56件中 21 - 30件表示
  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たクリーブランド・インディアンス

    はA級レイクランド、AA級エリーで好成績を残し、メジャーに昇格。7月4日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たしたが、5.1回を投げ4失点で敗戦投手。2試合目は7月23日のミネソタ・ツインズ戦で6回5失点でまたも敗戦投手。これがこの年のメジャー最後の登板となり、AA級エリーに降格した。マイナーリーグでの防御率1.29は全体で6位の成績だった。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たトレード

    2017年8月31日に後日発表選手とのトレードで、ヒューストン・アストロズへ移籍した。移籍後は5試合に先発し、5勝無敗・防御率1.06・WHIP0.65と驚異的な好投を見せ、地区優勝に貢献した。両チーム合計では33試合先発で、15勝8敗・防御率3.36・219奪三振と、前年に続き200イニング到達・奪三振率9.0越えを果たした。ポストシーズンでも5試合先発・1試合リリーフで4勝1敗・防御率2.21と好調を維持し、球団初のワールドシリーズ優勝に貢献した。特にリーグチャンピオンシップシリーズでは2勝・防御率0.56を記録し、MVPを受賞した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    はオールスターゲームの先発投手に選ばれたが、集中打を浴びて1回で5点を失った。地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズでは3試合先発全てで勝利投手となったが、サンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズ第1戦では4回5失点と打ち込まれ敗戦投手になった。サイ・ヤング賞の投票ではデビッド・プライスに4ポイント及ばず、2年連続の受賞を逃した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見た開幕投手

    2年目のジンクスを跳ね返し、エースへ成長。シーズン終了後にミゲル・カブレラを獲得するなどの大型補強で強力打線が完成したが、先発投手で確実に計算できるのは自身1人という状態での開幕を迎えた。初の開幕投手を務めたが、不調で負けが先行。6月11日からは6連勝を記録して8勝9敗まで持ち直したが、その後2度の4連敗を喫し、結局リーグワーストの17敗でシーズンを終えた。優勝候補と目されていたチームは地区最下位に終わった。9月1日のニューヨーク・ヤンキース戦では自己最短の1.2回、8失点で降板。試合後の会見で「今年はいろいろ不運なことが多くて、自分のシーズンを持っていかれた感じ」と話し、この日のストライクゾーンが厳しかったと発言したため、ジム・リーランド監督からは責任転嫁の姿勢を批判された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たミネソタ・ツインズ

    はA級レイクランド、AA級エリーで好成績を残し、メジャーに昇格。7月4日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たしたが、5.1回を投げ4失点で敗戦投手。2試合目は7月23日のミネソタ・ツインズ戦で6回5失点でまたも敗戦投手。これがこの年のメジャー最後の登板となり、AA級エリーに降格した。マイナーリーグでの防御率1.29は全体で6位の成績だった。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たデトロイト・タイガース

    のMLBドラフト1巡目(全体2位)でデトロイト・タイガースから指名を受ける。指名から契約まで4か月を要し、10月25日に球団史上最高額となる契約金315万ドルで入団した。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たTwitter

    は2年ぶりに開幕投手を務めた(6回3失点で勝敗つかず)。4月は防御率5.46だったが、徐々に持ち直し、5月18日に通算2000奪三振を達成、7月以降は18試合123イニングで9勝3敗・防御率1.98と好投を続けた。シーズン通算では16勝(リーグ6位タイ・9敗)・227.2イニング(リーグ2位)・防御率3.04(リーグ2位)・254奪三振で4年ぶり4度目となる最多奪三振を獲得。WHIPでもリーグトップを記録した。サイ・ヤング賞の投票では1位投票は30人中14人を獲得したが、元同僚のリック・ポーセロに5ポイント及ばず2位に終わった。この結果にバーランダーの婚約者であるケイト・アプトンがTwitterで選考委員や受賞したポーセロを罵倒するコメントをし、大きな波紋を呼んだ 。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たニューヨーク・ヤンキース

    2年目のジンクスを跳ね返し、エースへ成長。シーズン終了後にミゲル・カブレラを獲得するなどの大型補強で強力打線が完成したが、先発投手で確実に計算できるのは自身1人という状態での開幕を迎えた。初の開幕投手を務めたが、不調で負けが先行。6月11日からは6連勝を記録して8勝9敗まで持ち直したが、その後2度の4連敗を喫し、結局リーグワーストの17敗でシーズンを終えた。優勝候補と目されていたチームは地区最下位に終わった。9月1日のニューヨーク・ヤンキース戦では自己最短の1.2回、8失点で降板。試合後の会見で「今年はいろいろ不運なことが多くて、自分のシーズンを持っていかれた感じ」と話し、この日のストライクゾーンが厳しかったと発言したため、ジム・リーランド監督からは責任転嫁の姿勢を批判された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見た速球

    タカホーリトルリーグ(Tuckahoe Little League)所属時からコントロールは酷いものの、抜きん出た肩の強さを見せていた。13歳の時には父リチャードの手に負える球速ではなくなっており、キャッチボールを止められてベースボールアカデミーに入れられた。アカデミー入学直後に行った球速測定では、既に84mph(約135.2km/h)を記録していた。高校入学時には93mph(約149.7km/h)、その後一時期呼吸器障害により球速を落とすが、進学時に復活。在学中にフォーシーム・ファストボールとツーシーム・ファストボール以外にカーブとサークルチェンジを習得して投球の幅を広げ、大学通算で335.2イニングで427奪三振を記録。また3年連続で全米選抜に選出された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・バーランダー

    ジャスティン・バーランダーから見たチェンジアップ

    タカホーリトルリーグ(Tuckahoe Little League)所属時からコントロールは酷いものの、抜きん出た肩の強さを見せていた。13歳の時には父リチャードの手に負える球速ではなくなっており、キャッチボールを止められてベースボールアカデミーに入れられた。アカデミー入学直後に行った球速測定では、既に84mph(約135.2km/h)を記録していた。高校入学時には93mph(約149.7km/h)、その後一時期呼吸器障害により球速を落とすが、進学時に復活。在学中にフォーシーム・ファストボールとツーシーム・ファストボール以外にカーブとサークルチェンジを習得して投球の幅を広げ、大学通算で335.2イニングで427奪三振を記録。また3年連続で全米選抜に選出された。ジャスティン・バーランダー フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「ジャスティン・バーランダー」のニューストピックワード