151件中 71 - 80件表示
  • 2010年韓国グランプリ

    2010年韓国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    フリー走行が始まる前日の10月21日に、タイトル争いを繰り広げる5人のドライバー(マーク・ウェバー、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトン、ジェンソン・バトン)とバーニー・エクレストンによるフォトセッションが行われた。これは、1986年オーストラリアグランプリにおいて、当時タイトル争いを繰り広げていた4人(ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケ、アラン・プロスト、アイルトン・セナ)とエクレストンがならんで写真撮影を行ったことを模したものである。2010年韓国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年中国グランプリ

    2004年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 47 (1-12, 16-29, 36-56), ジェンソン・バトン 8 (13-14, 30-35), ラルフ・シューマッハ 1 (15)2004年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年中国グランプリ

    2005年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウォームアップ走行で各車両がピットレーンからグリッドに整列していたとき、クリスチャン・アルバースとミハエル・シューマッハの車両が衝突した。両者はやむを得ずスペアカーでピットスタートとなった。これにスタートを失敗したナレイン・カーティケヤンも同じくピットスタートに加わった。アロンソがレースを支配し、ポールトゥウィンを飾った。ルノーのナンバー2、ジャンカルロ・フィジケラの表彰台のチャンスは、2度目のセーフティ・カーがコースに出ている時間帯にピットスルーのペナルティを科されたことで潰えた。レッドブルのクリスチャン・クリエンはフェリペ・マッサ、マーク・ウェバー、ジェンソン・バトンとのバトルに勝ち5位を獲得した。2005年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ドイツグランプリ

    2005年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ライコネンは35ラップ目に油圧故障に襲われる。その後結局リタイヤすることとなった。代わってフェルナンド・アロンソが首位に躍り出た。ライコネンはこれで5戦連続リタイヤとなった。ミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロはブリヂストンタイヤの耐久性に苦しめられ、特にソフトコンパウンドを選択したシューマッハが顕著であった。ジェンソン・バトンがシューマッハをかわして2位に上昇したが、その後ピットイン、モントーヤが2位となる。モントーヤは2度目のピットインまでバトンを抑えた。最後の数周でタイヤのたれに苦しむシューマッハをジャンカルロ・フィジケラがかわし、4位に入った。2005年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年ドイツグランプリ

    2001年ドイツグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンにとって今シーズン初、かつ唯一のポイント獲得となった。2001年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年中国グランプリ

    2012年中国グランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    オープニングラップを終えて戻ってきた順位は、ロズベルグ、シューマッハ、バトン、ライコネン、ハミルトン、ペレス、可夢偉、アロンソ、ウェバー、マッサであった。2012年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ピッツォニア

    アントニオ・ピッツォニアから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2005年シーズンを迎えるにあたり、ウィリアムズは、ジャガーから移籍してきたマーク・ウェバーのチームメイトに、当初はB・A・Rのジェンソン・バトンを据えることを目論んでいたが、契約承認委員会の決定でそれを断念せざるを得なくなると、ピッツォニアとジョーダンのニック・ハイドフェルドの間のオーディションで決定することとした。ハイドフェルドにレギュラーシートを奪われた。アントニオ・ピッツォニア フレッシュアイペディアより)

  • ニック・フライ

    ニック・フライから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    2006年ハンガリーGPでチーム監督として初勝利を飾った。このレースはジェンソン・バトンのF1初優勝でもあった。ニック・フライ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    1月19日 - ジェンソン・バトン(イギリス、レーシングドライバー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    レースは第1コーナーでの2つの大きなクラッシュから始まった。このアクシデントで7台がリタイアする。ターン1でマーク・ウェバーがクリスチャン・クリエンと接触、クリエンはスピンしフランク・モンタニーと接触、コースアウトした。ターン2でファン・パブロ・モントーヤがチームメイトのキミ・ライコネンと接触する。モントーヤは次にジェンソン・バトンと衝突、右フロントタイヤがBMWザウバーのニック・ハイドフェルドに接触した。モントーヤはまたトロロッソのスコット・スピードにもぶつかった。これらのアクシデントでも負傷した者はいなかった。アクシデント後も順位は変わらなかったが、唯一のバトルがデヴィッド・クルサード、ニコ・ロズベルグ、ヴィタントニオ・リウッツィの間で行われた。ロズベルグが争いに敗れ、完走したドライバーの中で唯一無得点となった。また、リウッツィはトロロッソに初のポイントをもたらした。モントーヤはレース後にチームを離れ、2007年シーズンはアーンハート・ガナッシ・レーシングからNASCARに参戦することを発表した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

151件中 71 - 80件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード