260件中 71 - 80件表示
  • グランプリ・マニュファクチャラーズ・アソシエーション

    グランプリ・マニュファクチャラーズ・アソシエーションから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    興行面では、コンコルド協定が定める収益分配率が不公平であるとして、競技者(チーム)への配当を増額するよう要求した。また、F1の商業権を預かるSLECの株式の大半が投資銀行3社(バイエルンLB、JPモルガン、リーマン・ブラザーズ)によって管理されている状況を問題視した。グランプリ・マニュファクチャラーズ・アソシエーション フレッシュアイペディアより)

  • ハルト・インターナショナル・ビジネススクール

    ハルト・インターナショナル・ビジネススクールから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    James Cormier - JPモルガン・チェースの業務執行取締役ハルト・インターナショナル・ビジネススクール フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハ

    ハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    さらに、 アブドッラー国王科学技術大学 の創設者の一員として、信託理事会の 理事も務めている。 また、米国-サウジアラビア・ビジネス協議会の理事、 JPモルガン 国際評議会のメンバーでもある。ハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハ フレッシュアイペディアより)

  • ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ

    ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    M&Aプラクティスが特に著名で、1980年代にリプトン弁護士がいわゆる「ポイズン・ピル」を敵対的買収の防衛策として開発した。AT&T、ファイザー、JPモルガン・チェース等の大手企業を代理したことがある。企業関連訴訟のスキルも評価され、デラウェア会社法の主要判例に係わったことがある。ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • ルース・ペリー

    ルース・ペリーから見たチェイス・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    その後、巡回裁判所裁判官及び議員だったマクドナルド・ペリーと結婚し、7人の子供をもうけた。1971年に子供が成人し、リベリアの他に地域に移住したり、アメリカなどへ移住したりして親元から離れた後、チェイス・マンハッタン銀行のリベリア支店の役員として14年間勤務。しかし1985年のサミュエル・ドウ政権時にリベリア支店が閉鎖に追い込まれ、仕事を失ってしまう。同年10月の総選挙では野党の統一党(UP)より立候補し、グランドケープマウント郡選出の上院議員に当選し1986年から1990年まで務めた。この選挙ではドウの投票操作に抗議する野党議員が反発したが、当選したペリーは自分の選挙結果については受け入れている。ルース・ペリー フレッシュアイペディアより)

  • ワン・チェース・マンハッタン・プラザ

    ワン・チェース・マンハッタン・プラザから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    当時のチェース・マンハッタン・バンクの頭取であり、ロックフェラー家の現在の当主であるデイヴィッド・ロックフェラーがこのビルの建設を主導した。多くの企業がオフィスをミッドタウンに移したために衰退してしまったファイナンシャル・ディストリクトを再び活性化するために、この場所が建設地に選ばれた。ワン・チェース・マンハッタン・プラザは、"ロックフェラー・バンク" (Rockefeller Bank) の後身であるJPモルガン・チェースがオフィスとして使用している。ワン・チェース・マンハッタン・プラザ フレッシュアイペディアより)

  • アイモーネ・ディ・サヴォイア=アオスタ (1967-)

    アイモーネ・ディ・サヴォイア=アオスタ (1967-)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    アオスタ公アメデーオと、クロード・ドルレアン(パリ伯アンリの娘)の長男として、フィレンツェで生まれた。ミラノのボッコーニ大学を卒業後、イギリスにあるJPモルガン・チェースの支店で働いた。また、イタリア海軍に在籍していたことがある。2000年以降、イタリア企業ピレリのロシア支社に勤務している。アイモーネ・ディ・サヴォイア=アオスタ (1967-) フレッシュアイペディアより)

  • モサック・フォンセカ

    モサック・フォンセカから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1992年にゴードンが有罪となった。翌年に最初の子会社をつくった。1994年、地元政府と新法制を策定してニウエに本社を移し、モサック・フォンセカは以来20年間も島での業務を独占した。こうしてロシア・中国の顧客を獲得した。モサック・フォンセカは1995年までフェベリオンと関係を保持した。2001年までに島の政府へ160万ドルの分配金を払ったが、ニウエ政府の国家予算は200万ドルであった。その2001年までに合衆国当局から資金洗浄を見咎められたが、制裁は遅れた。そこでチェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)などがその島との取引をやめた。2003年、ニウエ政府はモサック・フォンセカの登録更新を断った。モサック・フォンセカ フレッシュアイペディアより)

  • ヘリテージ財団

    ヘリテージ財団から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    ヘリテージはチェース・マンハッタン銀行、ダウケミカル、フォード、ゼネラルモーターズ、モービル、P&G、グラクソ・スミスクラインなど100近くの大企業からも継続的な長期の寄付を受けている。1ヘリテージ財団 フレッシュアイペディアより)

  • アスマー・アル=アサド

    アスマー・アル=アサドから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    ロンドン大学(キングス・カレッジ・ロンドン)卒業後、JPモルガンに勤務。アスマー・アル=アサド フレッシュアイペディアより)

260件中 71 - 80件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード