140件中 81 - 90件表示
  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た2009年バーレーングランプリ

    次の中国GPは再び雨のレースとなり、予選5位、決勝はレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの後ろで3位表彰台に甘んじる。4戦目バーレーンGPでは4番グリッドからベッテルと、今年初のポールポジションを獲得したトゥルーリを従え優勝。このとき今年初めて、レーシング・スピードでチェッカーフラッグを受けた(以前3戦は後続車と大差があるなどで、速度を緩めて受けていた)。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た2009年スペイングランプリ

    本シーズン最初の大きなマシン改良が施されたスペインGPでは、バトンはマシンバランスの不調を訴えていたが、にもかかわらずポールポジションを獲得。決勝ではスタート直後チームメイトのバリチェロに先行されるも、バリチェロがオーバーステアに苦しみ3ストップ作戦に変更したこともあって、ピットストップで逆転、彼を従えて1-2フィニッシュする。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たルノーF1

    2002年は前年にベネトンを買収したルノーが自社のフルワークスチーム、ルノーF1を復活させ、生まれ変わった同チームから引き続き参戦することとなる。チームメイトはフィジケラに代わってヤルノ・トゥルーリとなった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た2003年モナコグランプリ

    もっとも、他チームと比較し客観的に見ればこの年も車の戦闘力は不十分なものであり、第15戦アメリカGPでは自身初となるラップリーダーを記録したもののエンジンブローによりリタイア、表彰台には恵まれず、第6戦オーストリアGPと第16戦日本GPで記録した4位が最高位であった。第7戦モナコGPでは土曜日の予選セッションにおいて大きな事故に見舞われ、同レースを棄権したばかりでなく、翌週のモンツァテストも欠席する事態となった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た2009年ブラジルグランプリ

    第16戦ブラジルグランプリでは、予選で14位と出遅れ、ポールポジションを獲得したチームメイトでランキング2位のバリチェロに大きなアドバンテージを築かれたものの、決勝ではスタート直後のクラッシュや、その後の度重なるオーバーテイクで順位を大きく上げた。終盤にはバリチェロがパンクによる予定外のピットインでバトンの後方に沈み、5位入賞で最終戦を待たずして2009年のワールドチャンピオンを獲得した。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た2010年ベルギーグランプリ

    第2戦オーストラリアGPにおいてマクラーレンでの初勝利を得た。雨が絡む難しいコンディションの中、予選4位からタイヤ戦略を成功させた結果の勝利だった。第4戦の中国GPでも、目まぐるしく変わる天候から冷静にコース状況とタイヤ選択を読み取り、予選5位から2勝目を飾る。他ドライバーが4回以上のピットストップを強いられる中、バトンは2回のピットストップと安定したドライビングが光り、大きなアドバンテージを築いた。タイヤ選択が功を奏したこと、雨を得意とすることやタイヤに負担をかけずに速さを出すバトンの走り方も大きな勝因となった。モナコGPではメカニックのミスによるエンジンの故障という不本意な原因でリタイアした。第13戦のベルギーGPでは、スタートで1位に躍り出たチームメイトのルイス・ハミルトンと共に一気に2位まで上がったが16周目にベッテルに追突されてリタイアを喫した。第14戦イタリアGPでは予選でポールポジションを取ったフェルナンド・アロンソに次ぐ2位を獲得。このGPではマクラーレンはFダクトを使用するか否かを検討してたが、バトンはFダクトを使用して望んだ(ハミルトンはFダクト無しのローダウンフォース仕様)。決勝ではスタートでアロンソを抜き1位に出たが、1回目のピットストップでアロンソに逆転されそのまま2位でチェッカーを受け優勝したアロンソ共にタイトル防衛の望みを繋げた。しかし第17戦韓国GPでは戦略ミスによりノーポイントに終わり、第18戦ブラジルGPでもレッドブル勢とアロンソに先を越され、チャンピオン防衛の可能性は無くなった。最終戦はハミルトンと共に表彰台に昇り、ベッテルのチャンピオン獲得を祝福した。最終的にドライバーズランキング5位でシーズンを終えた。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たブランズハッチ

    1998年に四輪にステップアップし、ヘイウッドレーシングからイギリス・フォーミュラ・フォードに参戦した。初年度ながら9勝を収め、この年のタイトルを獲得した。ブランズハッチで開催されたフォーミュラ・フォードの国際レース、フォーミュラ・フォード・フェスティバルにおいても、当時アメリカ選手権に参戦していたダン・ウェルドンを破って優勝を飾っている。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たウィリアムズF1

    2000年の初め、F1の名門チームウィリアムズがアレックス・ザナルディの代役を決めるため開催したトライアウトに、チーム代表のフランク・ウィリアムズからオファーを受けて参加した。そしてブラジル人ドライバーのブルーノ・ジュンケイラとの激しい争いの末、ウィリアムズのレギュラーシートを勝ち取った。20歳という異例の若さでのシート獲得だった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たモンツァ・サーキット

    もっとも、他チームと比較し客観的に見ればこの年も車の戦闘力は不十分なものであり、第15戦アメリカGPでは自身初となるラップリーダーを記録したもののエンジンブローによりリタイア、表彰台には恵まれず、第6戦オーストリアGPと第16戦日本GPで記録した4位が最高位であった。第7戦モナコGPでは土曜日の予選セッションにおいて大きな事故に見舞われ、同レースを棄権したばかりでなく、翌週のモンツァテストも欠席する事態となった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見た2011年スペイングランプリ

    2011年シーズンもチームメイトは前年同様ハミルトン。フライアウェイラウンドは出遅れ、マレーシアで2位表彰台を飾るもののハミルトン相手に遅れる展開が目立っていた。第5戦のスペインGPにおいては激しい3位争いを制してシーズン2度目の表彰台を飾る。第6戦のモナコGPではベッテル、アロンソと対等な争いを演じ、一時トップ走行でベッテル、アロンソを上回るペースであったものの、作戦のアヤとセーフティーカーのタイミングがあまりにもバトン不利に動いたのが響き、最終的に3位に終わった。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

140件中 81 - 90件表示

「ジェンソン・バトン」のニューストピックワード