151件中 81 - 90件表示
  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ウィリアムズはBMWエンジンを搭載。ジェンソン・バトンをチームメイトに迎える。開幕戦で3位表彰台と上々の滑り出しをみせるが、結局未勝利に終わる。リタイアは7回を数え、ランキングでは24ポイントにとどまるも、前年より一つ上の5位となった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW21

    ウィリアムズ・FW21から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    シューマッハは本車をうまく乗りこなし、シーズンを通して上位で活躍したが、一方ザナルディはF1のグルーブドタイヤのハンドリングに苦しめられ、ポイントを獲得することができなかった。彼はその年末にチームを離れ、代わってF3からステップアップしたジェンソン・バトンが加入する。この年はまた、ウィリアムズがルノーエンジン(スーパーテックのバッジであったが)を使う最後のシーズンであった。翌年からはBMWエンジンを使用することとなる。ウィリアムズ・FW21 フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 005

    B・A・R 005から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ジャック・ヴィルヌーヴとジェンソン・バトンがドライブしたが、ヴィルヌーヴは最終戦で佐藤琢磨と交代した。チームは26ポイントを獲得し、コンストラクターズ5位でシーズンを終えた。B・A・R 005 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW22

    ウィリアムズ・FW22から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ドライバーは、チーム在籍2年目のラルフ・シューマッハとルーキーのジェンソン・バトン。ラルフはシーズンで3回の表彰台(いずれも3位)を獲得し、バトンも新人らしからぬ安定感で6度の入賞(最高位は4位)を果たし、コンストラクターズランキング3位を獲得した。ウィリアムズ・FW22 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年イタリアグランプリ

    2003年イタリアグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    このレースには以前もしくはその後ウィリアムズをドライブしたドライバーが9名出場した。:ファン・パブロ・モントーヤ、ルーベンス・バリチェロ、マルク・ジェネ、ジャック・ヴィルヌーヴ、マーク・ウェバー、ニック・ハイドフェルド、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、デビッド・クルサード、ジェンソン・バトン2003年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • インテルラゴス・サーキット

    インテルラゴス・サーキットから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    サンパウロ市街の高層アパートが立ち並ぶ住宅地にあるためアクセスは良いものの、最終コーナーの奥にはスラム街(「ファヴェーラ」と呼ばれる)があるなど周辺の治安は良くない。特にグランプリウィークになると、レース関係者を狙った盗難や強盗事件などが頻発しており、レース関係者であることを隠すためにチームスタッフに対して、サーキット外でのチームユニホーム着用禁止を発令しているチームもあるほど。2010年にはジェンソン・バトンを乗せた車が武装した強盗団に狙われ、危うく難を逃れるという出来事があった。インテルラゴス・サーキット フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・フォード

    フォーミュラ・フォードから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    このカテゴリーを経てF1などのトップフォーミュラで活躍しているドライバーも多く、F1チャンピオン経験者としては、アイルトン・セナやナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどがこのカテゴリーからフォーミュラのキャリアを開始している。フォーミュラ・フォード フレッシュアイペディアより)

  • 2000年スペイングランプリ

    2000年スペイングランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    間もなく先頭グループは3つに分裂した。シューマッハとハッキネンが第1グループとしてトップ争いを繰り広げた。ラルフは3位でクルサードとバリチェロを従え第2グループを形成した。第3グループはヴィルヌーヴ、フレンツェン、トゥルーリにジェンソン・バトンが加わった。21ラップ目にヴィルヌーヴは機械トラブルのためリタイアし、その後ろのドライバー達は解放された。その3ラップ後にシューマッハが3秒のリードを保ってピットインする。ピット作業が手間取り7秒かかった後、シューマッハは慌ててスタートしようとしたため燃料クルーが怪我を負った。次のラップでバリチェロとクルサードがピットインする。フェラーリは手際よいピット作業で燃料を補給した。クルサードは2速ギアを選択、バリチェロのストップはいつもより時間がかかった。それでもバリチェロはクルサードの前でピットアウトしたが、それはラルフがピットストップ後も彼らの前にいたことを意味した。26ラップ目にハッキネンがピットインする。シューマッハはピットでの問題のためリードは0.6秒まで減少していた。2000年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RA107

    ホンダ・RA107から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ・RA107はホンダが2007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトン。後述の車体カラーリングが話題を呼んだ。ホンダ・RA107 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RA106

    ホンダ・RA106から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ・RA106はホンダが2006年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。ジェフ・ウィリスが設計した。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトンホンダ・RA106 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード