24件中 11 - 20件表示
  • ジョナサン・パペルボン

    ジョナサン・パペルボンから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    、チームは「フォークが万全の状態で抑えに復帰するまでの暫定措置」としてパペルボンを抑えに指名した。パペルボンは開幕3戦目のレンジャーズ戦で抑えとして初登板し初セーブを挙げると、その後14試合連続無失点・20試合連続セーブを記録した。月間最優秀新人と月間最優秀救援を4月に同時受賞。夏にはオールスターにも出場するなど新人離れした活躍を見せ、9月1日のブルージェイズ戦で右肩痛で戦線離脱したものの新人王投票ではジャスティン・バーランダー(タイガース)に次ぐ2位となった。この活躍に、レッドソックスは11月にフォークを放出した。ジョナサン・パペルボン フレッシュアイペディアより)

  • マット・ブッシュ (野球)

    マット・ブッシュ (野球)から見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    ミッション・ベイ高校の最終学年時は、遊撃手として打率.450、11本塁打、35打点、投手として9勝1敗、防御率0.42を記録。守備力と強肩が評価され、ドラフトでは遊撃手として上位指名候補となる。のドラフトで全体1位指名権を持っていたサンディエゴ・パドレスは、大学ナンバー1投手のジャスティン・バーランダーや、スコット・ボラスの顧客で契約金高騰が予想されたジェレッド・ウィーバー、スティーブン・ドリューらの指名を避け、地元サンディエゴの高校生であるブッシュを指名した。ドラフトの2週間後にナイトクラブで乱闘騒ぎを起こして告訴されるという事件もあったが、当時の球団史上最高額となる315万ドルの契約金で入団に合意。高校生遊撃手のドラフト全体1位指名は1993年のアレックス・ロドリゲス以来11年ぶりであった。同年は主にルーキーリーグでプレーしたが、29試合で打率1割台に終わる。マット・ブッシュ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • アレクシー・オガンド

    アレクシー・オガンドから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    豪速球が持ち味で、にはフォーシームの球速が平均95.0mph(約152.9km/h)を記録した。これは、ジャスティン・バーランダーと並んでMLBの先発投手では最速タイだった。リリーフ時は、平均97マイルを計測する。アレクシー・オガンド フレッシュアイペディアより)

  • プレイヤーズ・チョイス・アワード

    プレイヤーズ・チョイス・アワードから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    最優秀新人, AL: ジャスティン・バーランダープレイヤーズ・チョイス・アワード フレッシュアイペディアより)

  • ジャコビー・エルズベリー

    ジャコビー・エルズベリーから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は最高のシーズンをおくった。自己最多の158試合に出場、打率.321、HR32本、212安打といずれもキャリアハイの成績を残し、さらにシーズン終了後には初のゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞を受賞するなど、急成長を遂げた。ア・リーグMVPの投票では、ジャスティン・バーランダーに次いで2位に入り、野手ではトップだった。ジャコビー・エルズベリー フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・ジャクソン

    エドウィン・ジャクソンから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    4月7日、タイガースでのデビュー戦であったトロント・ブルージェイズ戦で7回と3分の1イニングで1失点と好投した。チームは5?4で敗北した。4月18日のシアトル・マリナーズ戦で7回3分の2を無失点に抑えタイガースで初勝利を記録した。2009年のMLBオールスターゲームにもタイガースからチームメイトのカーティス・グランダーソンやジャスティン・バーランダー、ブランドン・インジらとともにメンバーに選出された。エドウィン・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ホール

    ビル・ホールから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    2007年は運動能力の高さを買われて中堅手にコンバート。正中堅手として、130試合を勤め上げた。35二塁打はプリンス・フィルダーと並ぶチーム最多で、4月16日にはトッド・コフィ投手からキャリア初のグランド・スラムを、6月20日にはバリー・ジト投手から生涯2発目となるグランド・スラムを、6月27日にはデーブ・ボルコウスキー投手から通算500本目となる安打を、それぞれ放った。6月12日のデトロイト・タイガース戦ではジャスティン・バーランダーにノーヒッターを許し、チームは敗れたが、ホールは3四球を選び、3度出塁している。しかし7月に足首を捻挫し故障者リスト入りするなどアクシデントもあり、前半戦の打率.271に対して後半戦は打率.226と失速、不本意なシーズンに終わった。なお、ホールは野球普及のための啓発活動にも取り組んでおり、シーズン終了後の12月15日にはアフリカ系アメリカ人の少年少女14人を引率して、カンザスシティにあるニグロ・リーグ博物館を訪れた。これは、今やMLB全体に占める割合が9.2パーセントにまで落ち込んだと言われる黒人の競技者人口を増やすためのツアーで、ホールは「我々に出来ることは小さなことだが、わずかなりとも増加につながることを期待したい」と願いを込めた。ビル・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    先発ローテーションをレギュラーシーズンよりひとり少ない人数で回せるポストシーズンに入るにあたって、レンジャーズはオガンドを先発から救援へ再転向させる。オガンドは後半戦の成績が4勝5敗・防御率4.48と、前半戦に比べ調子を落としていた。地区シリーズは、前年に引き続き2年連続でタンパベイ・レイズとの対戦に。レイズはレギュラーシーズン最終戦でのサヨナラ勝利によって、逆転で東地区2位となってワイルドカードを決めるという劇的な形で勝ち上がってきた。シリーズ初戦、レンジャーズは投手陣が9失点と打ち込まれ打線は2安打零封と完敗する。しかし第2戦・第3戦と相手に先制を許しながら逆転勝ちで連勝すると、第4戦ではベルトレが3打席連続のソロ本塁打を放って1点差の接戦を制し、3勝1敗でレイズを下した。リーグ優勝決定戦では中地区優勝のタイガースと戦う。タイガースは野手に故障者を多く抱えていて代走を出す余裕すらなく、また信頼が置ける投手の数も限られており、シリーズは選手層の厚さで上回るレンジャーズ優位の展開で進んでいく。このシリーズではクルーズが好調で、初戦では相手エースのジャスティン・バーランダーから結果的に決勝点となるソロ本塁打、第2戦では延長11回にポストシーズン史上初のサヨナラ満塁本塁打、第4戦では外野守備で相手の勝ち越し点を防ぐ補殺、など攻守に活躍を見せた。3勝1敗とワールドシリーズ進出に王手をかけて迎えた第5戦はバーランダーを打ち崩せず敗れたレンジャーズだったが、最後は第6戦に17安打15得点の猛攻で勝利を収め、4勝2敗でタイガースを破った。この2シリーズを通して、オガンドは10試合中7試合に登板。10.1イニングを投げ2勝0敗3ホールド・防御率0.87・奪三振率10.5と相手打者を抑え込み、ワールドシリーズへ向けてレンジャーズ救援投手陣の切り札的存在となった。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ユニエスキー・ベタンコート

    ユニエスキー・ベタンコートから見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    は、4月5日のタイガースとのシーズン開幕戦に7番・遊撃として先発出場し、2回裏の第1打席にジャスティン・バーランダーから2点本塁打を放つ。下位打線を担ったこの年151試合に出場したベタンコートは、3本の満塁本塁打を含むチーム最多の16本塁打・78打点を記録した。ユニエスキー・ベタンコート フレッシュアイペディアより)

  • 2月20日

    2月20日から見たジャスティン・バーランダージャスティン・バーランダー

    1983年 - ジャスティン・バーランダー、メジャーリーガー2月20日 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「ジャスティン・バーランダー」のニューストピックワード