ジャスティン・ガトリン ニュース&Wiki etc.

ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin, 1982年2月10日 - )は、ニューヨーク市ブルックリン区出身の短距離競走選手。テネシー大学卒業。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジャスティン・ガトリン」のつながり調べ

  • 2013年世界陸上競技選手権大会・男子100m

    2013年世界陸上競技選手権大会・男子100mから見たジャスティン・ガトリン

    超人的な活躍を見せるウサイン・ボルトの戦績は好ましいものであった。前回の覇者ヨハン・ブレークが故障で出場しない中、ジャスティン・ガトリンがボルトに最も近いライバルとなった。 ガトリンは2013年シーズンの序盤でボルトに勝利していた。決勝は暴風雨の中行われた。ガトリンが1番に飛び出したが、ボルトとは1mほどしか離れておらず、次第に距離を縮められ、追い抜かれた。ボルトが勝利を手にした瞬間、空には稲妻が走り、それを捉えた写真が注目を浴びた。ネスタ・カーターは2人に続いて3着でゴールした。こうした悪条件下で、決勝よりも条件の良かった準決勝での記録より良いタイムを出したのは、ボルトらメダリストだけであった。(2013年世界陸上競技選手権大会・男子100m フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ベイリー (陸上選手)

    ライアン・ベイリー (陸上選手)から見たジャスティン・ガトリン

    6月の全米選手権(兼オリンピックトライアル)男子100m決勝で9秒93(+1.8)をマーク。ジャスティン・ガトリン(9秒80)、タイソン・ゲイ(9秒86)に次ぐ3位に入り、マイク・ロジャース(9秒94)やダービス・パットン(9秒96)らに競り勝ちオリンピック代表に内定した。8月のロンドンオリンピックでシニア世界大会デビューを果たすと、男子100m予選を自己ベストタイおよびオリンピック予選最速記録となる9秒88(+1.5)で突破。準決勝もウサイン・ボルト(9秒87)に次ぐ9秒96(+1.0)の組2着で突破し、オリンピック初出場でいきなりファイナリストとなった。迎えた決勝では再び自己ベストタイの9秒88(+1.5)をマークするも、3位とは0秒09差の5位(当時)でメダルは逃した。男子4×100mリレーは決勝のみの出場になり、アメリカは1走トレル・キモンズ、2走ジャスティン・ガトリン、3走タイソン・ゲイ、4走ベイリーで決勝に臨んだ。決勝でアメリカは37秒04のアメリカ記録(当時)を樹立したものの、36秒84の世界記録を樹立したジャマイカに敗れ銀メダルに終わった。しかし、翌年にタイソン・ゲイのドーピングが発覚し、2015年5月にリレーメンバー全員のメダルが剥奪された。リレーの記録も抹消されたが、100mの順位は5位から4位に繰り上がった。8月17日のダイヤモンドリーグ・DNガラン男子100mを9秒93(+0.7)で制し、ダイヤモンドリーグ初勝利をあげた。(ライアン・ベイリー (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

「ジャスティン・ガトリン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ジャスティン・ガトリン」のニューストピックワード