82件中 61 - 70件表示
  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たオハイオ州

    バンク・ワン・オブ・オハイオは、オハイオ州地盤だったシティ・ナショナル・バンク・オブ・コロンバス=オハイオを中心とした地元銀行の持株会社として設立されたファースト・バンクグループ・オブ・オハイオが前身である。ファースト・バンクグループがバンク・ワンと社名を変更したのに合わせて、傘下の銀行も合併しバンク・ワンとなった。他の州へ業務を拡大し、銀行を買収する際も、常にバンク・ワンの名称を用い続けた。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たフランス

    第一次世界大戦中にはイングランド銀行が発行する戦時債券の独占代理人を引き受けた。加えてイギリス・フランスの軍需産業にも融資し、利益を上げる。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たフォーブス・グローバル2000

    フォーブスのフォーブス・グローバル2000では、2010年と2011年の2年連続で世界一位を獲得した。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見た世界恐慌

    繁栄を謳歌したJPMだったが、1929年の世界恐慌により打撃を被る。これを受けてグラス・スティーガル法(銀行と証券の兼営を禁止する法律)も制定され、市中銀行になるか投資銀行になるかの選択を余儀なくされた。JPMは恐慌以前に比較的収益の安定していた市中銀行としての道を選び、分離された証券・投資銀行部門はその後モルガン・スタンレー(MS)となった。誤解されがちだが、MSの「モルガン」はジョン・ピアポント・モルガンに由来するものではなく、投資銀行部門の一般社員から昇進したヘンリー・モルガン(ジョン・ピアポント・モルガンの孫)の名前から付けられている。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たコロンバス (オハイオ州)

    テキサス州地盤のテキサス・コマース・バンクを買収した経緯から、同州のヒューストンが南部における総代理店としての役割を担っている。この他主要な支店はフェニックス、コロンバス、フォートワース、インディアナポリスなど。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たマンハッタン

    かつてはマンハッタンのダウンタウンにあるチェース・マンハッタン・プラザが本社だったが、現在はパーク通り270番地にグループ全体の統括本部を置く。リテール部門のチェースは、2004年に買収したバンク・ワンの本拠地であるシカゴに移っている。クレジットカード部門の本部はウィルミントンにある。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見た債券

    1970年代から1980年代にかけてはデイヴィッド・ロックフェラーが頭取を務める。この頃は債券・株式市場、シンジケートローンからクレジットカード、住宅ローンに至るまで、幅広い分野で高い業績を誇る名門銀行だった。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たニューヨーク

    JPモルガン・チェース()は、アメリカ合衆国ニューヨークに本拠地を置く銀行持株会社で、商業銀行であるJPモルガン・チェース銀行(JPMorgan Chase Bank, N.A.)や投資銀行であるJPモルガン(J.P. Morgan)を子会社として有する。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たフィラデルフィア

    J・S・モルガンの息子であるジョン・ピアポント・モルガン(J・P・モルガン)は、父の事業を米国内で広げ、1871年にJP モルガンの前身となるドレクセル・モルガン&カンパニー(Drexel, Morgan & Co.)をフィラデルフィアの銀行家、アンソニー・J・ドレクセルと共同でニューヨークに設立した。ドレクセルの死後、1895年にドレクセル・モルガン&カンパニーはJ.P. モルガン&カンパニー(J.P. Morgan & Company)となる。JPMはアンドリュー・カーネギーほか米国内の鉄鋼会社を買収し、USスチール社を設立し業界を再編。世界初の時価総額10億ドル企業誕生の仕掛人となった。1895年、米国債を金6,200万ドルで引き受け、後の償還ではこれを現金1億ドルに換えて手に入れた。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たグラス・スティーガル法

    繁栄を謳歌したJPMだったが、1929年の世界恐慌により打撃を被る。これを受けてグラス・スティーガル法(銀行と証券の兼営を禁止する法律)も制定され、市中銀行になるか投資銀行になるかの選択を余儀なくされた。JPMは恐慌以前に比較的収益の安定していた市中銀行としての道を選び、分離された証券・投資銀行部門はその後モルガン・スタンレー(MS)となった。誤解されがちだが、MSの「モルガン」はジョン・ピアポント・モルガンに由来するものではなく、投資銀行部門の一般社員から昇進したヘンリー・モルガン(ジョン・ピアポント・モルガンの孫)の名前から付けられている。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード