260件中 131 - 140件表示
  • クーン・ローブ

    クーン・ローブから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1870年代以降、クーン=ローブ商会は、今日でいうベンチャーキャピタルとして、当時の鉄道事業に積極的に投資。モルガン財閥と競争を繰り広げた。1877年のシカゴ・ノースウェスタン鉄道への資金調達を皮切りに、1881年にはペンシルバニア鉄道、シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道への資金調達を行った。シフは、1897年にユニオン・パシフィック鉄道の事業再建の資金調達を支援した。1901年のモルガン財閥とのノーザン・パシフィック鉄道の買収攻勢防戦劇は当時の大きな話題となった。また長期間にわたって、ウェスティングハウス、ウェスタン・ユニオン、ポラロイドなど、アメリカ合衆国の大企業と密接な関わりを持ち、長期の財政的な後ろ盾となった。またオーストリア、フィンランド、メキシコ、ベネズエラなど一部の外国政府の財政アドバイザーも務めた。パリ・リヨン・地中海鉄道の社債を引受けたこともある。クーン・ローブ フレッシュアイペディアより)

  • クーン・ローブ

    クーン・ローブから見たチェース・マンハッタンJPモルガン・チェース

    ジョン・ロックフェラーへのメインバンク、財政アドバイザーとしても有名。国内の主要産業への投資のみならず、クーン・ローブを通じ中華民国や大日本帝国などの公債引き受け等にも参画。日本政府が日英同盟を根拠にして日露戦争の日本公債をイギリス・ロンドンで販売した際、当時世界最大の石油産出量を誇っていたカスピ海のバクー油田の利権を持つロスチャイルド家は購入を拒否。その代わり同家は行動を共にするジェイコブ・ヘンリー・シフを紹介した。日本は戦費を調達できたが、戦後は金利を支払い続け、シフは「日露戦争で最も儲けた」。1911年にはクーン・ローブはロックフェラーと共同で、後にチェース銀行と合併するエクイタブル・トラスト社を買収した。関東大震災のときは台湾電力の社債を引受けている。クーン・ローブ フレッシュアイペディアより)

  • スマートグリッド

    スマートグリッドから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    巨額投資はどこから来るか。2014年4月10日、オランダのバンクトラックという非政府組織は、関係各行がグリーンボンドへ投資をすることで市場が盛り上がっていることを評価しつつも、個人投資家の参入を促すため市場の透明化を推進しなければならないという声明を出した。関係各行とは、バンカメ、シティグループ、クレディ・アグリコル、JPモルガン、パリバ、大和証券、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、HSBC、みずほ銀行、モルガン・スタンレー、ラボバンク、そしてスカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンである。ここに登場しなかったバークレイズ、カナダロイヤル銀行、ABNアムロ銀行も引き受け実績を上げている。スマートグリッド フレッシュアイペディアより)

  • デラウェア州

    デラウェア州から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    金融(バンク・オブ・アメリカ、M&T 銀行、ファーストUSA / バンクワン / JPモルガン・チェース、アメリカン・インターナショナル・グループ、シティグループ、ドイツ銀行、バークレイズ)デラウェア州 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ボルカー

    ポール・ボルカーから見たチェース・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    1957年、チェース・マンハッタン銀行に出向、同行副社長(1965年 - 1968年)を務める。ポール・ボルカー フレッシュアイペディアより)

  • マクシミリアン・フォン・リヒテンシュタイン (1969-)

    マクシミリアン・フォン・リヒテンシュタイン (1969-)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    リヒテンシュタイン公ハンス・アダム2世とその妻のマリー公妃の間の第2子、次男として生まれた。リヒテンシュタイン領内の学校で中等教育を終え、2年間の職業体験と旅行経験を積んだ後、ドイツ・ヘッセン州ので学んだ。大学卒業後の1993年にニューヨークのに入社。1997年から1998年にかけ、ハーバード・ビジネス・スクールで経営学を専門的に学び、経営学修士号を取得した。1998年よりハンブルクやロンドンのベンチャーキャピタル企業で、2000年から2006年までJPモルガン・パートナーズで働いた。2006年より一族の経営するLGTリヒテンシュタイン銀行の最高経営責任者に就任した。マクシミリアン・フォン・リヒテンシュタイン (1969-) フレッシュアイペディアより)

  • ラザード

    ラザードから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    ラザード () は、27か国43都市に事業所を持つ、ラザード・グループLLCの親会社であり、世界的な名門投資銀行。インドシナ銀行をはじめとする多くの企業へ役員を派遣し、PSA・プジョーシトロエン等フランス企業同士の大合併を仲介してきた。2004年、バンク・ワン(Bank One Corporation)とJPモルガン・チェースの合併に役割を演じて相応の顧問料を得た。ラザードは永らく非公開の合名会社であったが、2005年5月5日、ニューヨーク証券取引所に株式公開した。巨大な投資子会社ユーラゼオのポートフォリオがラザードの投資顧問業と相乗効果をあげている。ラザード フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    南北戦争の節で触れたように、南北戦争による北軍の勝利は、北部の資本による米国市場の統一を意味した。大陸横断鉄道の開通により、米国市場の統一が進んだ。アンドリュー・カーネギーは鉄鋼の需要を見越し、キーストン鉄橋会社を設立し、事業に成功し鋼鉄王の異名を取り巨万の富を得た。また、ジョン・ロックフェラーは1863年にスタンダード・オイル社を設立し、買収を繰り返し石油事業の独占を進めていった。金融業界では、ジョン・モルガンが父であるジューニアス・モルガンよりJ. S. モルガン&カンパニーの事業を受け継ぎ、JPモルガン・チェースを設立。1892年エジソン・ジェネラルエレクトリック社とトンプソン・ヒューストンエレクトリック社の合併を実現させ、ゼネラル・エレクトリックを、1901年にはカーネギーが持つ製鉄会社を買収し、その他複数の製鉄会社と合わせてUSスチールを設立。金融業界から電気、鉄鋼などの産業への支配を強めていった。彼ら資本家は事業の成功で得た富を慈善事業に使ったことより、泥棒男爵と揶揄された。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 野口真人

    野口真人から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    みずほ銀行(旧富士銀行)、JPモルガン・チェース銀行やゴールドマン・サックス証券にて通貨オプションの設計に携わり、その間にユーロマネー誌によるアンケートにて最優秀デリバティブセールスに三度選ばれる。野口真人 フレッシュアイペディアより)

  • サンダーバード国際経営大学院

    サンダーバード国際経営大学院から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    Gordon Smith, ’96, President and CEO of Card Services, JPMorgan Chase & Co.サンダーバード国際経営大学院 フレッシュアイペディアより)

260件中 131 - 140件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード