197件中 71 - 80件表示
  • 2012年バーレーングランプリ

    2012年バーレーングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    序盤に好ペースを見せたのはグロージャンとライコネンのロータス勢で、グロージャンはウェバー、ハミルトンを交わして2位へ、ライコネンもバトン、アロンソをパスして4番手まで浮上した。2012年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年モナコグランプリ

    2012年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    スタート時のタイヤは、上位勢ではベッテルとバトンがソフト、多くのドライバーはスーパーソフトを履いてのスタートとなった。2012年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年アブダビグランプリ

    2012年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    迎えたスタートではフロントロースタートのウェバーの蹴り出しが悪く4番手スタートのライコネンが2番手に踊り出た。アロンソはバトンを抜き更に9コーナーを過ぎてからの2つ目のロングストレートでウェバーを抜き4番手に浮上。後方ではヒュルケンベルグがスタートで他車に挟まれサンドイッチ状態になりセナと接触してリタイア。2周目にはトップのハミルトンが8コーナーでオーバーシュート、その後のストレートで2位のライコネンに迫られるもなんとかポジションを守った。一方ピットレーンスタートのベッテルも同じく8コーナーでセナと接触、フロントウィング右側にダメージを受け一時はピットクルーもピットストップの準備をしたがそのまま走り続ける。2012年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年日本グランプリ (4輪)

    2014年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    9周目終了後にセーフティーカーが退出すると、本格的なレースが始まった。路面状況の変化をみてジェンソン・バトンがピットインし、浅溝のインターミディエイトタイヤに交換。そのラップタイム推移を見て他車も続々とピットインし、タイヤ交換を行った。バトンは判断が奏功し、メルセデス勢に次ぐ3番手に浮上する。また、雨用のセッティングに賭けていたレッドブル勢がペースを上げ、ウィリアムズ勢をかわして4・5番手に浮上する。2014年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウィリアムズの中嶋一貴、チームメイトのニコ・ロズベルグ、ホンダのジェンソン・バトン、フォース・インディアの2台がここで脱落となった。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2004年、一時期フリーの立場であったジャック・ヴィルヌーヴが、相手(主にジェンソン・バトン)を威嚇するため看板を作るようになり、それが他のキャラクターに広まった。特に佐藤琢磨は看板を作っている描写が多い。最近はザウバー時代にジャック・ヴィルヌーブのチームメイトだったフェリペ・マッサがフェルナンド・アロンソの看板を作成(威嚇相手はマクラーレンのルイス・ハミルトン)したが、ジャックや琢磨がしっかり出来てたのとは異なり失敗作だった(その為ハミルトンに笑われてしまい効果がなかった)。また、2010年にアロンソがフェラーリに移籍した際もこの看板が登場している。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年韓国グランプリ

    2010年韓国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フリー走行が始まる前日の10月21日に、タイトル争いを繰り広げる5人のドライバー(マーク・ウェバー、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトン、ジェンソン・バトン)とバーニー・エクレストンによるフォトセッションが行われた。これは、1986年オーストラリアグランプリにおいて、当時タイトル争いを繰り広げていた4人(ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケ、アラン・プロスト、アイルトン・セナ)とエクレストンがならんで写真撮影を行ったことを模したものである。2010年韓国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    Q2も後半になると、ウィリアムズの2台が初めにインターミディエイトタイヤ(浅溝)に交換し、再びアタックを行う。これに続きフェラーリのキミ・ライコネンなどもタイヤを交換してアタックを行う。この結果、ウィリアムズのワンツーでQ2が終了。小林、トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリ、ルノーのロマン・グロージャン、ポイントリーダーのジェンソン・バトンがQ2敗退となった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のF1世界選手権

    2000年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウィリアムズに抜擢された20歳の新人、ジェンソン・バトンは決勝最高4位、難コーススパ・フランコルシャンで予選3位など才能の片りんを見せた。2000年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW34

    ウィリアムズ・FW34から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トップチームがピレリタイヤの取り扱い方に苦労する中、ウィリアムズはザウバーとともに上位をかきまわす存在となった。第5戦スペインGPではパストール・マルドナドがポールポジションを獲得し決勝でも優勝、ウィリアムズに7年半ぶりの優勝をもたらした。マクラーレンのジェンソン・バトンは「ザウバーは高速コーナー、ウィリアムズは低速コーナーで僕らよりも速い」と語った。ウィリアムズ・FW34 フレッシュアイペディアより)

197件中 71 - 80件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード