43件中 11 - 20件表示
  • ビル・ホール

    ビル・ホールから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    同年は運動能力の高さを買われて中堅手にコンバート。正中堅手として、130試合を勤め上げた。35二塁打はプリンス・フィルダーと並ぶチーム最多で、4月16日にはトッド・コフィ投手からキャリア初のグランド・スラムを、6月20日にはバリー・ジト投手から生涯2発目となるグランド・スラムを、6月27日にはデーブ・ボルコウスキー投手から通算500本目となる安打を、それぞれ放った。6月12日のデトロイト・タイガース戦ではジャスティン・バーランダーにノーヒッターを許し、チームは敗れたが、ホールは3四球を選び、3度出塁している。しかし7月に足首を捻挫し故障者リスト入りするなどアクシデントもあり、前半戦の打率.271に対して後半戦は打率.226と失速、不本意なシーズンに終わった。なお、ホールは野球普及のための啓発活動にも取り組んでおり、シーズン終了後の12月15日にはアフリカ系アメリカ人の少年少女14人を引率して、カンザスシティにあるニグロリーグ博物館を訪れた。これは、今やMLB全体に占める割合が9.2パーセントにまで落ち込んだと言われる黒人の競技者人口を増やすためのツアーで、ホールは「我々に出来ることは小さなことだが、わずかなりとも増加につながることを期待したい」と願いを込めた。ビル・ホール フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ジト

    バリー・ジトから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は怪我から復帰し、4月9日のコロラド・ロッキーズ戦に先発。アスレチックスに所属していた2003年以来の完封勝利を挙げた。6月3日のシカゴ・カブス戦では通算150勝を達成。防御率こそ例年並みだったが、15勝8敗と移籍後初めて勝ち星を先行させた。セントルイス・カージナルスとのナショナルリーグチャンピオンシップシリーズでは5試合目に登板し、7 2/3回を無失点に抑え勝利投手となった。自身初めての出場となったワールドシリーズではこの年不振だったティム・リンスカムに代わって先発ローテーション入り。1試合目に登板しジャスティン・バーランダーとの投げ合いとなったが、5 2/3回を1失点に抑え勝利投手となり、2年ぶりの世界一に貢献した。バリー・ジト フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のメジャーリーグベースボール

    2014年のメジャーリーグベースボールから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    1月17日 - ロサンゼルス・ドジャースはクレイトン・カーショウと7年契約を結んだことを発表、報道では年俸総額2億1500万ドルとされ、投手ではデトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーを抜いてMLB史上最高額2014年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • マット・ブッシュ (野球)

    マット・ブッシュ (野球)から見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    のドラフトで全体1位指名権を持っていたサンディエゴ・パドレスは、大学ナンバー1投手のジャスティン・バーランダーや、スコット・ボラスの顧客で契約金高騰が予想されたジェレッド・ウィーバー、スティーブン・ドリューらの指名を避け、地元サンディエゴの高校生であるブッシュを指名した。ドラフトの2週間後にナイトクラブで乱闘騒ぎを起こして告訴されるという事件もあったが、当時の球団史上最高額となる315万ドルの契約金で入団に合意。高校生遊撃手のドラフト全体1位指名は1993年のアレックス・ロドリゲス以来11年ぶりであった。同年は主にルーキーリーグでプレーしたが、29試合で打率1割台に終わる。マット・ブッシュ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン

    ジャスティンから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダー - アメリカの野球選手(投手)。MVP・サイ・ヤング賞・最多勝・最優秀防御率・最多奪三振など多数のタイトルを獲得。ジャスティン フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・アプトン

    ケイト・アプトンから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    ボーイフレンドのジャスティン・バーランダーとともに、2014年8月31日に発生した2014年iCloudからの著名人プライベート写真大量流出事件の被害者となった。アプトンの弁護士、ローレンス・シャイアは「これは、我々のクライアントであるケイト・アプトンのプライバシーを甚だしく侵害する行為である」として、犯人が誰かを追及していく構えを示した。ケイト・アプトン フレッシュアイペディアより)

  • ジャロッド・パーカー

    ジャロッド・パーカーから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は開幕は傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎えるも4月の終わりから昇格し、先発ローテーションに加わる。6月4日のテキサス・レンジャーズ戦では7回を終わって被安打0とあわやノーヒットノーランの好投を見せる(8回にマイケル・ヤングにヒットを打たれ8回を被安打1で降板)。その後、シーズン終了まで先発ローテを守り通し勝利数は1位タイ、防御率と奪三振はトップと、同じルーキーのトム・ミローンと共に先発投手陣の柱となった。また、デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズでもルーキーにして第1戦に先発。これは球団史上初めてのことであり、23歳と317日でのプレーオフ第1戦先発はヴァイダ・ブルー(のリーグチャンピオンシップシリーズに先発)に次ぐ球団二番目の若さであった。結局、先発した第1戦、第5戦共に相手エースのジャスティン・バーランダーに投げ負け、チームも敗退したが実りの多いシーズンとなった。ジャロッド・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ティルマン

    クリス・ティルマンから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    には、デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーがオールスターゲーム前の試合に先発したため、急遽オールスターゲームのメンバーに選出されたが、登板する事は無かった。レギュラーシーズンでは出だし不調で被本塁打が多かったが、徐々に調子を上げていき、最終的にはア・リーグ5位の16勝を挙げた。奪三振もかなり増えて179個奪ったが、前述の通り被本塁打が多く、33被弾はリーグワースト3位だった。クリス・ティルマン フレッシュアイペディアより)

  • ジャコビー・エルズベリー

    ジャコビー・エルズベリーから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は自己最多の158試合に出場、打率.321、HR32本、212安打といずれもキャリアハイの成績を残し、さらにシーズン終了後には初のゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞を受賞した。ア・リーグMVPの投票では、ジャスティン・バーランダーに次いで2位に入った。ジャコビー・エルズベリー フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・グレイ

    ソニー・グレイから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    はAAA級サクラメントで開幕を迎え、7月10日にダン・ストレイリーと入れ替わる形でメジャー初昇格。その日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。5回裏から登板し、クリント・バームスから初奪三振を記録。2回を投げ、1安打無失点3奪三振に抑えた。7月20日にAAA級へ降格したが、8月10日に不振のトム・ミローンに代わって先発の枠を埋める形で再昇格。8月15日のヒューストン・アストロズ戦で8回を無失点9奪三振に抑えてメジャー初勝利を挙げた。また、チームが地区連覇を決めた9月22日のミネソタ・ツインズ戦でも先発し勝利を収めた。結局、途中加入ながらシーズン通算で12試合に登板し、64イニングを投げ5勝3敗・防御率2.67、奪三振率は9を超え被本塁打率は0.6台の好成績を残す。その活躍が認められプレイオフでも先発ローテーション入りした。デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発してジャスティン・バーランダーと投げ合い、8回4安打無失点9奪三振と好投。ルーキーながら初のプレイオフでも元サイ・ヤング賞投手相手に堂々たる投球を見せ、チームのサヨナラ勝利に繋げた。ソニー・グレイ フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「ジャスティン・バーランダー」のニューストピックワード