108件中 61 - 70件表示
  • 硝子の少年

    硝子の少年から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    この楽曲を製作する際、作詞者の松本隆と作曲者の山下達郎には、ジャニー喜多川らからオリコンチャートでの初登場1位とミリオンセールスが必要最低条件として課されていたため、山下は「この楽曲を製作する時は、かなりのプレッシャーだった」と語っている。作曲にはかなりの困難を極めたが、今までのジャニーズの楽曲の流れを踏まえて「今、筒美京平だったら、どういう曲を書くのか?」という視点で製作。完成後、関係者に聞かせた際、「古臭い」、「踊れない」等の批判を浴びる中、「ジャニーズの歴史を踏まえてイメージした楽曲でもあり、二人に合った曲はこれしかない!」と断言。その苦労の甲斐もあり、めでたくデビューシングルの楽曲として選ばれた。販促用のパンフには「フォーリーブスを生きたママたちと、今まさにKinKiを生きる娘たちとが、時を越えてつながる何かを表現できたらと思い、この曲を作りました」とのコメントを寄せている。そして発売した後にも世間から同様の批判もあったが、むしろ「懐かしい、でもその懐かしさが逆に新しい」と世間で評判となり、今までの二人のファン以外の人達にも受け入れられ、本作はオリコンチャートの集計から不利な月曜日(※通例では水曜日発売が一般的)発売ながらも、オリコン調べで初登場1位、シングルチャート100位以内には31週間ランクインされるロングヒットとなった。ジャニーズ・エンタテイメント発表によると、出荷枚数は現在265万枚にもなるという。また松本隆は90年代に入ると同時に表舞台から姿を消した後の復帰作となった作品であり、この曲のタイトルを決めた際に中々決まらず、一晩悩んでた時にふとテレビをつけた際、偶然KinKi Kidsの二人がテレビに映り、その姿を見て「壊れやすそうだけど、したたかそうだな。」とひらめき、そのひらめきを基に2?3時間で書き上げたそうである。硝子の少年 フレッシュアイペディアより)

  • 児童性的虐待

    児童性的虐待から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    2004年にはジャニー喜多川による所属男性タレントに対する報道についての裁判でセクハラ部分の報道については名誉棄損に当たらないとされたが、ジャニーズ事務所がマスコミに圧力をかけたのか全く報道されなかった。こういった現象は日本では多く見られ2002年以降のカトリック教会の事件や裁判の話もほとんど取り上げられなかった。この最中、日本では全ての件に関し無罪になったマイケル・ジャクソンの話が空回りしていた。また、2006年には中学生日記(「誰にも言えない」)で男性教師の少年に対する性的虐待が扱われた。児童性的虐待 フレッシュアイペディアより)

  • 飯野おさみ

    飯野おさみから見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    1962年4月、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川によって結成された男性アイドルグループ「ジャニーズ」のメンバーになる。 他のメンバーは、あおい輝彦、中谷良、真家ひろみ。 1964年12月にレコードデビュー。 1968年にグループ解散。飯野おさみ フレッシュアイペディアより)

  • 性的虐待

    性的虐待から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    2004年 2月、ジャニーズ事務所においてジャニー喜多川が所属男性タレントに対して性的虐待を行ったということを週刊誌が報道した件に対して、損害賠償を求めた訴訟で同性セクハラ行為に関しては名誉棄損にならないとした判決が確定。3月、高崎小1女児殺害事件発生。4月、アブグレイブ刑務所における捕虜虐待が発覚。11月、奈良小1女児殺害事件発生。アメリカではフロリダ性的暴行事件が発生。性的虐待 フレッシュアイペディアより)

  • NYC (アイドルグループ)

    NYC (アイドルグループ)から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    2010年3月2日、2009年夏から活動していた期間限定ユニットNYCboysのメンバーの中から、山田涼介・知念侑李・中山優馬の3人が「NYC」として正式デビューすることが発表される。ユニット名はジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川が命名したもので、メンバーの山田、知念、中山の頭文字をそれぞれ取るとともに、ニューヨークシティー(New York City)にも引っ掛けている。NYC (アイドルグループ) フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    出場歌手については、所属する芸能事務所毎に一定の枠、すなわち数的制限が設けられる慣例があるとされる。この慣例については、2009年・第60回出場歌手発表後に番組側は「枠を設けたことはない」と説明したが、番組終了後にジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川が「NHKに2枠固定と言われ意固地になっていた」と事務所毎の一定枠が存在することを示唆する発言をしている。ただし、2005年・第56回の出場歌手発表時にマスコミから番組側に「ジャニーズ事務所の歌手・グループを出さないのか?」との質問が出された際、番組側が「ジャニーズさんにはもっと出してほしいとお願いしているんですが・・・」と返答していた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • KAT-TUN

    KAT-TUNから見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    3月、音楽番組『ポップジャム』(NHK)の司会を務めていた堂本光一の専属バックダンサーとして、ジャニー喜多川の鶴の一声で結成する。2001年3月30日放送のミュージックステーションSPでTV初登場。KAT-TUN フレッシュアイペディアより)

  • SMAP

    SMAPから見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    1988年(昭和63年)4月、スケートボーイズ(後述)の中からグループ結成。結成当時の年齢はそれぞれ中居15歳、木村15歳、稲垣14歳、森14歳、草彅13歳、香取11歳。CDデビューまでのJr.内グループ期間が3年以上にわたり、その間アイドル番組やドラマ、舞台などに出演し、アイドルとしての人気を確保していった。グループ名は事務所の社長・ジャニー喜多川が、この当時のスケートボーイズのキャッチコピーだった「Sports Music Assemble People」(「スポーツや音楽をやるために集められた人々」という意味)の頭文字から命名した。SMAP フレッシュアイペディアより)

  • 1928年

    1928年から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    10月23日 - ジャニー喜多川、実業家・芸能プロモーター(ジャニーズ事務所の代表取締役社長)1928年 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見たジャニー喜多川ジャニー喜多川

    製作者 - 櫻井洋三、ジャニー喜多川シュート! フレッシュアイペディアより)

108件中 61 - 70件表示

「ジャニー喜多川」のニューストピックワード