260件中 81 - 90件表示
  • カーラ・アンダーソン・ヒルズ

    カーラ・アンダーソン・ヒルズから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2013年現在はアメリカの国際関係に多大な影響力を持つ各組織の重要な役員を務めている。外交問題評議会(CFR)共同理事長、日米欧三極委員会理事、ピーターソン国際経済研究所理事、戦略国際問題研究所(CSIS)諮問委員会共同議長、米中関係全国委員会委員長、ヒルズ&カンパニー会長、ギリアド・サイエンシズ取締役、JPモルガン・チェース、ロールス・ロイス、コカコーラ各社の国際取締役。前シェブロン・テキサコ取締役。カーラ・アンダーソン・ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・スリム・ヘル

    カルロス・スリム・ヘルから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    1990年、できたばかりのフランステレコムと、やがてAT&Tを再編するサウスウェスタン・ベルをともない、共同出資によりテレメックスを買収した。アメリカ・モービル子会社のテルセルは、2006年11月にアメリカ大使の電報がウィキリークス経由で漏洩して、メキシコ携帯電話市場の8割を独占していることが明らかとなった。2010年1月29日のEmpresas Cablevisión vs JP Morgan Chase Bank 訴訟判決では、カルロス・スリムの躍進がJPモルガンと密接な関係にあった事実が散見された。2012年4月、メキシコ当局による反トラスト訴訟で1億ドルの罰金を請求された。2014年4月23日、テレコム・オーストリアを傘下に収め、ヨーロッパ進出の足がかりとした。カルロス・スリム・ヘル フレッシュアイペディアより)

  • 藤野英人

    藤野英人から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1996年 ジャーディンフレミング投信・投資顧問株式会社(現:JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社)入社藤野英人 フレッシュアイペディアより)

  • JBS (企業)

    JBS (企業)から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2008年9月16日、ブラジルの食肉メーカーで三本の指に入るGrupo Bertinの買収を発表した。この買収により、世界最大の牛肉加工メーカーになることとなり、この買収をJPモルガン・チェースとバンコ・サンタンデール・ブラジルがJBSを支援した。また、2008年末には、破産を申請したテキサス州・ピッツバーグに本社を構えるアメリカ合衆国最大の鶏肉加工メーカーであるピルグリムズ・プライド(en)を280億ドルで買収することで鶏肉業界にも参入することとなった。JBS (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・シフ

    ジェイコブ・シフから見たチェース・マンハッタンJPモルガン・チェース

    シフの帝政ロシア打倒工作は徹底しており、第一次世界大戦の前後を通じて世界のほとんどの国々に融資を拡大したにも拘らず、帝政ロシアへの資金提供は妨害した。1917年にレーニン、トロツキーに対してそれぞれ2,000万ドルの資金を提供してロシア革命を支援した。しかし、経営者一族がシフの縁戚となっていたファースト・ナショナル銀行ニューヨークは、ロックフェラーのチェース・マンハッタン、J・P・モルガン・アンド・カンパニーと協調して、ソビエトに対する融資を継続していた。ジェイコブ・シフ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・シフ

    ジェイコブ・シフから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    シフの帝政ロシア打倒工作は徹底しており、第一次世界大戦の前後を通じて世界のほとんどの国々に融資を拡大したにも拘らず、帝政ロシアへの資金提供は妨害した。1917年にレーニン、トロツキーに対してそれぞれ2,000万ドルの資金を提供してロシア革命を支援した。しかし、経営者一族がシフの縁戚となっていたファースト・ナショナル銀行ニューヨークは、ロックフェラーのチェース・マンハッタン、J・P・モルガン・アンド・カンパニーと協調して、ソビエトに対する融資を継続していた。ジェイコブ・シフ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・シャーマン (政治家)

    ジョン・シャーマン (政治家)から見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    独禁法はリンク先の記事へ説明を譲るとして、銀購入法は説明を要する。端的には売りオペを規定した。毎月450万オンスの銀塊を市場価格で買い入れるとき、対価を額面1から1000ドルの財務省紙幣で支払った。この紙幣はブランド・アリソンと同様に法貨であり、しかも国法銀行が保有するとき準備金に算入できた。財務省には過大評価された銀ドルが蓄積した。1893年恐慌で銀が暴落すると、紙幣およびグリーンバックスに対して金での償還要求が続いた。この取り付けで財務省は散々な目にあって、議会は1893年にシャーマン銀購入法を廃止した。財務省はJPモルガンとロックフェラー系の銀行団に為替操作を実行させて金流出を阻止した。また、6200万ドルの国債を売却してヨーロッパ特にドイツから金を輸入して金準備を補強した。ジョン・シャーマン (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • ステート・ストリート

    ステート・ストリートから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    2003年、ステート・ストリートはドイツ銀行の証券部門を15億ドルで買収し取引総額でJPモルガン・チェースを超えた。この年、郵便貯金と簡易保険の資産管理を担うようになった。ステート・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    持論の多くを国際主義者集団を中心に説明することが多い。この国際主義者集団とは、「近代西洋世界のメインプレーヤー」として台頭してきたクラブ・オブ・アイルズ(Club of the Isles)(ビルダーバーグ、RIIA、IPR、ローマクラブ)、ロスチャイルド家を筆頭とする宮廷ユダヤ人(ワールブルグ家、ピエレオーネ家、レカナティス家、フッガー家、モンテフィオーレ家)、アメリカ東部エスタブリッシュメント(ロックフェラー、モルガン、メロン、カーネギー、CFR、TC)、共産主義者(インターナショナル、コミンテルン、ニューディーラー)、シオニストなどを指し、国際時事講演会や著書に於いて「ワンワールド主義者」、「世界支配の連中」とも呼ばれる。これらの勢力は、必ずしも一枚岩ではないが、時に双頭戦略を駆使してまで世界を牽引することで、将来的に、世界統一政府を樹立するものと予想されている。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

  • ミューチュアル・ファンド

    ミューチュアル・ファンドから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    粘り強い追及のあと、1940年投資会社法で、投資会社が他の投資会社の既発行議決権付株式の3%以上を取得してはならないと定められた。これを脱法するために、共通のスポンサーや引受人が複数の投信会社を統括するファンド複合体(ファンド・コンプレックス)がつくられていった。複合体は利子・配当・キャピタルゲインの全てを追求できた。ファンド複合体の管理者は投資顧問とよばれ、そのグループが特定の証券に影響力をもてるよう采配できた。1950-60年代最大のミューチュアル・ファンド複合体は、JPモルガン傘下のIDS(Investors Diversified Services, アレゲーニー・コーポレーションの傘下企業。エクソンモービル等に影響力をもった。首位)であった。証券取引委員会の調べでは、1966年で純資産の合計が51.7億ドルに達し、約30.2億ドルのMIT(Massachusetts Investors Trust, エドワード・レフラーの古巣、第二位)や、およそ26.8億ドルのフィデリティ・インベストメンツを引き離した(三位)。およそ22.4億ドルのワデル・アンド・リード(Waddell & Reed)、約20.5億ドルのウェリントン・マネジメント(Wellington Management Co.)が四位と五位に続く。六位は15.8億ドルのインベスターズ・マネジメント(数年後にアンカー・グループと改称)、七位は14.4億ドルのユニオン・サービス、八位は12.8億ドルのアベット男爵商会(Lord Abbett)であった。キーストーン(Keystone Investments, 2001年ワコビアと対等合併、現ウェルズ・ファーゴ)とパトナム(Putnam Management, パワー・コーポレーション系列)がそれぞれおよそ1.2億ドルにとどまった(九・十位)。上位10複合体は、投資会社資産全体の45%を管理・運用していた。ミューチュアル・ファンド フレッシュアイペディアより)

260件中 81 - 90件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード