260件中 61 - 70件表示
  • モーガン

    モーガンから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェース - アメリカに本社を置く金融企業。モーガン フレッシュアイペディアより)

  • デイトン (オハイオ州)

    デイトン (オハイオ州)から見たバンク・ワンJPモルガン・チェース

    デイトンの代表的な超高層ビルとしては、高さ124mのケッターリング・タワー (Kettering Tower) と117mのミードウェストバコ・タワー (MeadWestvaco Tower) が挙げられる。ケッターリング・タワーは、かつてはウィンターズ・バンクが本店を置き、名称もウィンターズ・タワーといった。バンク・ワンがウィンターズ・バンクを合併した後、ビルはバージニア・ケッターリングにちなんで現在の名称に改められた。デイトン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ブロード・ストリート (マンハッタン)

    ブロード・ストリート (マンハッタン)から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    有名な新ローマ様式 (neo-Roman) のファサードを持つニューヨーク証券取引所の建物とその正面入口はブロード・ストリート 18号に所在している。その向かいには、以前のJPモルガンの本社であった23 ウォール・ストリート (en) と15 ブロード・ストリート (en) が建っている。現在は、これらの建物は高級コンドミニアムに改装されている。他の主要な建物にはブロード・ストリート 25号のブロード・エクスチェンジ・ビルディングとブロード・ストリート 70号のアメリカン・バンク・ノート・カンパニー・ビルディングがある。ブロード・ストリート (マンハッタン) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ベイコン

    ロバート・ベイコンから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1881年、ベイコンはボストンのリー・ヒギンソン社に就職し、企業生活を開始した。ベイコンは1883年から1894年までボストンのE・ロリンズ・モース・ブラザー社で幹部を務めた後、1894年にニューヨークのJPモルガン(現JPモルガン・チェース)社で共同経営者の1人となった。ベイコンは1901年のUSスチール社設立、および1904年のノーザン証券社設立に関与した。ベイコンはJPモルガンにおいて「右腕」として活躍し、特に投資銀行業務に貢献した。ベイコンは1903年にJPモルガンを退き、政府用役に就いた。ロバート・ベイコン フレッシュアイペディアより)

  • ティーチ・フォー・アメリカ

    ティーチ・フォー・アメリカから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    TFAプログラムの出身者が運営する各種学校は2007年9月時点で282にも上る他、学部学生の最初の就職希望先(転職が当たり前であるアメリカでは「キャリアをスタートさせるに相応しいと考える場」と表現される)として、2006年の43位から2007年には並み居る大企業を押しのけて10位に躍進している。こうした人気の背景には、ジェネレーションYと呼ばれる1980年代以降生まれの世代の、共同体意識としたたかな心性を併せ持つ若者たちが就職年齢に達した状況があるとも指摘されている。またプライスウォーターハウスクーパース(大手会計事務所)やデロイトアンドトウシュ(大手会計事務所)、グーグル、ゼネラルエレクトリックはティーチ・フォー・アメリカと提携し、採用内定学生が就業前の2年間TFAプログラムに参加することを認めている。JPモルガンもやはり採用内定学生のTFAプログラム参加を認め、更にこうした学生への契約金支払いをTFAプログラム参加前に行い、加えてTFAプログラム参加中の採用内定学生の為のサマーキャンプを実施するなどの対応を採っている。ティーチ・フォー・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・コーザイン

    ジョン・コーザインから見たバンク・ワンJPモルガン・チェース

    コーザインの実業家としての第一歩は、シカゴのコンチネンタル・イリノイ国法銀行で始まった。コーザインはコンチネンタル・イリノイ国法銀行で契約部で業務を学んだ後、オハイオ州コロンブスの地方銀行バンク・ワンへ移った。コーザインは家族をニュージャージー州へと移住させ、1975年までバンク・ワンに勤めた。1975年からは証券会社ゴールドマン・サックス社の債券トレーダーとして勤め、1994年に同社の会長兼最高経営責任者に就任した。コーザインは同社を個人規模の取引銀行から世界的な証券取引銀行へと引き上げ、1997年にはアメリカのタイム誌から、影響力のある世界の経営者トップ50の1人に選出された。ジョン・コーザイン フレッシュアイペディアより)

  • ノーザン・パシフィック鉄道

    ノーザン・パシフィック鉄道から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1903年、ヒルはモルガン商会のもとに入った。10月23日、CB&Qのハワード・エリオットがNPの社長となった。ハワードは、前述した「短気な」チャールズ・エリオット・パーキンスの親戚で、またCB&Qの支援者、ジョン・マレイ・フォーブス(John Murray Forbes)の遠戚でもあった。ハワードは中西部の鉄道現場で20年を過ごしてきた。そこは、リベート、カルテルが横行し、規模の拡大、金利戦争などにおいて破滅的な競争状態にあった。同じ目的地にいくつかの鉄道が向かうことの結果を見てきたハワードはヒルの「同業者の共同体」という哲学に同調した。その哲学とは、鉄道会社はゆるやかな提携と結託を持ち、同一ルートの建設や金利競争を避けることにより、財政の弱体化、ひいては破産・再建となるのを避けなければならないというものであった。エリオットはヒルの支配下にあるGN、ハリマンの支配下にあるUPと協調関係に努めた。1907年から1909年の間、最後の北部の大陸横断鉄道、シカゴ・ミルウォーキー・セントポール・アンド・パシフィック鉄道(ミルウォーキー鉄道、MILW)とも同様であった。ノーザン・パシフィック鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • Hyperledger

    Hyperledgerから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    このイニシアチブの初期メンバーには、ブロックチェーン特化の企業(Blockchain、ConsenSys、Digital Asset、R3)、その他のテクノロジー企業(シスコ、富士通、日立、IBM、Intel、NEC、NTTデータ、Red Hat、VMware)、金融会社(ABN AMRO、ANZ銀行、BNYメロン、CLSグループ、CMEグループ、預託信託会社(DTCC)、ドイツBörseグループ、JPモルガン、ステート・ストリート、SWIFT、ウェルズ・ファーゴ)、その他(アクセンチュア、キャストトン、クレジット、 、IntellectEU、Nxt Foundation、Symbiont)が含まれる。Hyperledger フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・トランプ

    フレッド・トランプから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    フレッドには5人の子供がいた。年長から順に、マリアン(1937年 - 、アメリカ合衆国連邦裁判所判事)、フレデリック・フレッド・ジュニア(1938年 - 1981年)、エリザベス(1942年 - 、チェイス・マンハッタン銀行の重役秘書)、ドナルド(1946年 - 、第45代アメリカ合衆国大統領)、ロバート(1948年 - 、父フレッドの財産管理会社社長)である。フレッド・ジュニアは父フレッドに先立ち、42歳でアルコール中毒の合併症で亡くなっている。フレッド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • ビュート (モンタナ州)

    ビュート (モンタナ州)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    19世紀の終わりに、銅は電線、特に海底ケーブル敷設事業により莫大な需要を生じた。ウィリアム・A・クラーク、マーカス・ダリー、フリッツ・アウグスタウ・ハインツという3人の”銅山王”(Copper Kings)とロスチャイルド家がビュートの鉱物資源を争った。1899年、ダリーはウィリアム・ロックフェラー、ヘンリー・ロジャース、トーマス・ローソンと共同し合同銅鉱山社を組織した。すぐに、この会社はアナコンダ銅鉱山会社(ACM)と名前を変えた。めざましい成長をとげ、1920年代にはビュートの鉱山をほぼ独占するようになった。1917年、ビュートからの銅産出はピークを迎え、ゆっくりと減少していった。繁栄は1950年代まで続いたが、鉱脈の品質低下と他鉱山との競争が、アナコンダを危険な地下採掘から露天掘りに切り替えさせた。1967年、ACMへNY銀行シ団が総額8000万ドルを融資した。シ団の参加者はチェース・マンハッタンとケミカルとモルガン・ギャランティ・トラスト(いずれも現JPモルガン・チェース)、そしてロックフェラー家のシティ・バンク・オブ・ニューヨーク(現シティグループ)であり、拠出額は各行2000万ドルずつであった。1977年、アナコンダはプルドーベイ油田を発見したARCO に吸収合併された。ビュート (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

260件中 61 - 70件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード