195件中 11 - 20件表示
  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たジャック・ヴィルヌーヴ

    2003年はB・A・Rに移籍となり、元チャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴをチームメイトとすることとなった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たケビン・マグヌッセン

    2014年のチームメイトはルーキーのケビン・マグヌッセン。開幕戦オーストラリアGPではいきなりQ2敗退を喫したが、セーフティカーのタイミングでいち早くピットに入ったこと、また2回目の早めのピットインでアンダーカットに成功して順位をあげ、ダニエル・リチャルドの失格で繰り上がり、2年ぶりの表彰台を獲得した。その後は入賞にも苦しむような状態が続いたが、それでも荒れたレース展開となったモナコGPや、カナダGPではベテランらしい安定した走りを見せ上位に食い込んだ。イギリスGPでは終始上位を走っていたものの、早めのピットストップで3位に上がっていたリチャルドを抜ききれず、母国初の表彰台獲得はならなかった。速さはあるもののペナルティなどでなかなか結果を出せないマグヌッセンとは対照的に安定して入賞を続け、特にシーズン後半はマクラーレンのアップデートも奏功し、レッドブルやウィリアムズといった上位陣に割って入るような活躍を見せた。ドライバーズランキングは8位。チームメイトのマグヌッセンに対して予選10勝9敗、決勝では15勝4敗と大きく上回り、2015年からフェルナンド・アロンソがマクラーレンから参戦することにより残り1つとなっていたマクラーレンのシートを守ることに成功した。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たニック・ハイドフェルド

    2012年インドGPから2014年イタリアGPまで2年弱、36レース連続完走記録を持つ(そのうち2レースは完走扱い)。これはニック・ハイドフェルドの持つ41レース、セルジオ・ペレスの37レースに次ぐ記録である。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た佐藤琢磨

    前年終盤にヴィルヌーヴがチームへの不満を漏らし離脱したため、2004年シーズンをB・A・Rチームのエースとして迎えた。チームメイトは佐藤琢磨(正確には前年最終戦、日本GPから)。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た武藤英紀

    F1の代わりに参戦するレースを求めていたバトンは、2017年8月26日・27日に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT 第6戦(鈴鹿1000km)にスポット参戦した。元F1王者がSUPER GTに参戦するのは初めてである。チームはTEAM MUGENで、武藤英紀と中嶋大祐とトリオを組み、マシンはNSXでタイヤはヨコハマ。屋根のあるマシンでの経験はほぼ皆無だったがきちんと順応し、予選ではQ1のアタックを担当しデッドラインに0.089秒差というタイムを出した。決勝では第2スティントを担当するが、ピットアウト時にスタッフのミスで荒聖治のM6と接触しかけ、これにドライビングスルーペナルティを課され下位に沈んだ。その後 走行ペースは良く一時3番手まで浮上したが、今度はセーフティカー中に追い越しをしたとして再びペナルティを受ける。後半第5スティントも担当するが、右フロントタイヤがパンクするトラブルに見舞われ、12位で終わった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たマーク・ウェバー

    次の中国GPは再び雨のレースとなり、予選5位、決勝はレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの後ろで3位表彰台に甘んじる。4戦目バーレーンGPでは4番グリッドからベッテルと、今年初のポールポジションを獲得したトゥルーリを従え優勝。このとき今年初めて、レーシング・スピードでチェッカーフラッグを受けた(以前3戦は後続車と大差があるなどで、速度を緩めて受けていた)。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たアレッサンドロ・ザナルディ

    2000年の初め、F1の名門チームウィリアムズがアレックス・ザナルディの代役を決めるため開催したトライアウトに、チーム代表のフランク・ウィリアムズからオファーを受けて参加した。そしてブラジル人ドライバーのブルーノ・ジュンケイラとの激しい争いの末、ウィリアムズのレギュラーシートを勝ち取った。20歳という異例の若さでのシート獲得だった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たダン・ウェルドン

    1998年に四輪にステップアップし、ヘイウッドレーシングからイギリス・フォーミュラ・フォードに参戦した。初年度ながら9勝を収め、この年のタイトルを獲得した。ブランズハッチで開催されたフォーミュラ・フォードの国際レース、フォーミュラ・フォード・フェスティバルにおいても、当時アメリカ選手権に参戦していたダン・ウェルドンを破って優勝を飾っている。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たニコ・ロズベルグ

    一週間後のマレーシアGPでは、スタートで4位に後退するものの、直後に驚異的なファステストラップを叩き出してからのピットストップで、ヤルノ・トゥルーリやニコ・ロズベルグをオーバーテイク、トップを奪還した。最終的には大雨によってレースは中断され、規定距離の75%以下のまま終了し、ハーフポイント制が適用されて5ポイントを得た。このレースでバトンはハットトリック(ポールポジション・優勝・ファステストラップを1レースに得る)を初めて達成している。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たミハエル・シューマッハ

    F1で出場したレース数は308回、決勝出走回数は305回と300戦を超えるレースを戦った数少ないドライバーの1人。なお、出場数が300を超えるドライバーは他にルーベンス・バリチェロとミハエル・シューマッハの2人しかいない。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

195件中 11 - 20件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード