前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • デトロイト・タイガース

    デトロイト・タイガースから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    2007年のチーム打率.287、857打点と打率、打点共にヤンキースに次ぐ両リーグ2位。オルドニェス、ゲーリー・シェフィールドといった強打者を擁し、メジャー屈指の強力打線を持つ。投手陣では2006年に新人王を獲得したジャスティン・バーランダーが絶対的エースとして君臨している。2007年オフにはアトランタ・ブレーブスからエドガー・レンテリア、シカゴ・カブスからジャック・ジョーンズ、 フロリダ・マーリンズからミゲル・カブレラ、ドントレル・ウィリスを獲得するなど次々と大型補強を行い、かつてないほど戦力が充実している。デトロイト・タイガース フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・ヘルナンデス

    フェリックス・ヘルナンデスから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    第2回WBCのベネズエラ代表に選出され、エースとしてチームを牽引した。シーズンでは自身初のオールスター出場を果たしたほか、リーグ最多タイの19勝(5敗)で球団史上初となる最多勝のタイトルを獲得。勝率や被打率でもリーグ1位の数字を残し、奪三振数はキャリアで初めて200を超えた。そのほか、月間最優秀投手を2度受賞するなど1年通して安定したピッチングを続けてチームを支えた。サイ・ヤング賞レースではザック・グレインキーに敗退し受賞はならなかったものの、ジャスティン・バーランダー、CC・サバシア、ロイ・ハラデイといった強豪を抑えて2位を記録した。フェリックス・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • カイル・フィリップス

    カイル・フィリップスから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は3Aラスベガス・フィフティワンズで打率.300をマークし、ロースター拡大後にメジャー初昇格を果たす。9月14日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビューし、7回にジャスティン・バーランダー投手からメジャー初安打を放った。結局この年は5試合の出場に終わったが、J.P.リッチアーディGM(当時)は、「フィリップスはメジャーで通用する力がある」と語り、はバックアップ捕手として定着することを期待していた。カイル・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • オールスター・フューチャーズゲーム

    オールスター・フューチャーズゲームから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    Justin Verlander(ジャスティン・バーランダー), P (U.S.), 2005オールスター・フューチャーズゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン

    ジャスティンから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダー - アメリカの野球選手。ジャスティン フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド・エスコバー

    エドゥアルド・エスコバーから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    9月2日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビューし、初打席でジャスティン・バーランダーからメジャー初安打となる内野安打を放った。エドゥアルド・エスコバー フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・ミラー (野球)

    アンドリュー・ミラー (野球)から見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    のドラフトでタンパベイ・デビルレイズから3巡目(全体68位)の指名を受けたが、ノースカロライナ大学チャペルヒル校へ進学。には「ベースボール・アメリカ」選出の大学最優秀選手となり、ロジャー・クレメンス賞も受賞した。そしてドラフトでは実力では全体1位の器だったが、契約金の高さで敬遠された。全体6位でデトロイト・タイガースへ入団。契約金はジャスティン・バーランダーを40万ドル上回る球団史上最高額となる355万ドルとなった。アンドリュー・ミラー (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    2月20日 - ジャスティン・バーランダー(アメリカ、野球)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジャロッド・パーカー

    ジャロッド・パーカーから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    その後、シーズン終了まで先発ローテを守り通し勝利数は1位タイ、防御率と奪三振はトップと、同じルーキーのトム・ミローンと共に先発投手陣の柱となった。また、ディビジョンシリーズでもルーキーにして第1戦に先発。これは球団史上初めてのことであり、23才と317日でのプレーオフ第1戦先発はヴァイダ・ブルー(1971年のリーグチャンピオンシップシリーズに先発)に次ぐ球団二番目の若さであった。結局、先発した第1戦、第5戦共に相手エースのジャスティン・バーランダーに投げ負け、チームも敗退したが実りの多いシーズンとなった。ジャロッド・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ジョエル・ズマヤ

    ジョエル・ズマヤから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    2006年のスプリングトレーニングではジャスティン・バーランダーと先発枠を争うも、ズマヤの激しい気性を「将来の抑え候補」と評価した首脳陣の意向でリリーフへ転向した。ジョエル・ズマヤ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「ジャスティン・バーランダー」のニューストピックワード