前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た野村謙二郎

    2009年12月8日に広島東洋カープと、契約金550万円、年俸4000万円プラス出来高払いで1年契約を結んだ。カープの監督に就任したばかりの野村謙二郎がロイヤルズ時代のメジャーキャンプで惚れ込み、獲得に至ったという。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た岩本貴裕

    は6番・一塁で開幕スタメンに名を連ねたが、開幕から不振でチャンスの場面で結果を残せなかった。4月半ばにはスタメンから外れるようになり、同月末には一軍登録を抹消された。二軍への合流はひざ痛のために6月まで遅れたものの、直後の12日に栗原健太が離脱したことで一軍に復帰。栗原の代役として4番を務め、6月27日の中日戦で、得点圏では21打数目にして漸く初めてタイムリーを打った。だが、調子は上向かず、夏場には岩本貴裕と一塁で併用され、若い岩本が結果を出すことで徐々に相手の先発投手関係なくスタメンを外れるようになった。右の代打の層が薄いこともあってシーズンのほとんどを一軍で過ごし、チームのBクラスが決定してからも起用されたが、得点圏では48打数7安打(.148)とチャンスでの凡退が多く、シーズンを通して低調な働きに終わった。1年で解雇となった。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た中澤雅人

    初本塁打・初打点:2010年4月6日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、2回表に中澤雅人から左越ソロジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見たランディ・ジョンソン

    3月にトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍した。新天地での6試合目の出場となった4月20日のダイヤモンドバックス戦で、ランディ・ジョンソンから推定飛距離392フィート(約119.5メートル)のメジャー初本塁打を放った。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た栗原健太

    は6番・一塁で開幕スタメンに名を連ねたが、開幕から不振でチャンスの場面で結果を残せなかった。4月半ばにはスタメンから外れるようになり、同月末には一軍登録を抹消された。二軍への合流はひざ痛のために6月まで遅れたものの、直後の12日に栗原健太が離脱したことで一軍に復帰。栗原の代役として4番を務め、6月27日の中日戦で、得点圏では21打数目にして漸く初めてタイムリーを打った。だが、調子は上向かず、夏場には岩本貴裕と一塁で併用され、若い岩本が結果を出すことで徐々に相手の先発投手関係なくスタメンを外れるようになった。右の代打の層が薄いこともあってシーズンのほとんどを一軍で過ごし、チームのBクラスが決定してからも起用されたが、得点圏では48打数7安打(.148)とチャンスでの凡退が多く、シーズンを通して低調な働きに終わった。1年で解雇となった。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た吉見一起

    初打席・初安打:同上、2回表に吉見一起から左前安打ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見たペドロ・ラソ

    2月にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。同年3月に開催された第2回WBCのオーストラリア代表に選出され、2大会連続2度目の選出となった。同大会では全3試合とも4番・左翼として先発出場、10日のキューバ戦ではペドロ・ラソから中前適時打を放った。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た中日ドラゴンズ

    初出場・初先発出場:2010年3月26日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、6番・一塁手で先発出場ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見たニューヨーク・メッツ

    ニューヨーク・メッツと契約してアメリカ合衆国に渡る。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    3月にトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍した。新天地での6試合目の出場となった4月20日のダイヤモンドバックス戦で、ランディ・ジョンソンから推定飛距離392フィート(約119.5メートル)のメジャー初本塁打を放った。ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示