260件中 41 - 50件表示
  • バルジ・ブラケット

    バルジ・ブラケットから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    ベアー・スターンズ - 2008年に破綻し、JPモルガンに買収される。バルジ・ブラケット フレッシュアイペディアより)

  • 年金積立金管理運用独立行政法人に関する政策

    年金積立金管理運用独立行政法人に関する政策から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2013年10月2日、日銀が、クリアストリームという国際証券集中保管機関およびゴールドマン・サックス、バークレイズ、JPモルガン・チェース、シティバンクという2015年中HSBCの不祥事で2度も取りざたされる4金融機関を招致し、日銀ネット活用の名目で国債を流動化する方針を固めた。強力な外圧のあったことがうかがえる。年金積立金管理運用独立行政法人に関する政策 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村誠一郎

    吉村誠一郎から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    JPモルガン フレミングアセットマネジメントジャパン・ラジオCM吉村誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース・タワー

    JPモルガン・チェース・タワーから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    未だに時折「テキサス・コマース・タワー」と呼ばれることもある一方で、タワーの主要なテナントはその建物の名称にあるように、JPモルガン・チェース社のオフィスが占めている。JPモルガン・チェースはニューヨークにあった財務の店舗の多くを、ヒューストンへ移動したのである。現在タワーの建物自体は不動産会社のハイネス社(竣工当初の所有者)により運営され、プライム・アセット・マネジメント社により所有されている。しかし、近接する駐車場、JPモルガン・チェース・タワー&ガレージは、ハイネス社の所有である。JPモルガン・チェース・タワー フレッシュアイペディアより)

  • ケーダー

    ケーダーから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2008年に買収したサンダカンは、イギリスにおいて競合会社となっていたホーンビィ製品のODM生産を行っていた。また、ライオネルやメルクリン、BRAWA、アトラス、ライフライクなど様々な企業の鉄道模型や玩具のODM生産を行っていたが、2004年にJPモルガンによるサンダカンの買収で、生産上の深刻な問題を抱えていた。ケーダーによる買収で模型ODM生産業界が一本化された。その後、サンダカンの元のオーナーは会社に復帰した。ケーダー フレッシュアイペディアより)

  • 40 ウォール・ストリート

    40 ウォール・ストリートから見たチェース・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    40 ウォール・ストリート (40 Wall Street) は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区の超高層ビルである。当初の名前はバンク・オブ・マンハッタン・トラスト・ビル (Bank of Manhattan Trust building)、またはマンハッタン・カンパニー・ビル (Manhattan Company Building)であった。その出資テナントがチェース・マンハッタン銀行と合併したときに住所を使用したビル名となったが、現在の公式の名前は1995年にビルを買収したドナルド・トランプにちなんだトランプ・ビル (Trump Building) である。40 ウォール・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジョーンズ

    アレックス・ジョーンズから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2011年10月、ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)運動に対して、アレックスは当初、この運動を「アメリカ国民がついに目覚めた」と支持していたが、後に、ジョージ・ソロスが資金提供を行っていること、アル・ゴアやミハイル・ゴルバチョフなどの大物グローバリストが運動への支持を表明し始めると、この運動は社会主義者が組織した「統御された反対派 (Controlled Opposition)」であり、アメリカ版のカラー革命を起こそうとしているとして運動に批判的になった。アレックスは悪の根源は連邦準備制度と「六つの巨大銀行 (Six Mega-Banks)」(ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、シティグループ)であるとして、「Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)」運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えた。アレックス・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 田部文一郎

    田部文一郎から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1957年(昭和32年)米国三菱商事社長。アメリカ各地、その他メキシコ・キューバ、コロンビアなどに支店を拡げる。当時日本の銀行は金詰りだったためチェイス・マンハッタン銀行などのトップと直接交渉しアメリカの銀行から直に資金を調達。穀類や機械などを日本に輸出した。この頃、三井物産も合併し規模では三菱商事を抜いたが、三菱商事本店は、米国三菱に資金援助を受け三井物産を追い抜いたともいわれた。また当時アメリカでは日本車は、まだまったく売れない時代。米国三菱は日産車の販売も行ったが、トヨタと共に粘り腰でアメリカでの認知に尽力。その他各方面で業務拡大を図り通常2年の交代のところ田部のアメリカ滞在は7年に及んだ。1960年(昭和35年)、最年少で常務取締役、1969年(昭和44年)専務、1971年(昭和46年)副社長を経て1974年(昭和49年)念願の三菱商事社長に就任。田部文一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ゴードン・バンシャフト

    ゴードン・バンシャフトから見たチェース・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    その他、SOMの建築家として、彼はニューヨークのウォール街に建てられたチェース・マンハッタン銀行ビル(1961年。リーバ・ハウス同様のガラスの直方体の超高層ビルで、イサム・ノグチの中庭で知られる)、イェール大学のベイニッケ貴重書図書館(1963年、Beinecke Rare Book Library)、テキサス州オースティンのリンドン・B・ジョンソン記念図書館・博物館(1971年)、サウジアラビア・ジッダの国立商業銀行ビル(1981年 - 1983年)およびキング・アブドゥルアズィーズ国際空港のハッジ・ターミナル(1972年、巡礼者を捌くためのターミナルビル)などがある。ゴードン・バンシャフト フレッシュアイペディアより)

  • エリー鉄道

    エリー鉄道から見たJ.P.モルガンJPモルガン・チェース

    ジョージ・パーキンス (George Perkins) は1910年にをエリー鉄道に連れてきて社長とした。1913年の東部鉄道ストライキの間には、アンダーウッドはに基づく仲裁人によってなされたいかなる規定も受け入れると表明した。エリー鉄道の従業員の要求には賃金の20パーセント増があった。エリー鉄道の経営陣はこの賃金増を拒否したが、従業員に対して1915年1月までさらなる進展を待つように依頼して妥協した。組合の代表はこの妥協に同意した。しかし列車乗務員友愛組合の総裁であったW.G.リーは、エリー鉄道と交渉する唯一の方法は、J\.P\.モルガンや銀行を通じた方法であると主張した。アンダーウッドはウィスコンシン州の自宅から「私がエリー鉄道を経営しているのだ。ジョージ・パーキンスでも、J.P.モルガンでも、他の誰でもない」と返信した。エリー鉄道 フレッシュアイペディアより)

260件中 41 - 50件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード