260件中 121 - 130件表示
  • カナダの歴史

    カナダの歴史から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    フランス系の企業家は1910年でもカナダ全体の企業家のうち2.4%だけで、ケベックでも企業のほとんどはイギリス系カナダ人の手中にあった。膨大な連邦債・州債・カナダ企業証券を引受けるJPモルガンをカトリック資本と見ることもできるが、その意味でカナダ経済は現代まで混戦状態にある。1900年から1913年までイギリスの対カナダ投資額は40倍に増えて総額17億5000万ドルとなった。その6割が公債・鉄道に集中した。逆にアメリカからの投資は、総額こそイギリスの1/3強であったが6割以上が工業と鉱産・森林資源に投下され、しかも経営権をともなう普通株の取得やカナダに子会社・分工場を設立する直接投資であった。分工場はカナダ企業として各自治体からの助成を獲得した。その製品はカナダ産として優遇を受けながら大英帝国へ輸出された。カナダの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 5 ワールドトレードセンター

    5 ワールドトレードセンターから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    設計はコーン・ペダーセン・フォックスの手で進められている。計画では226m、42階建てで、建物の一部がカンチレバーで隣地(聖ニコラス聖堂)の上空へせり出している。当初はニューヨーク・ニュージャージー港湾公社と契約を結んだJPモルガン・チェースが本社ビルとして建設する計画であったが、2008年にベアー・スターンズを買収したことから、不透明になっている。港湾公社は1 WTCから4 WTCまでで十分なオフィス面積が確保できているとして、一時は5 WTCの建設をキャンセルすることも検討した。5 ワールドトレードセンター フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー国立銀行

    ベルギー国立銀行から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    世界恐慌が訪れ数え切れない企業が損害を出したが、ベルギー総合会社も例外ではなかった。抜け道だらけの銀証分離規制をかいくぐり、1934年8月のデクレで持ち株会社と新設の銀行部門(Société générale de banque)に分かれた。後者は直ちにデビアスや大西洋銀行(Banque Transatlantique)と連携し、ダイヤモンド顧問会議(now Antwerp Diamond Bank)を召集した。1941年、ケミカル銀行(現JPモルガン)がADBニューヨーク特別代理店を設置するのを助けた。第二次世界大戦中はナチス・ドイツに占領されてしまい、平常業務が滞るくらいだったので会社の成長はなかったとされている。ベルギー国立銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 森はるか

    森はるかから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    なお、同姓同名の声優(青二プロダクション所属)や証券アナリスト(JPモルガン証券勤務)が存在するが、全くの別人である。森はるか フレッシュアイペディアより)

  • フォーリン・アフェアーズ

    フォーリン・アフェアーズから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    ABCニュース、AIG、バンクオブアメリカ、ブルームバーグ、ボーイング、シティ・グループ、シェブロン、コカ・コーラ、デビアス、エクソン・モービル、FedEx、フォード・モーター、ジェネラル・エレクトリック、ジェネラル・モーターズ、ゴールドマン・サックス、Google、IBM、JPモルガン・チェース、マッキンゼー、メリル・リンチ、ロッキード・マーチン、コールバーグ・クラビス・ロバーツなどフォーリン・アフェアーズ フレッシュアイペディアより)

  • サンダカン (企業)

    サンダカン (企業)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1990年代、会社は中国の経済改革の波に乗り繁栄していたが、会社代表であったWai Shing Tingが病に倒れた影響もあり、会社は2000年にZSファンドに売却された。さらに2004年にはJPモルガン・チェースに買収され、2008年にはケーダーに買収された。2006年には業務再編と経営改革によりTingは会社を退き、深圳市の松崗溪頭玩具廠は山打根科技(深圳)有限公司となり、東莞市の東莞模型玩具五金廠は山打根實業(東莞)有限公司となった。ケーダーによる買収後、TingはサンダカンのCEOに復帰した。サンダカン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者

    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    デイヴィッド・ロックフェラー (David Rockefeller) ロックフェラー家当主、JPモルガン・チェース 最高経営責任者(CEO)ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たチェース・マンハッタンJPモルガン・チェース

    金融畑のポンピドゥーは外国銀行に手厚かったし、後継のジスカール・デスタンも同路線を受けついだ。1970年から1977年に外国預金銀行の資産は激増した。以下100万フラン単位で具体例を挙げる。シティバンク893から17282で19.35倍、北欧商業銀行5227から15540で2.97倍、モルガン・ギャランティー3647から12159で3.33倍、バンカメ831から9825で11.82倍、チェース・マンハッタン3619から9799で2.70倍、東京銀行556から4758で8.56倍、バークレイズ501から4710で9.40倍となった。他にモルガン系のケミカルやロックフェラー系のファースト・ボストンもやってきて、それぞれ資産を1977年に52億と30億フランにした。ウェストミンスター銀行も資産を55億フランにした。ブラジル銀行は54億ドルとなった。当時の間接金融離れで成長した米国資本の進出が目立つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ポラロイド

    ポラロイドから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2000年代に入ってからの急激な消費者のデジタルカメラへの移行の追随に失敗し、2001年10月に約9億4800万ドルの負債を抱えて経営破綻する。2002年7月にはJPモルガン・チェースのプライベート・エクイティ部門であるワン・エクイティ・パートナーズ(One Equity Partners 、以下OEP)に2億5500万ドルで買収される。この期間にOEPはポラロイド社の赤字部門の売却と廃止、米国の連邦倒産法で認められている従業員の年金や健康保険の支払いを放棄するなどリストラを行うと同時に、「ポラロイド」の名称のライセンスなどで売り上げを得た。ポラロイド フレッシュアイペディアより)

  • 藤巻直哉

    藤巻直哉から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    モルガン銀行東京支店の支店長などを経て参議院議員を務める藤巻健史と風貌が似ており、混同される場合があるが別人である。その藤巻健史とは『週刊朝日』2008年11月14日増大号にて対談が実現した。藤巻直哉 フレッシュアイペディアより)

260件中 121 - 130件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード