197件中 81 - 90件表示
  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリを先頭に各車アタックに入る。初開催のサーキットであるため、多くのマシンが周回を重ねる。7分が経過したところでブラウンGPのジェンソン・バトンが最初に1分41秒台をマークする。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ケータハムF1チーム

    ケータハムF1チームから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    モナコGPでは、コバライネンがシーズンベストの13位を獲得。マクラーレンのジェンソン・バトンがスピンを喫したが、回避しオーバーテイクした。ケータハムF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のF1世界選手権

    2010年のF1世界選手権から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    前年のチャンピオンであるジェンソン・バトンがブラウンGPからマクラーレンへ移籍、ルノーで2度のチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソがフェラーリへ移籍、そしてに引退したミハエル・シューマッハがメルセデスから現役復帰と、大物ドライバーの移動を経てシーズン開幕を迎えた。2010年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    残り1分を切ったところでベッテルが1'32.160でトップタイムをマークし、このタイムを上回るマシンが現れず、ポールポジションを獲得。2番手に地元グランプリとなったトヨタのトゥルーリ、ハミルトンが3番手に入った。ワールドチャンピオンを争うブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトンはそれぞれ5番手、7番手となった。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年モナコグランプリ

    2016年モナコグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    雨のため、セーフティカー先導によるスタートとなった。セーフティカーは7周目に去り、ポールポジションのダニエル・リカルドは2位ニコ・ロズベルグがブレーキの温度管理に苦しみペースが上がらなかったこともあり差を広げていく。メルセデスは16周目にルイス・ハミルトンを前に出すようにロズベルグへ指示し、ハミルトンが2位に浮上した。路面が乾き始めた23周目にリカルドはタイヤをインターミディエイトに交換、これでハミルトンがトップに立った。ハミルトンは31周目にウエットからインターミディエイトを挟まずウルトラソフトに交換、翌周にはリカルドもスーパーソフトに交換したが、レッドブルのピットクルーがソフトタイヤと勘違いしたためタイヤ交換に時間を要することになった。リカルドはハミルトンの後ろでコースに復帰し、以後はリカルドがハミルトンを追走する状況のままフィニッシュ、ハミルトンが今シーズン初勝利を挙げた。ハミルトンにとって8年ぶりのモナコGP優勝であり、メルセデス移籍後は初めてとなる。メルセデスはF1通算50勝目。ロズベルグは最後までペースが上がらないまま7位で終わり、アイルトン・セナ以来となるモナコGP4連覇を逃した。セルジオ・ペレスはタイヤ交換の戦略が功を奏し3位表彰台を獲得した。マクラーレンはフェルナンド・アロンソが5位(ホンダ復帰後最高位タイ)、ジェンソン・バトンが9位に入り今シーズン2度目のダブル入賞。2016年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RA106

    ホンダ・RA106から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    ホンダ・RA106はホンダが2006年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。ジェフ・ウィリスが設計した。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトンホンダ・RA106 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-26

    マクラーレン・MP4-26から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    MP4-26は予選ではレッドブルに太刀打ちできないものの、決勝では優れたレースペースを披露した。第3戦中国GPではルイス・ハミルトン、第7戦カナダGPではジェンソン・バトンがレッドブルのセバスチャン・ベッテルをコース上で逆転して優勝した。マクラーレン・MP4-26 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-27

    マクラーレン・MP4-27から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    テストから好調なペースを見せ、そのペース通りに開幕から2戦連続で予選フロントローを独占する。ジェンソン・バトンが開幕戦を制し、ルイス・ハミルトンは開幕から3戦連続で表彰台に上がり、順調な滑り出しを見せた。マクラーレン・MP4-27 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ヨーロッパグランプリ

    2016年ヨーロッパグランプリから見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    メルセデスのルイス・ハミルトンがパワー設定に問題があるままの走行を続けたため、大幅に順位を落とし、終了直前にタイヤの弱ったキミ・ライコネンをパスしてセルジオ・ペレスが表彰台に登るなど、新旧交代を伺わせるレース展開であった。マクラーレン・ホンダはバクー特有の「特大のストレート」に対処できず、ジェンソン・バトンが入賞圏に一歩及ばず11位、フェルナンド・アロンソはギアボックスのトラブルでリタイアしノーポイントに終わった。一度もトップの座を譲らずポール・トゥ・ウィンを果たしたニコ・ロズベルグは48周目にファステストラップも記録し、ロシアGPに続いて自身2度目のグランドスラムを達成した。2016年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-30

    マクラーレン・MP4-30から見たジェンソン・バトンジェンソン・バトン

    開幕戦オーストラリアGPでは気温上昇による熱害を避けるため、パワーユニットをセーブして走行。予選は最後列に2台が並び、決勝はアロンソの代役のケビン・マグヌッセンがスタート前にリタイア、ジェンソン・バトンは完走11台中最下位だった。マクラーレン・MP4-30 フレッシュアイペディアより)

197件中 81 - 90件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード