前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • チャールズ・シルモン

    チャールズ・シルモンから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    6月下旬、全米選手権の男子100m準決勝を9秒85(+3.2)の全体1位で突破すると、決勝では公認初の9秒台となる9秒98(+1.1)をマークしてジャスティン・ガトリン(9秒89)に次ぐ2位に入り、8月に開催されるモスクワ世界選手権アメリカ代表の座をつかんだ。チャールズ・シルモン フレッシュアイペディアより)

  • ウサイン・ボルト

    ウサイン・ボルトから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    2013年8月の世界陸上モスクワ大会の男子100メートル決勝で、雷鳴がとどろく向かい風0.3メートルの条件下で今季自己最高となる9秒77で優勝し、2大会ぶりの金メダルを獲得した。 世界陸上で獲得したメダルは通算8個目。決勝は、選手のウォームアップ場は突風でテントが吹き飛ばされ、大きな雨粒が選手たちにたたきつけられるなど、レース後にジャスティン・ガトリンが「正直、レースは延期になるんじゃないかと思った」と話すほど最悪なコンディションであったが、今季自己最高を記録した。ウサイン・ボルト フレッシュアイペディアより)

  • レナルド・ニアマイア

    レナルド・ニアマイアから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    現在彼は陸上競技選手のマネージメントを行っており、これまでに彼が携わった選手にはアレン・ジョンソンやマーク・クリア、ジャスティン・ガトリンがいる。レナルド・ニアマイア フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m

    ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100mから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    準決勝第1組に出場したジャスティン・ガトリンは準決勝の最速記録である9秒82で通過し、かつての記録保持者であるアサファ・パウエルを下した。さらにパウエルは9秒91をマークしたチュランディ・マルティナにも敗れて9秒94で3位となり、記録により決勝進出を決めた。同組を走ったスワイボウ・サネーは前日に続いてガンビアの国内記録を更新する10秒18を記録した。第2組には前回覇者で世界記録保持者のウサイン・ボルトが9秒87で軽く通過、ライアン・ベイリーが9秒96で2位となった。第3組では9秒85でヨハン・ブレークが9秒90のタイソン・ゲイを交わした。この結果、9秒94のパウエルと10秒02のリチャード・トンプソンがタイムにより決勝進出を決めた。ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m フレッシュアイペディアより)

  • 2013年世界陸上競技選手権大会・男子100m

    2013年世界陸上競技選手権大会・男子100mから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    超人的な活躍を見せるウサイン・ボルトの戦績は好ましいものであった。前回の覇者ヨハン・ブレークが故障で出場しない中、ジャスティン・ガトリンがボルトに最も近いライバルとなった。 ガトリンは2013年シーズンの序盤でボルトに勝利していた。決勝は暴風雨の中行われた。ガトリンが1番に飛び出したが、ボルトとは1mほどしか離れておらず、次第に距離を縮められ、追い抜かれた。ボルトが勝利を手にした瞬間、空には稲妻が走り、それを捉えた写真が注目を浴びた。ネスタ・カーターは2人に続いて3着でゴールした。こうした悪条件下で、決勝よりも条件の良かった準決勝での記録より良いタイムを出したのは、ボルトらメダリストだけであった。2013年世界陸上競技選手権大会・男子100m フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ルイス=フランシス

    マーク・ルイス=フランシスから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    ルイス=フランシスは、初めてのオリンピックで金メダルを手にしている。しかし、世界選手権では、2001年エドモントン大会から4大会連続出場しているものの、金メダルは獲得できていない。なお、2001年のエドモントンの2次予選では(風速計故障で非公認ながらも)9秒97という、19歳としては驚異的な記録を達成。同じ1982年生まれのアメリカのジャスティン・ガトリンや、ジャマイカのアサファ・パウエルでもこの年齢の時にはこのような記録を出したことなく、この世代では世界一のスプリンターと見られていた。ルイス=フランシスによって世界記録がいずれ更新されるものと見られていた。ところが、20歳を過ぎると、ルイス=フランシスは伸び悩んでいく。スプリンターのピークは20代後半とされているが、ルイス=フランシスについては10代であったかのようである。マーク・ルイス=フランシス フレッシュアイペディアより)

  • テネシー大学

    テネシー大学から見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    ジャスティン・ガトリン - 短距離競走選手テネシー大学 フレッシュアイペディアより)

  • ドーハ

    ドーハから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    2006年5月12日、この地で開かれた陸上競技のグランプリ・カタール大会で、アメリカのジャスティン・ガトリンが男子100mで、世界新記録となる9秒76をマークした(5日後に、国際陸連が計時ミスがあったと認め、9秒77に訂正された)。ドーハ フレッシュアイペディアより)

  • アイザイア・ヤング

    アイザイア・ヤングから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    6月の全米選手権に出場すると、男子100mは予選で追い風参考記録ながら9秒85(+2.1)をマーク。準決勝も9秒93(+3.7)で突破したが、決勝はタイソン・ゲイ(9秒87)、トレイボン・ブロメル(9秒96)、マイク・ロジャース(9秒97)に次ぐ10秒00(0.0)の4位で表彰台を逃した。男子200mは予選でいきなり19秒99(+1.7)をマークすると、準決勝は20秒19(-1.3)で突破。決勝では今大会2度目の19秒台となる19秒93(+0.4)をマークし、トレーニングパートナーのジャスティン・ガトリン(19秒57)に次ぐ2位で北京世界選手権アメリカ代表の座を掴んだ。アイザイア・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • アミール・ウェブ

    アミール・ウェブから見たジャスティン・ガトリンジャスティン・ガトリン

    7月の全米選手権男子200mは予選を20秒27(+0.9)、準決勝を全体2位の19秒97(+1.4)で突破すると、迎えた決勝ではジャスティン・ガトリン(19秒75)、ラショーン・メリット(19秒79)に次ぐ20秒00(+1.6)で3位に入り、リオデジャネイロオリンピックアメリカ代表の座を掴んだ。8月のリオデジャネイロオリンピック男子200mにはラショーン・メリット(19秒74)、ジャスティン・ガトリン(19秒75)に次ぐ今季世界ランク3位(19秒85)として臨むと、4レーンからのスタートとなった予選は直線に入って組2着以内(着順で準決勝に進出できる)を確信したが、大外(8枠)から追い上げてくる選手に気づかず20秒31(-0.2)で3着に終わった。タイムで拾われる最後の枠にギリギリ滑り込み準決勝進出は果たしたものの、2レーンからのスタートとなった準決勝は20秒43(-0.3)の組6着に終わり、決勝に進出することはできなかった。アミール・ウェブ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「ジャスティン・ガトリン」のニューストピックワード