113件中 11 - 20件表示
  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た千賀健永

    1980年代に入ってからもジャニーズJr.というグループ名による芸能活動が行われており、公式ファンクラブのある者を除いたほとんどの同事務所所属タレントがJr.のメンバーとされた。1998年から2002年頃は、番組名に「ジュニア」「J」の名を冠したテレビ番組が多数放送され、その後も東京ドームなどの3大ドームや日本武道館でコンサートを行うほどの人気を獲得。主に滝沢秀明、渋谷すばるが率いていたことから「東のタッキー、西のすばる」「Jr.黄金期」などと呼ばれた。この頃のジャニーズJr.人気から「関西ジャニーズJr.」や「名古屋ジャニーズJr.」が誕生した。東海地区出身者は千賀健永のように東京組に入るものもいれば、平野紫耀のように関西ジャニーズJr.として活動する者もおり、ケースバイケースである。ジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た生田斗真

    一般のファンクラブに該当するものに「情報局」がある。以前はCDデビューを果たし、事務所公認の正式なファンクラブが発足されたメンバーがジャニーズJr.と呼ばれなくなり、ジャニーズJr.からの卒業とみなされていた(CDデビューしてもファンクラブ結成まではJr.扱い)。しかし事務所の公式サイト「Johnny's net」や「Johnny's Web」が設置されてからは、CDデビューはしていないものの個人で舞台出演やドラマでの俳優活動で実績を積んだ生田斗真・佐野瑞樹・屋良朝幸・風間俊介・長谷川純らのように、事務所公式サイトで単独ページが作成されたことでJr.からは卒業とされた者もいる。また、一度Jr.を卒業しても、内博貴や草野博紀のようにその後不祥事等でグループからは除名され、デビュー前のジャニーズJr.よりも下の位置づけとされる研修生の立場に戻る場合がある。ジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た郷ひろみ

    1973年に結成された「ジャニーズ・ジュニア第1期生」(便宜上での「2代目Jr.」)とは、フォーリーブスや郷ひろみのバックダンサーとして活動していたグループを指す。当時25人くらいいたJr.の中から1軍メンバーとして選び出された6名で、1973年5月5日 - 5月6日に日劇で行われた『第46回ウエスタン・カーニバル 郷ひろみショー』にて「ジャニーズ・ジュニア」としてデビュー。その後メンバーが増えて9人で定着した。その9人は1974年の秋に2つに分裂。6人はバーニングプロダクションへ移籍して「メッツ」を結成。 一方事務所に残った3人も「JOHNNY'Sジュニア・スペシャル」を結成し、それぞれレコードデビューした。 この「ジャニーズ・ジュニア第○期生」という呼び方は、1976年に入所した第7期生で最後となった。ジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た大西流星

    大西流星(おおにし りゅうせい、2001年8月7日 - )ジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た日本テレビ放送網

    YOUたち!(2006年10月8日 - 2007年9月30日、日本テレビジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た毎日放送

    ちちんぷいぷい増刊号 角vsジャニーズ軍団SP よゐこと、ボクと時々オトン(2007年6月17日、MBSジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た関西テレビ放送

    ほんじゃに!(2003年4月 - 2007年4月、関西テレビジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見たフジテレビジョン

    百識〜百で知るひとつの知識〜(2006年10月17日 - 2007年9月、フジテレビジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見たテレビ東京

    愛LOVEジュニア(1996年4月8日 - 1998年9月28日、テレビ東京ジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見た学研ホールディングス

    POTATO(毎月7日発売、GakkenジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「ジャニーズJr.」のニューストピックワード

  • Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST

  • 私が最も届けたい10曲

  • 明日へつなげようスペシャル〜音楽で心をひとつに〜