前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • マーク・ルイス=フランシス

    マーク・ルイス=フランシスから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    ルイス=フランシスは、初めてのオリンピックで金メダルを手にしている。しかし、世界選手権では、2001年エドモントン大会から4大会連続出場しているものの、金メダルは獲得できていない。なお、2001年のエドモントンの2次予選では(風速計故障で非公認ながらも)9秒97という、19歳としては驚異的な記録を達成。同じ1982年生まれのアメリカのジャスティン・ガトリンや、ジャマイカのアサファ・パウエルでもこの年齢の時にはこのような記録を出したことなく、この世代では世界一のスプリンターと見られていた。ルイス=フランシスによって世界記録がいずれ更新されるものと見られていた。ところが、20歳を過ぎると、ルイス=フランシスは伸び悩んでいく。スプリンターのピークは20代後半とされているが、ルイス=フランシスについては10代であったかのようである。マーク・ルイス=フランシス フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・オビクウェル

    フランシス・オビクウェルから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    アテネオリンピックでのパフォーマンスは驚異的であった。100mの2次予選では、最後を流したにもかかわらず9秒93で1着通過し、ポルトガル新記録(当時)を樹立。さらに決勝では、中盤からの追い上げにより、前回チャンピオンのモーリス・グリーンらをかわし、ジャスティン・ガトリンに次いで2位でフィニッシュした。タイムは9秒86で、ヨーロッパ記録を11年ぶりに塗り替える快挙だった(従来の記録は、1993年にリンフォード・クリスティが出した9秒87)。フランシス・オビクウェル フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・フレイター

    マイケル・フレイターから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    世界陸上ヘルシンキ大会では男子100mにおいてアメリカ合衆国のジャスティン・ガトリンの次につけて銀メダルを獲得。2007年の世界陸上大阪大会では出場権を獲得出来ず、出場出来なかったが翌年のオリンピックでは出場権を獲得し順当に勝ち上がり自己ベストを更新して同国で100mの世界歴代2位の記録を持つアサファ・パウエルに続き6位入賞を果たした。4×100mリレーではネスタ・カーター、ウサイン・ボルト、アサファ・パウエルと走り決勝では37秒10の世界新記録(当時)で優勝した。但し予選ではウサイン・ボルトの代わりにドワイト・トーマスが走っている。マイケル・フレイター フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン

    ジャスティンから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    ジャスティン・ガトリン - アメリカの短距離競走選手。ジャスティン フレッシュアイペディアより)

  • トレバー・グラハム

    トレバー・グラハムから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    選手としては、1988年のソウルオリンピックにジャマイカ代表で出場し、4×400mリレーで銀メダルを獲得した(ただし、決勝戦には出場していない。)。指導者としては、スプリント・キャピトルUSAのヘッドコーチを務め、マリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ジャスティン・ガトリンらを指導した。しかし、バルコ・スキャンダルの渦中で、彼の指導した選手たちがドーピングを行っていた事実が明らかになっていった。トレバー・グラハム フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    2005年世界陸上選手権では、アテネオリンピック100m覇者のジャスティン・ガトリンとの勝負が期待されたが怪我のため欠場。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・グリーン (陸上選手)

    モーリス・グリーン (陸上選手)から見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    残っていたが、前述のモンゴメリの記録が公認されていた2002年9月14日から2005年12月までと、ジャスティン・ガトリンが同じくドーピング違反で後に抹消される記録9秒77をマークした2006年5月12日から抹消される同年8月23日まではアメリカ記録としては扱われず、「結果的にアメリカ記録を保持し続けていた」状態で、1度のパフォーマンスで3回アメリカ記録の認定を受けることとなった。モーリス・グリーン (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m

    ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100mから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    準決勝第1組に出場したジャスティン・ガトリンは準決勝の最速記録である9秒82で通過し、かつての記録保持者であるアサファ・パウエルを下した。さらにパウエルは9秒91をマークしたチュランディ・マルティナにも敗れて9秒94で3位となり、記録により決勝進出を決めた。同組を走ったスワイボウ・サネー(Suwaibou Sanneh)は前日に続いてガンビアの国内記録を更新する10秒18を記録した。第2組には前回覇者で世界記録保持者のウサイン・ボルトが9秒87で軽く通過、ライアン・ベイリー(Ryan Bailey)が9秒96で2位となった。第3組では9秒85でヨハン・ブレークが9秒90のタイソン・ゲイを交わした。この結果、9秒94のパウエルと10秒02のリチャード・トンプソンがタイムにより決勝進出を決めた。ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    8月22日 - 陸上競技のジャスティン・ガトリンがドーピング違反により8年間出場停止処分に。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • テネシー大学

    テネシー大学から見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    ジャスティン・ガトリン - 短距離競走選手テネシー大学 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「ジャスティン・ガトリン」のニューストピックワード