前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    5月7日 - デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが対トロント・ブルージェイズ戦で自身は4年ぶり2度目となるノーヒット・ノーランを達成、1与四球後に併殺にして打者27人の準完全試合。2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のメジャーリーグベースボール

    2013年のメジャーリーグベースボールから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    3月29日 - デトロイト・タイガースはジャスティン・バーランダーとの2014年までの契約をさらに5年延長。2019年まで7年契約で、総額1億8000万ドル。メジャーリーグの投手としては史上最高額2013年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のワールドシリーズ

    2012年のワールドシリーズから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    7月10日にミズーリ州カンザスシティのカウフマン・スタジアムで開催されたオールスターゲームは、ナショナルリーグがアメリカンリーグに8?0で勝利した。この結果、ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は、ナショナルリーグ優勝チームに与えられることになった。このオールスターには、タイガースからはプリンス・フィルダーとミゲル・カブレラの野手2人、そして投手のジャスティン・バーランダーが選出された。ジャイアンツからはバスター・ポージーとメルキー・カブレラ、パブロ・サンドバルの野手3人に投手のマット・ケインが名を連ねている。2012年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・タイガース

    デトロイト・タイガースから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    2007年のチーム打率.287、857打点と打率、打点共にヤンキースに次ぐ両リーグ2位。オルドニェス、ゲーリー・シェフィールドといった強打者を擁し、メジャー屈指の強力打線を持つ。投手陣では2006年に新人王を獲得したジャスティン・バーランダーが絶対的エースとして君臨している。2007年オフにはアトランタ・ブレーブスからエドガー・レンテリア、シカゴ・カブスからジャック・ジョーンズ、 フロリダ・マーリンズからミゲル・カブレラ、ドントレル・ウィリスを獲得するなど次々と大型補強を行い、かつてないほど戦力が充実している。デトロイト・タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーがカンザスシティ・ロイヤルズ戦で歴代6位タイとなる331試合連続奪三振を達成。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・プライス

    デビッド・プライスから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は20勝5敗・防御率2.56・205奪三振を記録して最優秀防御率・最多勝利(ジェレッド・ウィーバーとタイ)の二冠を獲得。サイ・ヤング賞の投票では2位のジャスティン・バーランダーを4ポイントという僅差で抑えて初受賞した。デビッド・プライス フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・ヘルナンデス

    フェリックス・ヘルナンデスから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    シーズンでは自身初のオールスター出場を果たしたほか、リーグ最多タイの19勝(5敗)で球団史上初となる最多勝のタイトルを獲得。勝率や被打率でもリーグ1位の数字を残し、奪三振数は自身初めて200を超えた。そのほか、月間最優秀投手を2度受賞するなど1年通して安定した投球内容でチームを支えた。サイ・ヤング賞レースではザック・グレインキーに敗退し受賞はならなかったものの、ジャスティン・バーランダー、CC・サバシア、ロイ・ハラデイといった好投手を抑えて2位を記録した。フェリックス・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • カイル・フィリップス

    カイル・フィリップスから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は3Aラスベガス・フィフティワンズで打率.300をマークし、ロースター拡大後にメジャー初昇格を果たす。9月14日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビューし、7回にジャスティン・バーランダー投手からメジャー初安打を放った。結局この年は5試合の出場に終わったが、J・P・リッチアーディGM(当時)は、「フィリップスはメジャーで通用する力がある」と語り、はバックアップ捕手として定着することを期待していた。カイル・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・ドンブロウスキー

    デーブ・ドンブロウスキーから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    再びリーランドを監督に任命した、上記の移籍加入組に加え、新人王を獲得したジャスティン・バーランダーをはじめとした生え抜きの若手選手も奮起。95勝67敗と12年ぶりに勝ち越し、地区2位ながらワイルドカードを獲得した。ディビジョンシリーズではヤンキースを3勝1敗で下すと、続くリーグチャンピオンシップシリーズではオークランド・アスレチックスに4連勝し、22年ぶりのリーグ優勝を果たした。しかし、ワールドシリーズではセントルイス・カージナルスと対戦し、こちらは1勝4敗で敗れてしまった。デーブ・ドンブロウスキー フレッシュアイペディアより)

  • ユニエスキー・ベタンコート

    ユニエスキー・ベタンコートから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    4月5日のデトロイト・タイガースとのシーズン開幕戦に7番・遊撃手として先発出場し、2回裏の第1打席にジャスティン・バーランダーから2点本塁打を放つ。下位打線を担ったこの年に151試合に出場したベタンコートは、3本の満塁本塁打を含むチーム最多の16本塁打・78打点を記録した。ユニエスキー・ベタンコート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「ジャスティン・バーランダー」のニューストピックワード