197件中 61 - 70件表示
  • 2000年モナコグランプリ

    2000年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    決勝でシューマッハは好スタートを切り、トゥルーリを従えて有利な立場を保った。クルサードはフレンツェン、ハッキネン、およびバリチェロを従え、3位を走行した。ロウズヘアピンでハッキネンは目覚ましい動きでフレンツェンをかわしたが、その後方の中位集団ではペドロ・デ・ラ・ロサがジェンソン・バトンの外側を大きく回った。そこにはスペースが十分に無く、バトンは停止を強いられた。レースは赤旗が提示された。2000年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年シンガポールグランプリ

    2009年シンガポールグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    残り1分を切り、Q3進出争いが激しくなる。12番手のBMWザウバーのロバート・クビサが6番手タイムをマークし、バリチェロがノックアウトゾーンに落ちるが直後に6番手タイムをマークし、今度はマーク・ウェバーがノックアウトゾーンに落ちる。今度はそのウェバーが2番手タイムをマークし、次にウィリアムズの中嶋一貴が11番手に落ちる。中嶋は直後にアタックを行うが自己ベストを更新できず、Q2が終了。中嶋、ブラウンGPのジェンソン・バトン、フェラーリのキミ・ライコネン、トロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ、トヨタのヤルノ・トゥルーリがQ2敗退となった。2009年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2010年シーズンも残すところあと4戦。ドライバーズランキングはマーク・ウェバー(レッドブル)が202点でトップに立ち、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が191点、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が182点、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が181点、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が177点と続いている。アロンソはイタリアGP、シンガポールGPと2連勝して日本GPを迎えた。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のF1世界選手権

    2009年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ブラウンGPは前年末に撤退したホンダの資産を譲り受けて開幕直前に発足したが、コンストラクターとして4例目となるデビューウィンを皮切りに17戦中8勝5ポールポジション (PP) を獲得し、創設初年度でのコンストラクターズタイトル獲得という偉業を達成した。エースドライバーのジェンソン・バトンは前半7戦中6勝し、後半戦は0勝(表彰台2回のみ)と失速したが、前半戦の大量ポイントリードを活かして、第16戦ブラジルGPにて自身初のドライバーズチャンピオンを獲得した。2009年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年オーストリアグランプリ

    2015年オーストリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ? ジェンソン・バトンはいずれも上限を超える6機目のターボチャージャーとMGU-H及び5機目の内燃機関(ICE)とMGU-Kの交換で25グリッド降格ペナルティが科されたが消化しきれないため、未消化分はドライブスルーペナルティに振り替え2015年オーストリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年ベルギーグランプリ

    2015年ベルギーグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ? ジェンソン・バトンは、2回のパワーユニット交換(1回目は8基目のターボチャージャー、7基目のMGU-H、エンジン、MGU-Kにそれぞれ交換。2回目は9基目のターボチャージャーとMGU-H、8基目のMGU-Kにそれぞれ交換)により50グリッド降格ペナルティが科されたが、フェルナンド・アロンソのペナルティ及び規定により19番グリッドまでの降格となる2015年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    開始後まず中嶋一貴がターゲットタイムを記録した後、チームメイトのニコ・ロズベルグがトップタイムをマークする。そして開幕戦と同じく、ブラウンGPのジェンソン・バトンがここでトップタイムを記録する。そのままの状態で時間が経過していくが、残り2分30秒となった所でピケ以外の全車がコース上に出て、最後のアタックを行う。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トヨタのティモ・グロックがまずターゲットタイムをマークする。そのタイムをチームメイトのトゥルーリが上回り、トヨタのワンツー体制となる。残り20秒でブラウンGPのジェンソン・バトンが一時トップに出るが、直後にグロッグが再びトップに出る。更にそのタイムをチームメイトのトゥルーリが上回り、ポールポジションを獲得。トヨタは3度目、トゥルーリは2005年アメリカグランプリ以来、4度目のポールポジション獲得。また、トヨタはチーム史上初のフロントロー独占となった。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2が始まると、フリー走行2とフリー走行3でトップタイムを記録していた、ルノーのフェルナンド・アロンソにトラブルが発生。タイムが残せないまま終わってしまった。フェラーリはマッサが1'44.014で暫定トップに躍り出ると、ライコネンも1'44.232でQ3進出を確実なものとする。一方のマクラーレンは、最初のアタックでは上位10台に入れず、再度コースイン。コバライネンが2番手に飛び込むが、ハミルトンは辛うじて8番手タイムを記録する。この後、トヨタのティモ・グロックが自己ベストを更新し、さらにウィリアムズの中嶋一貴が初のQ3進出を決めたため、ハミルトンは10番手に後退する。以降のマシンはハミルトンのタイムを上回らず、ハミルトンは脱落ぎりぎりの10番手でQ3へ進出。ここで脱落したのはトヨタのヤルノ・トゥルーリ、ホンダのジェンソン・バトン、レッドブルの2台、アロンソとなった。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アブダビグランプリ

    2010年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    3チーム、5名のドライバーによって争われてきたドライバーズチャンピオンシップは最終戦で雌雄を決することになった。前戦終了時点のポイントランキングは、韓国GPでトップに立ったフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が246点、マーク・ウェバー(レッドブル)が8点差の238点、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が15点差の231点、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が24点差の222点。ジェンソン・バトン(マクラーレン)はすでにタイトル争いから脱落している。2010年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

197件中 61 - 70件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード