前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たミゲル・カブレラ

    2年目のジンクスを跳ね返し、エースへ成長。シーズン終了後にミゲル・カブレラを獲得するなどの大型補強で強力打線が完成したが、先発投手で確実に計算できるのはバーランダー1人という状態での開幕を迎えた。初の開幕投手を務めたが、不調で負けが先行。6月11日からは6連勝を記録して8勝9敗まで持ち直したが、その後2度の4連敗を喫し、結局リーグワーストの17敗でシーズンを終えた。優勝候補と目されていたチームは地区最下位に終わった。9月1日のニューヨーク・ヤンキース戦では自己最短の1.2回、8失点で降板。試合後の会見で「今年はいろいろ不運なことが多くて、自分のシーズンを持っていかれた感じ」と話し、この日のストライクゾーンが厳しかったと発言したため、ジム・リーランド監督からは責任転嫁の姿勢を批判された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たロジャー・クレメンス

    は終盤に12連勝をマークするなど24勝5敗、防御率2.40、250奪三振を記録し、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の投手三冠を達成する大活躍でチームの24年ぶりとなる地区優勝に大きく貢献。初のサイ・ヤング賞を満票で受賞し、更に投手としてはのデニス・エカーズリー、先発投手としてはのロジャー・クレメンス以来となるMVPも受賞した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たサイ・ヤング賞

    は4月は1勝2敗・防御率6.75・34奪三振だったが、5月は5勝0敗・防御率1.52・56奪三振の成績でピッチャー・オブ・ザ・マンスに選出され、その間に球団史上のミッキー・ロリッチ以来となる3試合連続2ケタ奪三振を達成した。最終的に19勝・269奪三振を記録し、最多勝と最多奪三振の二冠(勝ち星はCC・サバシア、フェリックス・ヘルナンデスとタイ)を獲得した。サイ・ヤング賞の投票ではザック・グレインキー、ヘルナンデスに次ぐ3位。2月4日に5年総額8,000万ドルで契約延長した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たデトロイト・タイガース

    ジャスティン・ブルックス・ヴァーランダー(Justin Brooks Verlander, 1983年2月20日 - )は、MLBデトロイト・タイガース所属の野球選手。ポジションは投手。バージニア州マナキンサボット出身。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たケニー・ロジャース

    投手コーチのチャック・ヘルナンデスは「非常にインパクトを受けたのは、彼のメンタル的な安定さ」で「大概の若いピッチャーは失敗を恐れてやりすぎるものだが、彼はピンチに陥っても感情のコントロールができている」と証言する通り精神的に非常に安定しており、登板時に投球や審判の判定によって取り乱す事はほとんどない。しかし、ケニー・ロジャースが「シーズンを通して気持ちを抑える難しさを学んでいるところだ」と証言している通り、6月17日から8月1日にかけて7連勝を記録したが、8月11日以降は3勝5敗・防御率5.86と調子を落とした。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たデニス・エカーズリー

    は終盤に12連勝をマークするなど24勝5敗、防御率2.40、250奪三振を記録し、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の投手三冠を達成する大活躍でチームの24年ぶりとなる地区優勝に大きく貢献。初のサイ・ヤング賞を満票で受賞し、更に投手としてはのデニス・エカーズリー、先発投手としてはのロジャー・クレメンス以来となるMVPも受賞した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たデビッド・プライス

    はオールスターゲームの先発投手に選ばれたが、集中打を浴びて1イニングで5点を失った。地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズではいずれも素晴らしい投球を見せたが、ワールドシリーズ第1戦では敗戦投手になった。サイ・ヤング賞の投票ではデビッド・プライスに4ポイント及ばず、2年連続の受賞を逃した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たフェリックス・ヘルナンデス

    は4月は1勝2敗・防御率6.75・34奪三振だったが、5月は5勝0敗・防御率1.52・56奪三振の成績でピッチャー・オブ・ザ・マンスに選出され、その間に球団史上のミッキー・ロリッチ以来となる3試合連続2ケタ奪三振を達成した。最終的に19勝・269奪三振を記録し、最多勝と最多奪三振の二冠(勝ち星はCC・サバシア、フェリックス・ヘルナンデスとタイ)を獲得した。サイ・ヤング賞の投票ではザック・グレインキー、ヘルナンデスに次ぐ3位。2月4日に5年総額8,000万ドルで契約延長した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たジム・リーランド

    2年目のジンクスを跳ね返し、エースへ成長。シーズン終了後にミゲル・カブレラを獲得するなどの大型補強で強力打線が完成したが、先発投手で確実に計算できるのはバーランダー1人という状態での開幕を迎えた。初の開幕投手を務めたが、不調で負けが先行。6月11日からは6連勝を記録して8勝9敗まで持ち直したが、その後2度の4連敗を喫し、結局リーグワーストの17敗でシーズンを終えた。優勝候補と目されていたチームは地区最下位に終わった。9月1日のニューヨーク・ヤンキース戦では自己最短の1.2回、8失点で降板。試合後の会見で「今年はいろいろ不運なことが多くて、自分のシーズンを持っていかれた感じ」と話し、この日のストライクゾーンが厳しかったと発言したため、ジム・リーランド監督からは責任転嫁の姿勢を批判された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たマーク・フィドリッチ

    は開幕から先発ローテーションに定着。5月には4勝1敗・防御率1.73の成績でルーキー・オブ・ザ・マンスに選出され、5月22日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初完封を達成。オールスターゲームのアリーグの32人目の選手を選出する「ファイナルボート」にノミネートされたが、選出はならなかった。シーズン通算で30試合に先発登板し、防御率3.63、リーグ4位、球団新人投手としてはのマーク・フィドリッチの19勝以来の高水準となる17勝を上げ、124奪三振は球団新人右腕投手の新記録となった。投票で28票中26の1位票を集め、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「ジャスティン・バーランダー」のニューストピックワード