウェバーはデビューから132戦目にして初のポール・ポジションを獲得。トゥルーリの119戦に続く最も遅い記録となった。ブラウンGPのバリチェロ、バトンが2番手、3番手に続いた。スーティルは自己最高の7番グリッドを獲得。2009年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年サンマリノグランプリ

    2004年サンマリノグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンがすばらしい走りを見せ、暫定トップに立つ。その後にアタックしたミハエル・シューマッハはセクター1,2でバトンより速いラップを刻むも、シケイン(バリアンテ・アルタ)で挙動を乱し、0.258秒届かず2番手となった。この後にアタックしたウィリアムズ勢はタイムが良くなく、バトンとB・A・Rにとって初めての、ホンダにとっては1992年カナダGP以来のポールポジションを獲得した。2004年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード