82件中 31 - 40件表示
  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たM&A

    1851年にはケミカル・バンクが親会社から独立し、以降は合併・買収を進めて業容拡大を続ける。特に大型の買収に1954年のコーン・エクスチェンジ・バンク、1988年のテキサス・コマース・バンク、1993年のマニュファクチャーズ・ハノーヴァー・トラストなどがある。買収の過程で幾度か総資産・預金シェアで米国トップになった。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見た株式

    1970年代から1980年代にかけてはデイヴィッド・ロックフェラーが頭取を務める。この頃は債券・株式市場、シンジケートローンからクレジットカード、住宅ローンに至るまで、幅広い分野で高い業績を誇る名門銀行だった。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たヘッジファンド

    ヘッジファンド部門は米国最大で、340億ドルを管理している。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たテロリスト

    製紙、電気事業にも投資を行いさらに巨大化。1914年にウォール街に建設された本部は「モルガン邸」と通称され、金融資本による経済支配の象徴的存在となった。それゆえ反体制派の標的ともなり、1920年には本部前でテロリストによる爆弾事件が発生。33人が死亡し400人が重軽傷を負ったこの事件では、「もはや我慢の限界だ。政治犯を解放しなければ、貴様ら全員に死が訪れる」という中身の脅迫文が無政府主義者を名乗る者から送り付けられている。FBIが捜査にあたったが、1940年に最後の事件報告書を提出し、ついに犯人は特定されなかった。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たニューヨーク連邦準備銀行

    2008年10月13日 アメリカ財務省長官、連邦準備理事会議長、通貨監督局、連邦預金保険公社、ニューヨーク連邦準備銀行に不良債権救済プログラム(TARP)実施について同意を求められる。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たワシントン・ミューチュアル

    さらに、2007年以降の金融危機の混乱の中、経営状態の悪化した銀行を買収して規模を大きくしている。2008年5月に当時米国5位の投資銀行 ベアー・スターンズ(総資産3945億ドル。2008年2月現在)を買収。2008年9月には当時米国最大の貯蓄貸付組合 ワシントン・ミューチュアル(総資産3070億ドル。2207支店。2008年9月現在)を買収。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見た市中銀行

    繁栄を謳歌したJPMだったが、1929年の世界恐慌により打撃を被る。これを受けてグラス・スティーガル法(銀行と証券の兼営を禁止する法律)も制定され、市中銀行になるか投資銀行になるかの選択を余儀なくされた。JPMは恐慌以前に比較的収益の安定していた市中銀行としての道を選び、分離された証券・投資銀行部門はその後モルガン・スタンレー(MS)となった。誤解されがちだが、MSの「モルガン」はジョン・ピアポント・モルガンに由来するものではなく、投資銀行部門の一般社員から昇進したヘンリー・モルガン(ジョン・ピアポント・モルガンの孫)の名前から付けられている。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たベアー・スターンズ

    さらに、2007年以降の金融危機の混乱の中、経営状態の悪化した銀行を買収して規模を大きくしている。2008年5月に当時米国5位の投資銀行 ベアー・スターンズ(総資産3945億ドル。2008年2月現在)を買収。2008年9月には当時米国最大の貯蓄貸付組合 ワシントン・ミューチュアル(総資産3070億ドル。2207支店。2008年9月現在)を買収。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たUSスチール

    J・S・モルガンの息子であるジョン・ピアポント・モルガン(J・P・モルガン)は、父の事業を米国内で広げ、1871年にJP モルガンの前身となるドレクセル・モルガン&カンパニー(Drexel, Morgan & Co.)をフィラデルフィアの銀行家、アンソニー・J・ドレクセルと共同でニューヨークに設立した。ドレクセルの死後、1895年にドレクセル・モルガン&カンパニーはJ.P. モルガン&カンパニー(J.P. Morgan & Company)となる。JPMはアンドリュー・カーネギーほか米国内の鉄鋼会社を買収し、USスチール社を設立し業界を再編。世界初の時価総額10億ドル企業誕生の仕掛人となった。1895年、米国債を金6,200万ドルで引き受け、後の償還ではこれを現金1億ドルに換えて手に入れた。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見た持株会社

    JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは持株会社の名称であり、子会社のJPモルガン・チェース銀行は米国外を含む商業銀行業務(預金、クレジットカード、住宅ローン、自動車ローン、学生ローン、保険、投信、オンラインバンキング等)を、子会社のJPモルガンは米国外を含む投資銀行業務(資産管理、証券業務、プライベートバンク、プライベートエクイティ)を分担している。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード