260件中 111 - 120件表示
  • 韓国外換銀行

    韓国外換銀行から見たチェース・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    2004年、チェース・マンハッタン銀行アジア太平洋部門を統括しコロンビア大学でも教鞭を取っていたロバート・ファロンが会長に就任し、2007年までの4ヵ年で10億ドルの利益を出すことを目標とする事業再生計画を推進した。韓国外換銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 白石晴久

    白石晴久から見たJ.P.モルガンJPモルガン・チェース

    1950年(昭和25年)、東京都に生まれる。1974年(昭和49年)、東京大学工学部計数工学科の学士号を得て卒業、同年に第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行した。入行6年目の1979年(昭和54年)、アメリカのハーバード大学経営大学院へ留学し、1981年(昭和56年)に経営学修士(MBA)を取得した。第一勧業銀行においてコンピュータサイエンス、マクロ経済調査を経験したのち、人事制度の構築、CITグループの買収、J\.P\.モルガンとの投信合弁会社設立に参画した。また、第8次および第9次経営計画の策定を行っている。2005年(平成17年)4月、みずほ銀行常務取締役に就任した。2008年(平成20年)6月、富士ソフトの野澤宏会長の要請を受け、同代表取締役社長となった。2011年(平成23年)9月、同社を退社して 翌10月からみずほ銀行に戻り理事となっている。2012年(平成24年)6月 同行を退任し、同月からシチズンホールディングス常勤監査役を務めている。証券アナリスト検定会員。ビジネスプロセス革新協議会(現ビジネスプラットホーム革新協議会)(BPIA)常務理事。白石晴久 フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・メロン

    アンドリュー・メロンから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    1934年3月19日、司法長官ホーマー・カミングズ(Homer Stille Cummings)がメロンとラモント(Thomas Stilwell Lamont, 父はJPモルガンのThomas W. Lamont)を連邦所得税の脱税で告訴した。しかし、大陪審が訴追を求める政府の要求に応じなかった。1935年初頭、メロンの勝手な税務申告処理は合衆国連邦税不服審判所で争われ、メロンは未納分80万ドルを納付するよう命令された。アンドリュー・メロン フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJリース

    三菱UFJリースから見たチェース・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    1971年4月 - 三菱商事、三菱銀行、三菱信託銀行、明治生命、東京海上火災を中心とする三菱グループ11社並びに日本生命、第一生命、チェース・マンハッタン銀行関連会社3社合計16社を株主として、ダイヤモンドリース株式会社設立。三菱UFJリース フレッシュアイペディアより)

  • 原後雄太

    原後雄太から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    東京大学法学部卒業。JPモルガン資金部に為替トレーダーとして勤務。原後雄太 フレッシュアイペディアより)

  • ブレバード郡 (フロリダ州)

    ブレバード郡 (フロリダ州)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2011年、ウェルズ・ファーゴは地元資金19億米ドル、占有率26%だった。他にサンとラストが13億米ドル、17%、バンク・オブ・アメリカが12億米ドル、16%、リージョンズ・バンクが4億800万米ドル5%、JPモルガン・チェース3億7,900万米ドル、5%となっていた。ブレバード郡 (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街大暴落 (1929年)

    ウォール街大暴落 (1929年)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    同日(24日)13時、ウォール街の幾人かの指導的銀行家が取引所での恐慌と混乱に対する解決策を見つけるために落ち合った。この会合にはモルガン銀行の頭取代行トマス・W・ラモン、チェイス国定銀行頭取のアルバート・ウィギン、および国定ニューヨーク・シティバンク社長のチャールズ・E・ミッチェルが出ていた。彼らは取引所の副会頭リチャード・ホイットニーを彼らのために働く者として選出した。ホイットニーはその背後に控えた銀行家達の財務力をもとに、市場価格よりもかなり高い価格でUSスチール株を大量に購入する注文を出した。トレーダー達が見守る中で、ホイットニーは続いて他のブルーチップ(優良株)銘柄に同じような買い注文を出した。この操作は1907年の恐慌を終わらせた戦術に類似しており、その日の崩落を止めることに成功した。しかし、この時に一息ついたものの一時的なものに過ぎなかった。ウォール街大暴落 (1929年) フレッシュアイペディアより)

  • 藤巻幸大

    藤巻幸大から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    藤巻健史(日本維新の会所属参議院議員、元モルガン銀行東京支店長)は異母兄(父が先妻との間にもうけた子)。藤巻幸大 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり、世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し、当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでには至らなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば、自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    フランクリン・ルーズベルトは1932年の大統領選のキャンペーンに「3つのR - 救済、回復および改革」(Three R's - relief, recovery and reform.)を主唱し、彼はそのスピーチの中で“ニュー・ディール”の用語を造った。この大統領選は政策論争に終わらなかった。1932年3月4日からペコラ委員会が発足して暗黒の木曜日を引き起こした原因を調べ始めた。主催はニューヨークの検事補フェルディナンド・ペコラが務め、委員会の報告は連日新聞の一面を飾った。スキャンダルの嵐が吹き荒れ、一筋のかまいたちが全米の堪忍袋を引き裂いた。一つの銀行シンジケートにおいて、ジョン・モルガンの息子ジャックが1930年から3年間、また19人の仲間が1931年と翌年、連邦所得税を支払っていなかった。ジャックはイギリスで所得税を支払っており、先の19人は保有株の損失で税金の控除を受けていた。これら自体は何も違法性がなかったが、ジャック・モルガンがインサイダー取引に手を染めて、公開・上場前に株をまとめて引受け仲間へ安く売却していたことが分かった。所得税に関する情報は、インサイダー情報を共有するシンジケートの範囲や基盤に関係した。インサイダーの具体的内容はこうである。JPモルガンは主幹事として1929年にアレゲーニー・テクノロジー(リンク先は醜聞倒産してから再生をとげた後継企業)など3社の持株会社が発行した新株を引受けてコネクターに払い下げていた。アレゲーニーの場合、払い下げ価格が1株20ドルだった。コネクターはそれらを市場価格35ドルで売却した。コネクターには、カルビン・クーリッジ、ウィリアム・ウッディン、チャールズ・リンドバーグなどがいた。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

260件中 111 - 120件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード